人気ブログランキング

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

356 オオタカ

本気じゃない

オオタカ


ヨシガモがたくさん居たので撮っていたら、突然カモたちが一斉に飛び立った。


これは猛禽が来たなと周囲を探すと、私の背後からすごいスピードでカモたちに向かって突っ込んで行く鳥を発見。


オオタカ189


ファイダーに入れながら、『オオタカだ!』


後ろ姿のオオタカをファイダーの真ん中に捉えながらも、ピントが合っているのか小さくて分からない。


オオタカ190


オオタカは本気で狩をするつもりは無かったようで、逃げて行くカモを追う事もせずそのまま真っ直ぐに止まり木へ。


オオタカ191


後は辺りを見回しながら、悠然としていた。


オオタカ192


ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/320-1/3200秒 ISO400 トリミング 2019年3月23日 静岡市・麻機遊水地


(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)


『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。



鳥ランキング


得点が上がり、私のやる気アップになります

青空に蒼鷹

オオタカ

下ばかり見ていたら、何か頭の上で気配がして見上げるとオオタカが飛んでいました。

Dsc_5297

こんな時、今までの様に三脚に機材をセットしてあると、すぐには撮れません。

Dsc_5300

頭の真上だと、三脚に乗せたままでは撮れません。

Dsc_5306

手持ちなら、真上のオオタカとにらめっこ出来ちゃいますね

Dsc_5347

しかもピントも勝手に合ってくれます

それにしても、この時期にしては羽がしょぼいですね

コンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/1600-1/2000秒 ISO400 トリミング 2019年1月30日 静岡市・麻機遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

オッ!タカだ!!

オオタカ

手持ちでブラブラ歩いて、カーブを曲がると、反対側から私の方向へレンズを向けているカメラマンが見えました。

こちらに何か居る様です。

歩くのを止めてレンズの向いている方向を探します。

カメラマンは熱心にファインダーを覗いていて私の接近にも気付いていない様子。

木の上を探したり、アシの中を探しても鳥らしい物が見つかりません。

目線を下げて水の中を見て ビックリ!

20m程先の水の中にオオタカが半分水に体を沈めてジッとしています。

此処で立ち止まらずに進んでいたら、飛ばしてしまうばかりでした。

と言うか、よく飛ばないで居てくれました。

早速私も撮らせてもらいました。

Dsc_0654

オオタカが何かを押えているのは分かりますが、何を捕らえたのか獲物の姿は全く見えません。

Dsc_0565

反対側のカメラマンの後ろから散歩の人が歩いて来ました。

カメラマンも散歩の人を止める事は出来ませんから、

これは飛ばれてしまうと身構えます。

Dsc_0570

上の写真は飛び立つ少し前の写真で、本当に飛び立つ時は一瞬でした。

以下はトリミング無しです。

Dsc_0655

真ん中に入れているつもりですが、飛び立ちは速い

Dsc_0656

一瞬でフレームから外れて行きます。

Dsc_0659

この次からの2カットはフレームから完全に切れているので飛ばします。

何とか此処でフレームへ戻し

Dsc_0660

↓真ん中に入れるも、オートフォーカスは間に合わず後ピンです(※後註あり)

Dsc_0661

この後は大ボケでフレーム切れ

※これは後で知ったのですが、カメラの設定がAF-S(AFシングル)になっていたのです。私はAF-C(コンティニュアス)になっているとばかり思って今まで使っていました。考えてみると、D500のAFの設定のやり方すら知らないで使っていました

AF-Cで撮っていたら、ピントはバッチリ合っていたのかも

次のチャンスで試してみます

いつになるか・・・

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 1/800-1/1250秒 ISO400 シングルポイントAF (白地署名はトリミングあり) 手持ち 2019年01月23日 静岡市・麻機遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

