カテゴリー

132 サンカノゴイ

12月4日 サンカノゴイ

サンカノゴイ

草むらの中でほとんど動かないサンカノゴイ。

Dsc_4398_20211202171501

運がよければ草むらから伸ばした首が見られる。

Dsc_4431

根気よく待っていれば草の中を動く姿も見られる。

Dsc_4448_20211202171501

伸びをしてくれたが、一番伸びた時には顔が見えない。

Dsc_4470

見つかったばかりの頃に比べると姿を見せてくれない。

Dsc_4543

これが普通のサンカノゴイなのだろう。

Dsc_4566_20211202171601

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/3200秒 ISO400 12月2日 静岡市

11月29日(2)続・サンカノゴイとミサゴ

本日二本目

サンカノゴイ

サンカノゴイ続き

大きく口を開ける。この個体はよく口を広げる。

Dsc_7989

カワセミが休んでいる下をのっそりと通り過ぎる。カワセミにパックリ行くんじゃないかと心配したが、お互いにそれ程関心を示さなかった。

Dsc_8132

カワセミが飛び出したが強風で思う様に飛べない感じ。

Dsc_8161

草むらの中でハゼ系の魚を捕まえた。

Dsc_8239_20211128160101

西日が射し込む川の中へのっそりと出て来た。

Dsc_8509

西日に照らされた孤高のサンカノゴイ

Dsc_8677

最後はまた日陰に入ってしまい、悠然と歩く姿。

Dsc_8762

此処では2017年にも出ているが、同一個体かは確認のしようも無い。

おまけ

ミサゴ

皆がサンカノゴイに夢中になっている時、サンカノゴイと皆の間の川にミサゴが飛び込んだ。

Dsc_8363_20211128163001

あまりに突然でビックリして、露出を変えている暇もなく、レンズがミサゴを追い越してしまった。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6 1/250-1/1000秒 ISO400-1600 11月27日 静岡市

11月29日 サンカノゴイ

サンカノゴイ

26日の朝、此処でお会いするいつものメンバーの方からサンカノゴイの写真を見せてもらった。

40分ほど前、此処で撮ったとの事。

Dsc_7058_20211128154201

西へ飛んで行ったと言うので、そちら方面を半日掛けて探してみたが、見つからない。

Dsc_7269

元々潜行性の強い鳥だから、人目に付く様な所へは出ていないのだろう。

Dsc_7328

翌日 (27日)は探鳥会の下見に市外へ出ていたら、地元の方からサンカノゴイを見たと連絡を頂く。

Dsc_7427

地元へ戻って現地に着くと、昨日散々探したあたりに出ていた。

Dsc_7639_20211128154201

探した時にはタイミング悪く草むらに潜んでいたのだろう。

Dsc_7777_20211128154201

見付けて教えてくれた人たち、皆さんに感謝します。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/400-1/640秒 ISO800 11月27日 静岡市

7月10日 もういいかな

サンカノゴイ

助さん、格さんより強いやつが大勢で黄門様一行をこらしめていたらどうなるか?

Dsc_0015_20210708132501

ボコボコにされた黄門様一行

Dsc_0020_20210708132501

黄門様も『もういいでしょう』とは言えないな。

Dsc_0017_20210708132501

なんてつまらん事を考えたら、思わず吹き出した。

Dsc_0009_20210708132601

サンカノゴイとは全く関係の無い話でした。

Dsc_0012_20210708132501

写真は3月に撮影した物です。

人は人。私の様なやり方を人にもヤレと押し付ける事は出来ません。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/1000-1/2000秒 ISO400 3月18日 静岡県

7月9日 もういいでしょう

サンカノゴイ

2月に撮影した物ですよ。

黄門様じゃあ無いけれど、『もういいでしょう』

Dsc_0004_20210708125001

Dsc_0002_20210708125001

Dsc_0003_20210708125001

Dsc_0001_20210708125001

Dsc_0005_20210708125001

お蔵の中から掘り出さないと、新作無いからね。

こう書いても、『いつ何処で撮ったの?』と聞かれる(;^ω^)

