人気ブログランキング

カテゴリー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お天気

birds counter

  • カウンター

038 コガモ

立てば横

アメリカコガモ

正面を向いてバタバタをやってくれました。

Dsc_0997

普段、泳いでいる時には縦に見える“白線”も立ち上がれば横に見えます。

Dsc_0998

縦か横かは、脊椎動物の場合、精髄に平行な線を縦縞と呼ぶので、アメリカコガモの“白線”は本来なら横線と呼ぶべきでしょう。

Dsc_0999

でも、素直に見ればやっぱり縦線ですね。

Dsc_1000

魚の場合も普段は横になって泳いでいますから、縦横は逆転します。魚屋さんで見るカツオのお腹の線も横線に見えます。

Dsc_1001

しかし、カツオのこの横線は生きている時には見えないと言うか、縦に見える様です。捕まった時のストレスで縦だった線が消え、横線が浮かび上がると言う事です(加藤憲司著「トビウオは何メートル飛べるのか」 リベルタ出版 より)。

Dsc_1004

話がそれましたが、アメリカコガモの“白線”も正面だとよく見えませんねcoldsweats01

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 1月2日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

やっぱりネ

コガモ

この冬も遊水地にはアメリカコガモが入っています。

今の所確認出来るのはオスが1羽。

多分、毎年同じ個体が飛来していると思いますが、年々きれいになっている様に感じます。

Dsc_0701c

1羽しか居ないとなると、やはり希少性があるので、ただのコガモよりも写欲が湧きますねwink

Dsc_1218

過去記事を見てもコガモだけを扱う事よりもアメリカコガモを取り上げている方が多いカモpig

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/640-1/1600秒 ISO200 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 1月2日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

アメリカさん

アメリカコガモ

この数年、ほぼ同じ池にアメリカコガモが1羽飛来しています。

Dsc_3844

アメリカコガモ♂とコガモ♂の識別は簡単

下の写真を見て下さればすぐにその違いが分かると思います。

Dsc_3792

ただし、メスの識別ポイントはまだ見つかっていない様です。

コガモの亜種なので、ライフリストにこだわる人は、アメリカコガモを見ても1種増やす事は出来ませんsad

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚 ジッツオGT5541LS 雲台マンフロット516 2月26日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

探鳥会 報告

麻機探鳥会

26日(日)「野鳥の会・静岡」今年最後の探鳥会が、麻機(あさはた)遊水地で行われました。

好天にも恵まれ、大勢の参加者がありました。

私もこの日はカメラを持って参加

写真が何とか撮れた物を紹介して行きます。

スタートしてすぐジョウビタキのオスがモデルになってくれました。

Dsc_9174

巴川沿いではアオジが

Dsc_9210

第一工区では

池のカモを狙ってか、オオタカが飛んでいました

Dsc_9263

オオタカの出現に驚き、飛び立つコガモ

Dsc_9337

最後にはミコアイサが出てくれました。

Dsc_9872

麻機には2008年11月にも出ています。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/1600-1/2000秒 ISO400 コガモ以外はトリミングあり 三脚・雲台:スリック 12月26日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です
下の緑色の四角をクリックして下さい

何もpresent出ませんが、私のやる気upになります

人気ブログランキングへ

応援よろしくお願いしますhappy01

そう言えば君も…

ハシビロガモ

何も最近居なくなったのはジョウビタキだけではありませんね。

『そうだ!俺だって旅立ったぜ!!』

Dsc_1601

『どうせ居てもいなくても、注目もされない俺だけどね!』

ハシビロガモがくちばしを平たくとがらせて旅立って行きました。

コガモ

『だいぶ暖かくなって来たからソロソロ北へ行こうかな』

Dsc_2101

こちらは旅立ったものと、まだのんびりしているものも居る様です。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000-1/3200秒 ISO200 トリミング 2009.03.28 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーupとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

縦か横か?

