人気ブログランキング

カテゴリー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ジャンプペンギン

お天気

083 シロエリオオハム

移動

シロエリオオハム

7月2日。

カメラマンの姿も無く、とうとう居なくなってしまったかとやや寂しい気持ちになっていると、いつの間に来ていたのか、すぐ近くにシロエリオオハムが浮かび上がりました。

名古屋から来たと言う人と喜び合っていると、シロエリオオハムはどんどん下流へ流れて行き、本流へ入ってしまいました。

Dsc_4087

本流へ入るとそこはもう大河の河口部で対岸まで1kmはあります。

このまま海へ出てしまうのか、確認のため本流河口部へ行きました。

海は台風の影響で風は強く、波も高く荒れ模様です。

発見するまでに時間が掛かりましたが、見付けた時にはもう海に近い所まで行っていました。

この付近で1時間ほど潜ったり、羽ばたきをしたり、時間をつぶしていました。

Dsc_4278

私も上の写真を撮った所でずっと様子を見ていました。

その内にシロエリオオハムがどんどん私の方に近付いて来ました。

Dsc_6199

この広い河口で、なんで私の立っている所へ来るのか不思議な気分になりました。

Dsc_6220

Dsc_6070

この後、此処から動きそうもないので、私もそのままそっとこの場を去りました。

Dsc_6246

今は何処に居るのか。

また元の支流へ戻ったのか、そのまま海へ出てしまったのか?

本来の移動のコースに戻れる事を祈りたいです。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/2000-1/3200秒 ISO400 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 7月 2日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

様子見に

シロエリオオハム

しばらく行ってなかったので、どんな具合か様子を見に行ってきました。

Dsc_3444

相変わらず潜って何かを捕っている様ですが、私が見ている時には、浮かんで来る時に何かをくわえて来る姿は見られませんでした。

Dsc_3391

それでも元気に水中を移動しているので、何かを食べてはいるのでしょう。

まだ飛んでいる姿は見られません。

飛んでいる姿を撮影したいですね。

アオサギ

シロエリオオハムが近くに来ていたので、アオサギに気付いた時にはもう目の前でした。

Dsc_3401

近くに鳥が飛んで来ると、それが今なら撮れると判断すると体が反応してしまいます。

Dsc_3402

いくら近くに来ても、これはもう間に合わないと思えばレンズを向けるのも諦めます。

Dsc_3427

間に合わないと思った鳥がその後で良いシーンを見せてくれると、諦めずに追ってみれば良かったと思う事も稀にあります。

追い過ぎていて、新たなチャンスを逃がす事もまた有るので、何とも言えませんね。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/1250-1600秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 6月26日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

飛べない?

シロエリオオハム

Dsc_0002

私が見付けた日(6月9日)はよく潜って魚を追っている様だった。

Dsc_0007

浮上して来る時には獲物をくわえて出て来る事が少ない。1回だけハゼの様な魚をくわえて出てきたが、撮影できなかった。

Dsc_0003

よく水切りもして、パタパタもやってくれた。

Dsc_0010

翼が短く感じる。

Dsc_0014

アビ類は5~6月の換羽中に初列風切が完全に抜けて飛べなくなる期間があり、・・・』(「比べて識別!野鳥図鑑」文一総合出版)とあります。

Dsc_0006

6月5日に『A.T』さんが見付けてから、この鳥が飛んでいる姿を見た人がいない様です。
陸に上がる為、短い距離をジャンプしたのは見ました。

Dsc_0009

飛べるようになるまでのしばしの間、此処で過ごす事にしたのでしょうか。

どのくらいで飛べるようになるのかは分かりません。

この個体が飛べるか、飛べないか分かりませんし、その前に何処かに移動する事だってあるでしょう。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6-8 1/800-1/1600秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 6月 9日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

調べてネ

シロエリオオハム

台風が来る前に皆さんに撮ってもらえればと思って下の記事をアップしましたが、私の所にこれはオオハムではないかと問い合わせとも言えない様な、影の声が聞こえて来ました。