※〈追記〉

何が「もういいのか」?説明不足でした。

珍しい鳥をブログやインスタなどで紹介すると、その情報で人が集まってしまう事が有ります。

特に迷惑をこうむるのが地元の人達です。

『狭い道に人や車が入り通行のジャマ』

『知らない人が土地に入って来る』

『大きなレンズでのぞかれる』などなど

広い場所で多くの人が集まっても何の問題無い様なところなら良いのですが、そんな場所は少ないと思います。

そこで、情報発信するタイミングをずらす事があります。

それを「もういいでしょう」とした訳です。

そんな事をしても、情報は何処かから漏れてしまう事が多いのですが、まあ、私なりのやり方です。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF8 1/800-1/2000秒 ISO400 2月25日 静岡県

山家五位

サンカノゴイ

19日は良いお天気に恵まれました。

Dsc_7843

日差しが強くなると光と影のコントラストが強くなり、写真的に難しくなりますが、幸運にも(習性でしょうが)影の中に居たので、色温度が高くて青くなる事と、少し暗い事はありますが、まだらに光が当たっているよりも、私的には好みの見やすい絵が撮れたと思います。

Dsc_9704

サンカノゴイはこれまでにも何回か観察する機会がありましたが、ハンティングシーンは見た事がありませんでした。

Dsc_8376

Dsc_8380

Dsc_8387

捕らえていた魚はアユ(落ち鮎)の様でした。

Dsc_8398

今回は何回か丸見えのところでハンティングをしてくれ、撮影も出来ました。

日が当たった所に出ると逆光ですが、草の影から全身が出れば、これも好きな光の状態になります。

Dsc_9526

最後は、今回初めて見た行動で、ファインダーの中で突然見せられた時には、こちらも鳥肌が立ちました。

Dsc_9856

上空を何かが飛んだのだと思いますが、首を長く伸ばし、羽を大きく広げて相手を威嚇したものだと思います。素晴らしく美しい姿を見せてもらい、感動しました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/160-1/640秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年11月19日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

因縁の鳥 2

サンカノゴイ

私の所に第一報が届いたのは、11月4日の夜。

撮った鳥の名前を教えて下さいと、知り合い『M・I』さんからメールが届きました。

添付されていた写真を見たらビックリ! 間違い様も無く、サンカノゴイが写っていました。しかも、近距離から撮られた様で、鮮明な画像でした。

翌日はたまたま日曜日で、同時に同じメールをもらっていたRINOさんと二人で今回も手分けしてサンカノゴイを捜し歩きました。

その日は見付ける事が出来ず、あれはたまたま通過途中で寄っただけで、もう居ないだろうとなりました。

ところが、その後も地元の人が変わった鳥を見たとか、サンカノゴイらしい鳥を撮った人が居るとか言う話が耳に入って来ました。

そして、11月16日、RINOさんと、『S・M』さんの二人が、とうとう見つけ出しました。

私が撮影したのは18日で、朝から雨でしたが、傘を差してもらいながらの撮影でした。

ISO1600でシャッタースピードは1/15秒。

少し明るくなってISO400で1/15秒です。

カメラには癖があって、いくらシャッタースピードを上げてもブレやすい苦手なところと、遅くてもブレが少ない所が個体によって有る様な気がします。

Dsc_7779

数日前にコウノトリの記事を書いたのですが、その時『因縁の鳥』として、コウノトリ以外にも因縁の鳥の事をにおわせておきました。

Dsc_7649

コウノトリもサンカノゴイも私にとってはとても思い出深い鳥なのです。

Dsc_7547

コウノトリは1995年12月5日に麻機遊水地で私が見つけて話題になり、私も鼻が高かったものでした。

Dsc_7591

サンカノゴイ はそれより更に前の1991年11月11日に、今回の場所からそれ程遠くない場所で偶然撮影に成功し、静岡県内でのサンカノゴイの写真は初かもしれないと言う騒ぎになって、静岡新聞でも当時としては貴重な?カラーで採り上げてもらい、私も「野鳥の会・静岡支部」で一躍『時の人』になったり?しました。

Dsc_7637

23日の午後現地に行って見た所、すでに全国からカメラマンが来ていたようで、この鳥の事ももう全国的に情報が流れている様なので、このブログでも掲載する事にしました。

地元の方々に迷惑を掛けない様、皆さんで仲良く撮影していただきたいと、くれぐれもお願い致します。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/15秒 ISO400-1600 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年11月18日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

