人気ブログランキング

カテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お天気

birds counter

407 ハヤブサ

アッと言う間

ハヤブサ

アオバトを恐怖に陥れたのは

ハヤブサ

この時も気付くのが遅れたし、ハヤブサも狩りに失敗。

Asc_0561

写真的なチャンスはありませんでした。

Asc_0562

此処によく現れる個体はまだ若く、羽がボロボロに見えます。

Asc_0563

大人の羽に変わろうとしている様です。

アッと言う間に飛び去りました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/2500秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 7月17日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

速き翼

ハヤブサ

アオバトが開けた海岸に出て来ると、それを狙ってハヤブサが飛んで来ます。

Asc_0357

こちらもアオバトに夢中になっているので、ハヤブサの出現に気付くのが遅れます。

Asc_0358

目の前でアオバトを狙ってターン。

Asc_0359

それでハヤブサに気付きますが、時既に遅し。

Asc_0361

ハヤブサが狩りに成功すればチャンスも有るでしょうが、

Asc_0362

この時はハヤブサも狩りに失敗。

こちらも遠ざかる姿を捉えるのが精一杯となりました。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/2500-1/4000秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 6月10日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

車の中から

ハヤブサ

田んぼの畔に止まるハヤブサ若。

Dsc_3574

飛び立つのをジッと待っていたが、チョット目を離したらもう飛んでいた。

近くに降りたタゲリを狙った様だが、これは失敗。

Dsc_3779

そのまま遠くに行ってしまうだろうと思っていたら、Uターンして元の場所に戻って来た。

Dsc_3808

まさか戻ってくるとは思っていなかったし、車の中から手持ち撮影をしていたので、戻って来る頃には機材を支えている腕も、体のよじれも限界。

Dsc_3812

手ブレ補正も、オートフォーカスも付いていない昔の重たいレンズだから、ここまでが精一杯。

Dsc_3903

ハヤブサも、車の中でもがく私を不思議そうに眺めているようでした。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/1000-1/1250秒 ISO400 トリミング 車内から手持ち 11月27日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

不意打ち

ハヤブサ

アオバト撮影ポイントは日当たりが良いのは当然ですが、午前中は海側にレンズを向けると逆光になってしまうのが残念なところ。

Dsc_8240

そこで山側を飛ぶ数少ないチャンスを狙っているのですが、山側には人家や電線などが有ってそれを避けながら撮るのはすこぶる大変です。

Dsc_8258

ハヤブサが出る少し前、アオバトが山側を飛んでくれたので、それを追っていると、海側から猛烈なスピードでアオバトの群れが飛んで来ました。

Dsc_8291

これは何か出た!と思い後ろを振り向くと、やはりハヤブサが飛んでいます。

Dsc_8314

慌ててレンズを海側へ回して、自分も体を半回転。

Dsc_8333

逆光耐性も、最近のレンズに比べたらかなり劣る時代遅れのレンズなので、ほとんど画像が滲んでしまい、最悪の出来ですが、鳥が他に撮れない時のハヤブサなので、ご勘弁下さい。

Dsc_8335

尚、この時ハヤブサは本気でハンティングをしたのか、アオバトに突っ込む瞬間を見逃しているので何とも言えませんが、アオバトを捕えていない割には、その後かなりのんびりと旋回しながら飛び去って行きました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 8月7日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

ピンチヒッター

ハヤブサ

アオバズクがまだまだ続きそうなので、突然ですが、ハヤブサです。

Dsc_0913

意味は有りません。

Dsc_0914

登場のチャンスを逃して、そのままになっていた物です。

Dsc_0915

この時、このハヤブサはカモを追っていたと思いますが、

Dsc_0916

カモメにジャマをされ、攻撃目標をカモからカモメに変え、

Dsc_0938

一羽のカモメを執拗に追い回していました。

Dsc_0941

その時、これに似たカットを何枚も撮っていたので、使えずに残ったのです。

Dsc_0948

その時アップした写真とそっくりですが、昨日(23日)の写真が整理出来ていないので、急遽登場となりました。

そして、

サンコウチョウ

Dsc_1995

23日もアオバズクしか撮れていないのですが… coldsweats01

ハヤブサ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2015年11月29日 静岡市

サンコウチョウ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/160秒 ISO800 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 6月26日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