確か、以前私が O市で撮った鳥をオオハムと言った時にも、『太平洋側ではシロエリオオハムが多く、オオハムは日本海側でしょ』と言った常識的な意見が聞こえて来ました。

それが、いつの間にか『最近オオハムが多いね』と言う会話が O市でも聞かれる様になってきました。

そして今回は、『去年Y市に出たのがシロエリオオハム夏羽で、これはオオハムだよ』と言う声が聞こえて来ました。

それ程にシロエリオオハムとオオハムの識別は難しいと言う事でしょう。

いい加減な私のブログではあっても、ブログに掲載するにはそれなりに調べてから、なるべく間違いの無い様に注意をしています。

私の所にある定番の図鑑では当り障りの無い事ばかりでハッキリしません。

で、決め手になる様な識別ポイントが出ていたのが、「比べて識別!野鳥図鑑」(文一総合出版 2016年12月発行)でした。

この図鑑は今までにない識別ポイントなどが書いてあり、間違いが多いと言う指摘もありますが、識別ポイントを見付けるには大変便利な図鑑だと思います。

この図鑑で書かれていた識別ポイントです。

Dsc_5901_2

今回、これを書くにあたって、この写真をゴミ箱から拾い出してきました。

お尻をしっかり撮る事が無いので、こんなのしかありませんでした。

後は皆さんで調べてみて下さい。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 6月 9日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

見付けた

シロエリオオハム

6月5日に、知り合いがキレイな夏羽を写真に撮ったのを見せてもらい、それから探し続けたのですが見つけられず、昨日(6月9日)ようやく見つける事が出来ました。

Dsc_3976

Dsc_4232

Dsc_6097

Dsc_6199

Dsc_6349

最後の写真は体を傾けているので脇の白が派手に出ています。

頸部の黒っぽい所もシロエリオオハムでは紫が基本ですが、光の当たり具合で緑にも見えます。(マガモの頭部が緑に見えたり紫に見えたりするのと同じ)

後頭部から頸部後部が白く見えます。

写真の整理がまだ出来ず、とりあえずです。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF8 1/640-1/1600秒 ISO400 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 6月 9日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

ブルブル

シロエリオオハム

上半身を持ち上げ、羽を大きく広げたので、バタバタするのかと思ったら、

Dsc_1630

Dsc_1636

Dsc_1637

Dsc_1639

ブルブルと水切りでした。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 12月25日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

アビもハムも食みから?

シロエリオオハム

去年の今頃ハシブトウミガラスを見つけた場所へ、何か居ないかと出掛けてみました。

現地に着いたのは8時を少し回っていましたが、カメラマンの姿は一人だけ。

これでは鳥もあまり期待できないかと思いながらも、車を止めて、鳥を探します。

海はベタ凪で海上にも鳥の姿が少ない。

それでもはるか彼方にはアビの仲間と思われる鳥の姿が。

しばらく待っていると、何とか射程距離に入って来ました。

1回の潜水時間が長く、次に出る時には意外な場所に出て来ます。

下はシロエリオオハム成鳥の冬羽。

Dsc_2773

遠くには10羽以上の群れが居ます。

ほとんどがシロエリオオハムの幼鳥の様です。

Dsc_2442

幼鳥がかなり近くで浮上しました。幼鳥には喉に黒い線が入らないものが多いようです。

Dsc_2711

シロエリオオハムやオオハムは助走をしないと飛び立てません。

Dsc_2095

アビは助走無しでも飛び立てるようです。

Dsc_2099

かなり遠かったのですが、飛ぶ姿はこの時だけだったので、かなりトリミングしています。

Dsc_2099_2

水面に浮いているのはヒドリガモ。淡水ガモ類でも海で見掛ける事はあります。

Dsc_2103

シロエリオオハムかオオハムか。識別には迷うところですが、今回は撮影した色々な写真を見比べて、私の独断でシロエリオオハムとしました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000-1/5000秒 ISO200-400 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 12月25日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

次の浮上は何処

シロエリオオハム

コクガンが撮れて大満足。車に戻りながらRINOさんが「オオハムでも居ないかな」とまた海上を探し始める。
コクガンが撮れただけでも気持ちは満たされたのに、その上にオオハムですか!でももしかすると居るかもしれない(これは経験から来るモノで、以前同じ様な環境で見た事がある鳥が頭に浮かんで来るかどうかです)。双眼鏡で海上を捜索開始。すぐにRINOさんが「居た!オオハム!!」その声に振り向いて指さす方向を見ると遥か彼方に黒い鳥が泳いでいるのが見えましたがすぐに潜ってしまい種類までは分かりませんでした。

Dsc_1913

見える範囲の海上に必ず浮かび上がるはずだと、海上を舐める様に見つめていましたが何処にも上がって来ません。再び姿を見付けたのは遠くの船溜りに泊めてあった船の影。双眼鏡で確認。確かにオオハム系の鳥です。一気にあんな所まで移動したのか?