思い出の鳥 2

サンカノゴイ

思い出の鳥 続けます

私が野鳥の会に入って間もない頃

とんでもない鳥の写真を偶然撮ってしまいました。

サギの写真ばっかり撮っていたから

『サギ師』なんて言われていましたから

「安倍川でサンカノゴイを撮った!」と言っても、簡単には信じてもらえませんでした。

入って来たばかりの新人にそんな“スゴイ”のいきなり撮られたら、今の私だって、にわかには信じられないでしょうし、口惜しいですからね

出来て来た写真(当時はデジタルでは無いので、出来て来るまでに時間が掛りました)を見せるや、皆さんビックリ!私は一躍静岡支部で脚光を浴びたのです

9111

ニコンF4s Aiニッコール600mmF4 1991.11.11 静岡市・安倍川

『ブログランキング』に挑戦中です
下の緑色の四角をクリックして下さい

何も出ませんが、私のやる気になります

人気ブログランキングへ

応援よろしくお願いします

麻機の野鳥 5

コウノトリ目

サギ科
5 サンカノゴイ 
Great Bittern

0829_1全 長:64-80cm
翼開長:125-135cm

麻機遊水地ではこれまでに3回の記録があるが(伴野正志氏の「麻機における希少鳥の記録」より)いずれも冬で、第3工区内である。最近では第3工区に入って鳥を見ている人も少ないので、観察される事が無いだけで、毎年越冬しているのかもしれない。見つかる事の方が不思議なくらいで、アシ原の中でじっとしていると、まず気が付かない。静岡県レッドデータブック掲載種。
 サンカノゴイとは不思議と縁があるのですが、麻機での写真はこの時のものしかありません。

撮影データ:ニコンD70 ニッコール600mmF4 ケンコーテレプラス×2 絞りF8 1/30秒 2006. 1. 9 (牛田の池)

相性

0907 出会いの確率

鳥との出会いでも相性と言うものがあるらしい。
私が野鳥の会静岡支部で一躍話題になったのは安倍川で偶然サンカノゴイを撮影した事によります。その頃私は安倍川でカワセミの撮影をしていて、その日も朝早くからブラインドに入ってカワセミを待っていました。狙いのカワセミはなかなか現れず、今日はもうあきらめかな、と思った時、20m程手前の草むらで何かが動きました。それは草の中をゆっくりと移動してきました。この辺に肉食の獣が居るとは思えなかったのですが、草の中を這うように進んでくる物は、獲物に忍び寄るヒョウの様に見えました。それが徐々にこちらに近付いてくると、見えない恐怖で鳥肌が立ちました。
0908 草が薄くなるにつれ、その正体が鳥である事が分かって来ました。でも、こんな鳥、見た事も無い。サギは私の写真のモデルとして大事な被写体なので、図鑑でもサギの所はよく見ていた。サンカノゴイの名前も頭の中には入っていて、これがサンカノゴイだと言う事は意外と早く理解できた。しかし、それがどれ位珍しい鳥であるか、までは分からなかった。
0910  知り合ってまだ間もない「めるへん」へ、写真を持って鑑定をしてもらいに行った。写真を見るまでは信用していなかった(多分?)マスターや、「野鳥マスター」も、写真を見て納得してくれた。この写真(一番上の写真)は静岡新聞にもカラーで採り上げてもらい、私も鳥界で一躍有名になってしまった(多分?)。
その後も、私が安倍川へ撮影に行くとサンカノゴイはほとんど毎回表れたが、「めるへんマスター」や「野鳥マスター」が行ってもなかなか見る事が出来なかったようだ。
数年後、麻機にサンカノゴイが表れた時にも、その辺りに居た人達にも連絡して、「サンカノゴイがさっき、その辺に出たんだよ」なんて、指で出た辺りを指し示したら偶然そこにサンカノゴイが出て来た事もありました。
0830 今年の麻機でのガンカモカウント調査の時にも、何か予感めいたものを感じた時、サンカノゴイを見つけました。
 これとは逆に縁のない鳥もあります。皆が何の苦労も無く目の前で見たよ!なんて鳥を、どうしても見られない。見つけられない時の口惜しさと情けなさは、なかなか言い表せないものがありますね。特に自分がフィールドにしている所で、皆が見ているのに自分だけ見ていないなんて事は、口惜しさを通り越えて、腹立たしいんですよね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 043 アカハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 211 ソリハシセイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 226 コシャクシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 287 ズグロカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 503 キバシリ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

静岡バードウオッチング

kaimono

  • マンガでバードウォッチング 792円は電子版 紙の本は935円を選んで下さい
  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
無料ブログはココログ