アメリカコガモ

麻機(あさはた)遊水地では毎年千羽近くのカモが越冬するのですが、この冬はどうも様子が変です。

毎年1月15日を中心に行われる全国一斉の「ガン・カモ カウント調査」の頃は、それでも750羽程をカウント出来ましたが、その後カモが激減。カモの姿が見られない池もありました。

3月に入って再びカモの数が増えて来ましたが、それでも例年に比べると寂しい感じです。

そんなカモの中に混じってアメリカコガモが一羽入って居ました。

Hi8_0993

見つけたのはやっぱり『沼人』さん。

『沼人』さんは、群れの中に紛れている珍鳥を探し出す名人です。と云うか、常に一羽一羽をしっかり見ていると云う事でしょうか。

コガモとアメリカコガモは同一種で、亜種の関係です。見分けるポイントは下の写真でコガモの矢印で示した白線部分が、アメリカコガモでは“縦”になっている事です。

Hi8_0890 コガモ(左)とアメリカコガモ 後ろを向いているのはメス。

“縦”と云っても、頭を上に立ち上がった時の事を考えると、“横”になるのかな?

Hi8_0060 そんな話も「魚」か何かの図鑑で見た様な気がしますが、鳥の場合はどうなんでしょうか?

アメリカコガモは3月9日にはまだ居ました。
コガモの群れの中から探してみて下さい。

ニコンD200 Aiニッコール600mmF4 絞り開放~F5.6 1/80~1/200秒 ISO200 トリミング 2008. 3. 2 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

麻機の野鳥 22

26 コガモ Common Teal

_00_7 全長:34-38cm
翼開長:58-64cm

麻機(あさはた)では冬鳥。まだ暑さが残る9月頃から、カモの仲間の中でも最も早く麻機に姿を見せてくれる。 春も遅くまで残る。毎年500羽前後が越冬するが、この冬のカウントでは200羽に満たなかった。オスは頭部が栗色で目の周りが緑(この写真では紺に近く見える。これも構造色の影響)。背は灰色で、お尻に黄色い三角形の班がある。声は「ピリッ、ピリッ」または「ピッ、ピッ」と聞こえる。

Photo_299 メスは全体に茶色で、大きさが小さいと言う以外では特に目立つ特徴も無いので、他のカモ類のメス、及びオスのエクリプスとの識別には慣れが必要。鳴き声は「グェーッ、グェーッ」または「クェッ、クェェェェ」と聞こえる。

_03_2 コガモの亜種でアメリカコガモ(右)。胸に縦(本当は横と言うのが正しいのかもしれませんが、ここでは見た目のままで表記しました)の白線が見られる。 2006.12.31 第一工区 『前林の池』

実は、カモの仲間の写真はあまり撮っていないのです。「いつでも撮れる」と言う思いがあるので、撮影に気が入らないのです。たまに「こんな写真が欲しい」と注文が来るのは、いつでも見られる普通種といわれる種の写真が多いのです。普通種をしっかり撮っておきたいものです。反省!!

トリおさめ

今年の鳥の撮りおさめ

Photo_121 昨日までは掃除に障子の張り替え、会報作りで外に出られず、欲求不満がたまっていたので、今日はカメラを持って外へ出させてもらいました。今年のトリおさめはやはり麻機(あさはた)へ行くしかないでしょう。
第一工区でさっそく『ネイチャーマスター』と出会いました。『マスター』と話をしていると近くの電柱にオオタカ(若)が止まったので、写真的には面白くないけれど、せっかくなので撮らせてもらいました。

__18 光線の状態が悪いのでもっと良い方へ、わざわざ遠回りをしていたら、自転車のおじさんが電柱の下を通り、飛ばれてしまいました。
発進したオオタカはドバトにちょっかいを出しましたが、軽くかわされていました。

Photo_122 『マスター』が池にいるカモの中からアメリカコガモを見付けてくれました。さすがに目の付け所が違います。しかも、この個体は亜種コガモと亜種アメリカコガモの交雑個体の様です。白線がタテにもヨコにも入っています。後ろのメスがタダの亜種コガモなのか?亜種アメリカコガモなのか??、はたまた交雑なのか??? 考えると眠れなくなって年も越せなくなりそうなので止めておきます。