来るのを教えて

猛禽二種

現れる時はいつも突然。

それは当然かもしれない。人間の私に接近を気付かれるようでは俊敏な鳥を捕らえる事など出来ないだろう。

ハヤブサ

気付いた時にはもう頭の上。

Dsc_4286

カラスは私よりずっと前に気付いたようだ。

Dsc_4288

近付いて来たカラスに対して防御と威嚇の姿勢をとった。

Dsc_4289

ハヤブサ:1/3200秒 2018年10月 5日

オオタカ

足元に群れていたドバトを狙って突っ込んできた。

Dsc_1882

ドバトが一斉に飛び立ったので何者かの襲来にようやく気付いた。

Dsc_1883

襲撃者がオオタカと分かった時にはオオタカも高度を上げていて、ドバトの姿は無かった。

Dsc_1885

突っ込んでくるところがあらかじめ分かっていたらと、こんな場面に出会うといつも悔しい思いをする。

オオタカ:1/1250秒 10月14日

共通データ:ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 静岡市 

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

食事中

オオタカ

本日二本目のアップです。

シギ・チドリ類を探しながら当ても無く走っていて、偶然出会いました。

車の通る事が少ない細い裏道なのでオオタカもゆっくり食事が出来た様で、見付けた時には既に素嚢(そのう)が大きく膨らんでいました。

Dsc_1781

被害者はチュウサギのようです。

食事の邪魔をしてはいけないので、撮影後は車をバックして戻りました。

見付けたのも、細い道をバックしてくれたのも、目の良い相棒さんで、私は後ろに乗っていただけで、こんな写真を撮らせてもらえました。

感謝!感謝!!

こんな出会いが有るからウロウロするのが止められないのです。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF8 1/1600秒 ISO400 豆袋(車内から撮影) 2018年 9月 9日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

オオタカ

オオタカ

池のカモが一斉に飛び立って、池中央の島の周りに集まりました。

こんな時には猛禽が出たと、辺りを探します。

オオタカが島の影に隠れる様に止まっているのを『沼人』さんが見付けました。

オオタカはしばらくそのまま動かず、『沼人』さんが帰るとすぐに飛び立ちました。

私も丁度目を放した瞬間でした。

Dsc_0333

右の木立の中へ身を隠したと思ったら、その中を突き抜け島の反対側で泳いでいたカモの群れに突っ込みました。

Dsc_0349

カモがスゴイ水しぶきを上げてオオタカの目をくらまし、その隙に逃げて行きます。

オオタカはホバリングして、水しぶきを見ていたようですが、そこにはもうカモの姿はありません。

Dsc_0350

悔しそうに振り返りながら島の方へ戻って来ます。

Dsc_0365

Dsc_0371

Dsc_0373

あっという間に島の木へ戻りました。

此処で羽繕いなどをして、しばらくまったりしていたので、こちらも油断がありました。

Dsc_0560

また私が目を放した瞬間こちらに向かって飛び出しました。

Dsc_0971

まさか、こちらに向かって飛んで来るとは思っていなかったので、ピントリングを回しながら、何とかフレームに入ったのはこの一枚だけでした。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/500-1/1000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 2月 2日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

半日のお付き合い

オオタカ

動きが無い中で、翼を上げたので、これは飛びだすのかと構えると、向きを変えただけ。

Dsc_1168

しかし、向きを変えると細かな動きが多くなった。

何かを警戒している感じ。

アッと思った時にはファインダーの中に何かが入って来た。

シャッターは自然と切っていましたが、肝心の頭が切れていました。

Dsc_1178

来たのは若いオオタカ。

Dsc_1183

この2羽はどう言う関係かよく分からないが、前から居た成鳥は大きな声で鳴いています。

これが意味する事も分かりません。

Dsc_1211

後から来た若いオオタカは2~3分そこに止まっていましたが、突然落ちる様に急降下。

Dsc_1230

Dsc_1232

Dsc_1233

成鳥は警戒しながらその様子を見ています。

Dsc_1234

Dsc_1235

若い方はそのまま遠くへ飛んで行きました。

Dsc_1318

成鳥が飛んだのはお腹もすいて来た11時45分過ぎ。

Dsc_1491

結局お昼までこのオオタカに付き合ってしまいました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/3200秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 3月25日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