Dsc_1849

向こうへ回れば逆光だが、こちらからでは遠過ぎて勝負にならない。車に乗り込みすぐに移動。

Dsc_1850

着いた時にはシロエリオオハムは再び沖の方へ出てしまっていた。鳥の動きをしばらく見ていましたが、どちらへ向かうのかさっぱり分からない。小腹も空いていたのでアンパンなどを食べながらしばらくそこで待つ事にしました。

Dsc_2140

『待てば海路の日和あり』シロエリオオハムがコチラに頭を向けて潜りました。次は絶対近くに浮上すると、カメラを構えて待ちました。

Dsc_2145

待った甲斐があって、近くへ来てくれました。

Dsc_1882

RINOさんの目があって出会えたワクワクでした。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 3月3日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 | 0002船越公園の野鳥 | 004 ヤマドリ | 005 キジ | 008 ヒシクイ | 010 マガン | 016 コクガン | 017 コブハクチョウ | 019 オオハクチョウ | 019 コハクチョウ | 021 ツクシガモ | 024 オシドリ | 026 オカヨシガモ | 027 ヨシガモ | 028 ヒドリガモ | 030 マガモ | 032 カルガモ | 034 ハシビロガモ | 035 オナガガモ | 036 シマアジ | 037 トモエガモ | 038 コガモ | 040 オオホシハジロ | 042 ホシハジロ | 046 キンクロハジロ | 047 スズガモ | 051 シノリガモ | 053 ビロードキンクロ | 054 クロガモ | 057 ホオジロガモ | 058 ミコアイサ | 059 カワアイサ | 060 ウミアイサ | 062 カイツブリ | 063 アカエリカイツブリ | 064 カンムリカイツブリ | 066 ハジロカイツブリ | 074 キジバト | 078 アオバト | 082 オオハム | 083 シロエリオオハム | 119コウノトリ | 125 ヒメウ | 127 カワウ | 128 ウミウ | 132 サンカノゴイ | 133 ヨシゴイ | 137 ミゾゴイ | 139 ゴイサギ | 141 ササゴイ | 142 アカガシラサギ | 143 アマサギ | 144 アオサギ | 145 ムラサキサギ | 146 ダイサギ | 146 チュウサギ | 148 コサギ | 149 クロサギ | 154 クロツラヘラサギ | 156 カナダヅル | 160 ナベヅル | 166 クイナ | 168 ヒクイナ | 174 バン | 175 オオバン | 185 ホトトギス | 187 ツツドリ | 188 カッコウ | 189 ヨタカ | 191 ハリオアマツバメ | 192 アマツバメ | 193 ヒメアマツバメ | 194 タゲリ | 195 ケリ | 197 ムナグロ | 199 ダイゼン | 202 イカルチドリ | 203 コチドリ | 204 シロチドリ | 205 メダイチドリ | 206 オオメダイチドリ | 209 ミヤコドリ | 210 セイタカシギ | 212 ヤマシギ | 215 アオシギ | 219 タシギ | 221 オオハシシギ | 223 オグロシギ | 225 オオソリハシシギ | 227 チュウシャクシギ | 230 ダイシャクシギ | 231 ホウロクシギ | 232 ツルシギ | 233 アカアシシギ | 234 コアオアシシギ | 235 アオアシシギ | 239 クサシギ | 240 タカブシギ | 241 キアシシギ | 243 ソリハシシギ | 244 イソシギ | 246 キョウジョシギ | 247 オバシギ | 248 コオバシギ | 249 ミユビシギ | 251 トウネン | 252 ヨーロッパトウネン_ | 253 オジロトウネン | 254 ヒバリシギ | 257 アメリカウズラシギ | 259 サルハマシギ | 261 ハマシギ | 263 ヘラシギ | 264 キリアイ | 266 エリマキシギ | 268 アカエリヒレアシシギ | 270 レンカク | 271 タマシギ | 273 ツバメチドリ | 278 ミツユビカモメ | 286 ユリカモメ | 293 ウミネコ | 294 カモメ | 299 セグロカモメ | 301 オオセグロカモメ | 305 オオアジサシ | 307 コアジサシ | 314 アジサシ | 316 クロハラアジサシ | 317 ハジロクロハラアジサシ | 324 ハシブトウミガラス | 328 