今年もよろしく

お願いいたします

去年は年末に不幸な事がありましたが、気分一新fuji

まずは例年通りの『一富士二鷹』で、富士山。

P1090865

これは11月29日にコンデジで、県東部で撮影した物です。

ハヤブサ

Dsc_0161

『ハヤブサはタカの仲間じゃないよ』と言う声が聞こえて来そうですね。

ハヤブサは今の分類ではタカ目の仲間ではありません。
新年早々お手付きですsweat02

ハイタカ

Dsc_0048_2

オオタカ

Dsc_0271

みんな12月26日に撮った物です。

事故が起こる直前に撮ったのが以下の写真でした。

この日一緒に撮影を同行していたAさんが、飛んでいるオオタカを見付けてくれました。

しかも、ペアの様です。

Dsc_0232

一羽が飛んで来ても嬉しいのに、2羽が絡み合って飛んでいます。

Dsc_0233

青空の中を飛ぶ2羽のオオタカの姿には胸が躍りました。

Dsc_0236

ピントをどちらに合わせ、フレームはどちらを中心に狙うか。

迷いに迷い、ワクワク、ドキドキheart02

Dsc_0268

あの事故はこの数分後に起きました。

600mmF4が事故前に残してくれた最後の写真たちです。

12月30、31日に少しテスト撮影してみました。

以前も、如何にもデジタルと言わんばかりの、針金を並べた様なカリカリの羽の『解像』は好きになれない(実は、そんな技術も機材力も無い)ので、開放ばかりを使っていましたが、よりフワッとした感じで、鳥の羽毛の柔らかな感じ(実はピンボケ+ブレブレ)が出た様な気もしますcoldsweats01

まあ、もうしばらくは相棒として付き合ってもらえそうですwink

今年も頑張りますup

よろしくお願いいたします。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/3200秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2015年12月26日 静岡市・麻機遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

ハヤブサ

ハヤブサ

この日は午前中は大変に良いお天気。

ところが午後になると雲が出て来て、このハヤブサを撮る頃になると、ドン曇りななってしまいました。

Dsc_0944

ハヤブサのバックは空では無く、遠くの山なので白くないだけ良いですが、このところ飛翔を撮る時には何故か曇りになってしまいます。

Dsc_0945

これらの写真から見ても、ハヤブサの砂嚢は膨らんでいて、ウミネコを捕える為に追い掛けていたとは思われませんでした。

Dsc_0946

面白半分で追い掛けていたにしても執拗でしたね。

Dsc_0947

上下に高度を激しく変え、急旋回を繰り返し、ウミネコを追い回していました。

Dsc_0935

ウミネコが画面に入って来る事は少なく、昨日の画像くらいです。

Dsc_0917

ハヤブサとウミネコならやっぱりハヤブサを追いますからね。

Dsc_0918

伊豆の連山をバックに急降下するハヤブサ。

Dsc_0988

肉眼ではもはや見えず、レンズで追うのも大変な所まで2羽は行ってしまいました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800-1/1000秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 11月29日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

追跡

ハヤブサウミネコ

それは突然襲って来ました。

川の上を低空で飛んで来る灰色の物体。

下の写真でも何処に何が飛んでいるのかすぐには分からないと思います。

Dsc_0885

飛んで来た者はハヤブサ。

狙いは河原で休んでいたウミネコ。

Dsc_0888

ハヤブサの襲来に慌てて飛び立つウミネコ。

Dsc_0889

逃げるウミネコをいたぶる様に追うハヤブサ。

Dsc_0902

ハヤブサはウミネコの周りを飛ぶだけで襲う感じはありません。

Dsc_0903

それは最初から二番目の写真でも分かります。かなり手前で羽を広げてブレーキをかけています。

Dsc_0904

ウミネコを襲うつもりなら、あんなに手前からブレーキを掛けるはずがありません。

Dsc_0905

ウミネコに逃げる時間を与え、逃げるのを追うのが目的の様です。

Dsc_0906

回りには他にもウミネコやらカモやら、鳥は色々居るのに、ハヤブサはこのウミネコだけを執拗に追い掛けます。

Dsc_0908

獲物を横取りされたのを恨んで、それの仕返しでしょうか?

Dsc_0993

何処までも、何処までも追い掛け、時々アタックする素振りを見せてウミネコを脅しています。

Dsc_1004

追跡は河口から海上へ移動して行きました。

Dsc_1042

ここまでハヤブサを怒らせたウミネコは一体何をやらかしたのでしょうか。

Dsc_1066

執拗な追跡は駿河湾へ出ても続いていました。

最初の写真から最後の写真までの撮影時間は2分17秒程でしたが、10分にも20分にも感じられる長い時間でした。

こちらもここで追うのに疲れました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800-1/1000秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 11月29日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