Photo_123 午後。一旦家に帰り車の掃除をしていると『マスター』からメール。今度は第3工区にハイイロチュウヒが出たという。車の掃除は雑巾がけで済ませ、再びカメラを車に載せて麻機へ。
観察舎の上にはすでに『マスター』とK.Kさんが陣取っていた。

_2_5 私はカメラを担いで遊歩道を歩いた。もうすぐ日が暮れる。夕方の斜光線を浴びてハイイロチュウヒが草原の上を低く飛ぶ。視点の低い私はこんな時は不利だ! 何とかこの2枚シャッターを切る事が出来たが、顔が見えずブレボケでおおいに不満だが、一応今年の「トリおさめ」という事で、ご勘弁下さい。

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 | 0002船越公園の野鳥 | 005 キジ | 008 ヒシクイ | 010 マガン | 016 コクガン | 017 コブハクチョウ | 019 オオハクチョウ | 019 コハクチョウ | 021 ツクシガモ | 024 オシドリ | 026 オカヨシガモ | 027 ヨシガモ | 028 ヒドリガモ | 030 マガモ | 032 カルガモ | 034 ハシビロガモ | 035 オナガガモ | 036 シマアジ | 037 トモエガモ | 038 コガモ | 040 オオホシハジロ | 042 ホシハジロ | 046 キンクロハジロ | 047 スズガモ | 051 シノリガモ | 053 ビロードキンクロ | 054 クロガモ | 057 ホオジロガモ | 058 ミコアイサ | 059 カワアイサ | 060 ウミアイサ | 062 カイツブリ | 063 アカエリカイツブリ | 064 カンムリカイツブリ | 066 ハジロカイツブリ | 074 キジバト | 078 アオバト | 082 オオハム | 083 シロエリオオハム | 119コウノトリ | 125 ヒメウ | 127 カワウ | 128 ウミウ | 132 サンカノゴイ | 133 ヨシゴイ | 137 ミゾゴイ | 139 ゴイサギ | 141 ササゴイ | 142 アカガシラサギ | 143 アマサギ | 144 アオサギ | 145 ムラサキサギ | 146 ダイサギ | 146 チュウサギ | 148 コサギ | 149 クロサギ | 154 クロツラヘラサギ | 156 カナダヅル | 160 ナベヅル | 166 クイナ | 168 ヒクイナ | 174 バン | 175 オオバン | 185 ホトトギス | 187 ツツドリ | 188 カッコウ | 189 ヨタカ | 191 ハリオアマツバメ | 192 アマツバメ | 193 ヒメアマツバメ | 194 タゲリ | 195 ケリ | 197 ムナグロ | 199 ダイゼン | 202 イカルチドリ | 203 コチドリ | 204 シロチドリ | 205 メダイチドリ | 206 オオメダイチドリ | 209 ミヤコドリ | 210 セイタカシギ | 212 ヤマシギ | 215 アオシギ | 219 タシギ | 223 オグロシギ | 225 オオソリハシシギ | 227 チュウシャクシギ | 230 ダイシャクシギ | 231 ホウロクシギ | 232 ツルシギ | 233 アカアシシギ | 234 コアオアシシギ | 235 アオアシシギ | 239 クサシギ | 240 タカブシギ | 241 キアシシギ | 243 ソリハシシギ | 244 イソシギ | 246 キョウジョシギ | 247 オバシギ | 248 コオバシギ | 249 ミユビシギ | 251 トウネン | 253 オジロトウネン | 254 ヒバリシギ | 257 アメリカウズラシギ | 259 サルハマシギ | 261 ハマシギ | 263 ヘラシギ | 264 キリアイ | 266 エリマキシギ | 268 アカエリヒレアシシギ | 270 レンカク | 271 タマシギ | 273 ツバメチドリ | 278 ミツユビカモメ | 286 ユリカモメ | 293 ウミネコ | 294 カモメ | 299 セグロカモメ | 305 オオアジサシ | 307 コアジサシ | 314 アジサシ | 316 クロハラアジサシ | 317 ハジロクロハラアジサシ | 324 ハシブトウミガラス | 328 ケイマフリ | 330 ウミスズメ | 339 ミサゴ | 340 