長い日

オオタカ

25日(土)はオオタカに付き合って半日が終わってしまった。

9時頃此処に止まっているオオタカを見つけてしまい、お昼近くまで付き合ってしまった。

レンズを向ければすぐに飛んでしまうだろうと思ったのに、レンズを向けても全く動じない。

Dsc_0757

こんな時は狙っている間は飛ばないだろうから、わざと狙いを外してスキを見せてやりました。

思った通り、オオタカはこのスキに素早く発進。

こちらもそれを待っていたのに、いざ飛び出すと思う様に合わせられない。

Dsc_0800

Dsc_0807

Dsc_0812

Dsc_0818

Dsc_0821

そのまま飛び去ってしまうだろうと思っていたら、再び同じ木に戻って来たのです。

Dsc_1024

それからがまた長かったのです

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 3月25日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

何を食うか

オオタカ

午後2時半頃飛んできたオオタカはその後なかなか動かず、

Dsc_8614

こちらが目を離した時にわずかずつ動いて

Dsc_8794

カメラマンの動きとオオバンの動きを見ているだけで、

Dsc_8890

オオバンに襲い掛かる様子はありません。

Dsc_9091

止まってから約1時間。オオタカがスッと落ちる様にそのまま真下に降下。

いくら待っても上がって来ません。

こちらから見えない場所を飛んで、何処かへ行ったのだろうと言う事で、太陽も山の陰に入るし、帰ろうとした時、目の前の草むらからオオタカが飛び立ちました。

飛び出したオオタカは池の向かいにある大きな木に止まりました。
止まるとすぐ別のオオタカが何処からが現れ、威嚇します。

Dsc_9369

目の前から飛び出したオオタカは逃げる様に飛び去りました。

そのお腹(胸のあたり)を見ると、大きく膨らんでいます。

下の草むらの中で何かを食べていたようです。

Dsc_9374

後から出て来て、追い払った方のオオタカは悠然と止まっています。

Dsc_9407

此処でなんと電池切れ。

D300sでは経験の無い事でした。

まあ、D300sはバッテリーパックを付けているし、D500はフル充電ではありませんでしたから、今日の事だけでは何とも言えません。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/640-1/3200秒 ISO320-800 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 1月 2日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

オオタカ来る!

オオタカ

1月2日。

此処で待っている本当の狙いはオオタカでした。

去年の暮に、オオタカがオオバンを狙っている姿を見掛けたので、此処で待てば再びあのシーンに出会えるかもしれないと、期待したからです。

あんなシーンは滅多に見られるものではないし、もう一度あの様なシーンを見たければ、此処で待つのが一番可能性が高いだろうと思ったからです。

待てど暮らせど、オオタカはさっぱり姿を見せてくれず、入れ替わりで訪れる友人と話をしたり、サギなどを撮って過ごしている時、ようやくオオタカが飛んで来てくれました。

気付いた時には目の前を過ぎ、後ろ姿になってしまいました。

Dsc_8069

逃げ惑うオオバン達の上空もそのまま通り過ぎ、

Dsc_8073

そのまま通り過ぎてしまうのか

Dsc_8440

Dsc_8448

Dsc_8449

意外や、割と近い所(40~50m位)に止まってくれました。

Dsc_8094

池のオオバン達は私ともう一人のカメラマンの間に入って丸く固まっています。

オオバンの群れを挟んで、二人のカメラマンとオオタカがにらみ合いです。

オオタカがこの距離で止まっていると思うと、こちらも目が離せません。

さて、ここからが長いのです。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/3200-1/5000秒 ISO200-400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 1月 2日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 0002船越公園の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト

birds counter

  • カウンター

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • シギ・チドリ観察のお供に
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。

お天気

無料ブログはココログ