飛ぶ鳥を狙う

アオバト

ハヤブサのハンティングシーンを撮った日は9月19日。

Dsc_0859

この日は清水港に豪華客船「飛鳥Ⅱ」が寄港した日。

そんな事は全く知りませんでしたが、沖を行く白い大きな船には気が付いて、レンズを向けました。距離が有るので陽炎でゆらゆらです。

Dsc_1025

この船をバックに入れてアオバトを入れてみました。

Dsc_0795

どちらも中途半端な写真になってしまいました。

Dsc_1088

ここから下はシグマのズームに変えてからです。

Dsc_1281

台風の影響か、波も少しありました。

Dsc_1473

ハヤブサが出た後はアオバトが出て来なくなり、頭の上を飛ぶ群れを思い描いた様に捉える事は出来ませんでした。

Dsc_1522

アオバトを捕えたハヤブサはそのまま一直線に飛んで行ってしまいました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4(上4枚) シグマ135-400mmF4.5-5.6(下3枚) 絞りF4-8 1/1600-1/5000秒 ISO200-400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 シグマは手持ち 9月19日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

鬼のハヤブサ

ハヤブサ

アオバト撮影中、海水を飲み終わってこちらに向かって飛んで来る群れを捉えようと、レンズを手持ちのズームに変えて、群れの飛来を待ちました。

この時飛んで来たのは5~6羽と数が少ない。

どうしようか迷っている時、こちらに飛んで来たアオバトが突然スピードを上げ、左右に散開

これはハヤブサでも出たかと思った瞬間、頭の後ろを掠める様に飛んで来た鳥が真正面から来たアオバトに突っ込んだ

『バシッ!』とスゴイ音がしたimpact

ハヤブサがアオバトにアタックした。

しかも私の目の前。

普通なら目で見たままで、あっけにとられて終わっていただろうが、この時は偶然手持ちのレンズ。

自分でも驚くほど素早く反応してレンズを向けた。

アオバトの群れを捉えようとしていたので、200mm位にセットしてあったのも良かった。

ハヤブサはすぐにファインダーに捉えられた。

AFが当てにならない古いレンズなのでマニアルにしてあったのもこの際は良かった。

ピントを合わせ、シャッターを切る。

Dsc_1511

こちらから突っ込んで、アオバトにアタックして、アオバトを一旦海に落とすと思っていた。
(上のカットが反応して最初のカットですが、ハヤブサはもうこちらを向いています)