ハチクマ | 342 トビ | 345 オオワシ | 349 チュウヒ | 350 ハイイロチュウヒ | 354 ツミ | 355 ハイタカ | 356 オオタカ | 357 サシバ | 358 ノスリ | 360 ケアシノスリ | 364 クマタカ | 372 フクロウ | 374 アオバズク | 376 コミミズク | 377 ヤツガシラ | 378 アカショウビン | 383 カワセミ | 385 ヤマセミ | 388 アリスイ | 390 コゲラ | 393 アカゲラ | 397 アオゲラ | 401 チョウゲンボウ | 403 コチョウゲンボウ | 404 チゴハヤブサ | 407 ハヤブサ | 412 サンショウクイ | 413 コウライウグイス | 418 サンコウチョウ | 420 モズ | 421-1 アカモズ | 421-2 シマアカモズ | 427 カケス | 429 オナガ | 430 カササギ | 433 コクマルガラス | 435 ハシボソガラス | 436 ハシブトガラス | 438 キクイタダキ | 439 ツリスガラ | 441 コガラ | 442 ヤマガラ | 443 ヒガラ | 445 シジュウカラ | 452 ヒバリ | 457 ツバメ | 459 コシアカツバメ | 461 イワツバメ | 463 ヒヨドリ | 464 ウグイス | 465 ヤブサメ | 466 エナガ | 477 メボソムシクイ | 479 エゾムシクイ | 480 センダイムシクイ | 485 メジロ | 492 オオヨシキリ | 493 コヨシキリ | 499 セッカ | 500 キレンジャク | 501 ヒレンジャク | 502 ゴジュウカラ | 504 ミソサザイ | 505 ギンムクドリ | 506 ムクドリ | 508 コムクドリ | 512 カワガラス | 513 マミジロ | 514 トラツグミ | 518 クロツグミ | 520 マミチャジナイ | 521 シロハラ | 522 アカハラ | 525 ツグミ | 530 コマドリ | 533 ノゴマ | 534 コルリ | 536 ルリビタキ | 540 ジョウビタキ | 542 ノビタキ | 549 イソヒヨドリ | 552 エゾビタキ | 554 コサメビタキ | 558 キビタキ | 560 オジロビタキ | 561 オオルリ | 566 カヤクグリ | 568 ニュウナイスズメ | 569 スズメ | 573 キセキレイ | 574 ハクセキレイ | 575 セグロセキレイ | 580 ビンズイ | 584 タヒバリ | 586 アトリ | 587 カワラヒワ | 588 マヒワ | 592 ベニマシコ | 595 オオマシコ | 599 ウソ | 600 シメ | 602 イカル | 609 シラガホオジロ | 610 ホオジロ | 614 ホオアカ | 615 コホオアカ | 617 カシラダカ | 618 ミヤマホオジロ | 623 ノジコ | 624 アオジ | 625 クロジ | 627 コジュリン | 628 オオジュリン | 633 サバンナシトド | 900 雑種 | 901 アヒル | 902 ドバト | 903 コジュケイ | 910 ソウシチョウ | 911 ガビチョウ | お知らせ | かわせみフォトクラブ | アンデスの風 | トリとめの無い話 | 動物 | 動物園 | 夜景・花火 | 探鳥会 《報告》 | 日記・コラム・つぶやき | 植物 | | 虫(チョウ) | 虫(トンボ) |

フォト

ランキング

静岡バードウオッチング

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。

kaimono

  • 待望のイラスト図鑑
  • シギ・チドリ観察のお供に
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 新しくなって、良くなった
  • タムロンの新ズーム
  • 鳥の事楽しく知ろう
  • カモの観察、識別に
  • ニコンの鳥撮りズーム
  • 「かわせみ」愛用のフィールド図鑑 鳥類リスト第7版準拠リニューアル
  • 野鳥撮影に
  • 探鳥のお供に 水辺の鳥と
  • バードウオッチング入門者に
  • 新しくなりました!写真図鑑1冊ならこれ
  • お買い物はここから
無料ブログはココログ