ケイマフリ | 330 ウミスズメ | 339 ミサゴ | 340 ハチクマ | 342 トビ | 345 オオワシ | 349 チュウヒ | 350 ハイイロチュウヒ | 354 ツミ | 355 ハイタカ | 356 オオタカ | 357 サシバ | 358 ノスリ | 360 ケアシノスリ | 364 クマタカ | 372 フクロウ | 374 アオバズク | 376 コミミズク | 377 ヤツガシラ | 378 アカショウビン | 383 カワセミ | 385 ヤマセミ | 388 アリスイ | 390 コゲラ | 393 アカゲラ | 397 アオゲラ | 401 チョウゲンボウ | 403 コチョウゲンボウ | 404 チゴハヤブサ | 407 ハヤブサ | 412 サンショウクイ | 413 コウライウグイス | 418 サンコウチョウ | 420 モズ | 421-1 アカモズ | 421-2 シマアカモズ | 427 カケス | 429 オナガ | 430 カササギ | 433 コクマルガラス | 435 ハシボソガラス | 436 ハシブトガラス | 438 キクイタダキ | 439 ツリスガラ | 441 コガラ | 442 ヤマガラ | 443 ヒガラ | 445 シジュウカラ | 452 ヒバリ | 457 ツバメ | 459 コシアカツバメ | 461 イワツバメ | 463 ヒヨドリ | 464 ウグイス | 465 ヤブサメ | 466 エナガ | 477 メボソムシクイ | 479 エゾムシクイ | 480 センダイムシクイ | 485 メジロ | 492 オオヨシキリ | 493 コヨシキリ | 499 セッカ | 500 キレンジャク | 501 ヒレンジャク | 502 ゴジュウカラ | 504 ミソサザイ | 505 ギンムクドリ | 506 ムクドリ | 508 コムクドリ | 509 カラムクドリ | 511 ホシムクドリ | 512 カワガラス | 513 マミジロ | 514 トラツグミ | 518 クロツグミ | 520 マミチャジナイ | 521 シロハラ | 522 アカハラ | 525 ツグミ | 530 コマドリ | 533 ノゴマ | 534 コルリ | 536 ルリビタキ | 540 ジョウビタキ | 542 ノビタキ | 549 イソヒヨドリ | 552 エゾビタキ | 554 コサメビタキ | 558 キビタキ | 560 オジロビタキ | 561 オオルリ | 566 カヤクグリ | 568 ニュウナイスズメ | 569 スズメ | 573 キセキレイ | 574 ハクセキレイ | 575 セグロセキレイ | 580 ビンズイ | 584 タヒバリ | 586 アトリ | 587 カワラヒワ | 588 マヒワ | 592 ベニマシコ | 595 オオマシコ | 597 イスカ | 599 ウソ | 600 シメ | 602 イカル | 609 シラガホオジロ | 610 ホオジロ | 614 ホオアカ | 615 コホオアカ | 617 カシラダカ | 618 ミヤマホオジロ | 623 ノジコ | 624 アオジ | 625 クロジ | 627 コジュリン | 628 オオジュリン | 633 サバンナシトド | 800 種不明 | 900 雑種 | 901 アヒル | 902 ドバト | 903 コジュケイ | 910 ソウシチョウ | 911 ガビチョウ | お知らせ | かわせみフォトクラブ | アンデスの風 | トリとめの無い話 | 動物 | 動物園 | 夜景・花火 | 探鳥会 《報告》 | 日記・コラム・つぶやき | 植物 | | 虫(チョウ) | 虫(トンボ) | 風景 |

フォト

birds counter

  • カウンター

ランキング

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • シギ・チドリ観察のお供に
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい
  • タムロンの新ズーム
  • 鳥の事楽しく知ろう
  • カモの観察、識別に
  • ニコンの鳥撮りズーム
  • 「かわせみ」愛用のフィールド図鑑 鳥類リスト第7版準拠リニューアル
  • 野鳥撮影に
  • 探鳥のお供に 水辺の鳥と
  • バードウオッチング入門者に
  • 新しくなりました!写真図鑑1冊ならこれ
  • お買い物はここから

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。
無料ブログはココログ