Dsc_1512

シャッターを押している時にはそれが分からない、下に落ちたであろうアオバトは後で狙えるから、とりあえずハヤブサを追う。

アオバトが海上に落ちていれば、それを取り戻しに来るハヤブサを今度はじっくり狙えると思いながらハヤブサを追う。

Dsc_1514

ところがハヤブサはそのまま遥か東に飛び去ってしまった。

海上にはアオバトも落ちていない。

上の写真の様な状況になっていたとは、後で画像確認をして分かった事です。

画像確認で分かった事はその他にも、この瞬間10カット程だけがこのレンズで撮った物の中で偶然ピントが何とか合っていて、その他のカットは全くボケボケだったこと。

尊敬する写真家 土門拳が、実力以上の写真を『鬼の撮った写真』と褒め言葉で使っていたと思いますが、今回の写真はまさにそんな感じでした。

ニコンD300s シグマ135-400mmF4.5-5.6 APO DG(190mmで使用) 絞りF8 1/1600秒 ISO400 トリミング 手持ち 9月19日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 | 0002船越公園の野鳥 | 005 キジ | 008 ヒシクイ | 010 マガン | 016 コクガン | 017 コブハクチョウ | 019 オオハクチョウ | 019 コハクチョウ | 021 ツクシガモ | 024 オシドリ | 026 オカヨシガモ | 027 ヨシガモ | 028 ヒドリガモ | 030 マガモ | 032 カルガモ | 034 ハシビロガモ | 035 オナガガモ | 036 シマアジ | 037 トモエガモ | 038 コガモ | 040 オオホシハジロ | 042 ホシハジロ | 046 キンクロハジロ | 047 スズガモ | 051 シノリガモ | 053 ビロードキンクロ | 054 クロガモ | 057 ホオジロガモ | 058 ミコアイサ | 059 カワアイサ | 060 ウミアイサ | 062 カイツブリ | 063 アカエリカイツブリ | 064 カンムリカイツブリ | 066 ハジロカイツブリ | 074 キジバト | 078 アオバト | 082 オオハム | 083 シロエリオオハム | 119コウノトリ | 125 ヒメウ | 127 カワウ | 128 ウミウ | 132 サンカノゴイ | 133 ヨシゴイ | 137 ミゾゴイ | 139 ゴイサギ | 141 ササゴイ | 142 アカガシラサギ | 143 アマサギ | 144 アオサギ | 145 ムラサキサギ | 146 ダイサギ | 146 チュウサギ | 148 コサギ | 149 クロサギ | 154 クロツラヘラサギ | 156 カナダヅル | 160 ナベヅル | 166 クイナ | 168 ヒクイナ | 174 バン | 175 オオバン | 185 ホトトギス | 187 ツツドリ | 188 カッコウ | 189 ヨタカ | 191 ハリオアマツバメ | 192 アマツバメ | 193 ヒメアマツバメ | 194 タゲリ | 195 ケリ | 197 ムナグロ | 199 ダイゼン | 202 イカルチドリ | 203 コチドリ | 204 シロチドリ | 205 メダイチドリ | 206 オオメダイチドリ | 209 ミヤコドリ | 210 セイタカシギ | 212 ヤマシギ | 215 アオシギ | 219 タシギ | 221 オオハシシギ | 223 オグロシギ | 225 オオソリハシシギ | 227 チュウシャクシギ | 230 ダイシャクシギ | 231 ホウロクシギ | 232 ツルシギ | 233 アカアシシギ | 234 コアオアシシギ | 235 アオアシシギ | 239 クサシギ | 240 タカブシギ | 241 キアシシギ | 243 ソリハシシギ | 244 イソシギ | 246 キョウジョシギ | 247 オバシギ | 248 コオバシギ | 249 ミユビシギ | 251 トウネン | 253 オジロトウネン | 254 ヒバリシギ | 257 アメリカウズラシギ | 259 サルハマシギ | 261 ハマシギ | 263 ヘラシギ | 264 キリアイ | 266 エリマキシギ | 268 アカエリヒレアシシギ | 270 レンカク | 271 タマシギ | 273 ツバメチドリ | 278 ミツユビカモメ | 286 ユリカモメ | 293 ウミネコ | 294 カモメ | 299 セグロカモメ | 305 オオアジサシ | 307 コアジサシ | 314 アジサシ | 316 クロハラアジサシ | 317 ハジロクロハラアジサシ | 324 ハシブトウミガラス | 328 ケイマフリ | 330 ウミスズメ | 339 ミサゴ | 340 ハチクマ | 342 トビ | 345 オオワシ | 349 チュウヒ | 350 ハイイロチュウヒ | 354 ツミ | 355 ハイタカ | 356 オオタカ | 357 サシバ | 358 ノスリ | 360 ケアシノスリ | 364 クマタカ | 372 フクロウ | 374 アオバズク | 376 コミミズク | 377 ヤツガシラ | 378 アカショウビン | 383 カワセミ | 385 ヤマセミ | 388 アリスイ | 390 コゲラ | 393 アカゲラ | 397 アオゲラ | 401 チョウゲンボウ | 403 コチョウゲンボウ | 404 チゴハヤブサ | 407 ハヤブサ | 412 サンショウクイ | 413 コウライウグイス | 418 サンコウチョウ | 420 モズ | 421-1 アカモズ | 421-2 シマアカモズ | 427 カケス | 429 オナガ | 430 カササギ | 433 コクマルガラス | 435 ハシボソガラス | 436 ハシブトガラス | 438 キクイタダキ | 439 ツリスガラ | 441 コガラ | 442 ヤマガラ | 443 ヒガラ | 445 シジュウカラ | 452 ヒバリ | 457 ツバメ | 459 コシアカツバメ | 461 イワツバメ | 463 ヒヨドリ | 464 ウグイス | 465 ヤブサメ | 466 エナガ | 477 メボソムシクイ | 479 エゾムシクイ | 480 センダイムシクイ | 485 メジロ | 492 オオヨシキリ | 493 コヨシキリ | 499 セッカ | 500 キレンジャク | 501 ヒレンジャク | 502 ゴジュウカラ | 504 ミソサザイ | 505 ギンムクドリ | 506 ムクドリ | 508 コムクドリ | 511 ホシムクドリ | 512 カワガラス | 513 マミジロ | 514 トラツグミ | 518 クロツグミ | 520 マミチャジナイ | 521 シロハラ | 522 アカハラ | 525 ツグミ | 530 コマドリ | 533 ノゴマ | 534 コルリ | 536 ルリビタキ | 540 ジョウビタキ | 542 ノビタキ | 549 イソヒヨドリ | 552 エゾビタキ | 554 コサメビタキ | 558 キビタキ | 560 オジロビタキ | 561 オオルリ | 566 カヤクグリ | 568 ニュウナイスズメ | 569 スズメ | 573 キセキレイ | 574 ハクセキレイ | 575 セグロセキレイ | 580 ビンズイ | 584 タヒバリ | 586 アトリ | 587 カワラヒワ | 588 マヒワ | 592 ベニマシコ | 595 オオマシコ | 599 ウソ | 600 シメ | 602 イカル | 609 シラガホオジロ | 610 ホオジロ | 614 ホオアカ | 615 コホオアカ | 617 カシラダカ | 618 ミヤマホオジロ | 623 ノジコ | 624 アオジ | 625 クロジ | 627 コジュリン | 628 オオジュリン | 633 サバンナシトド | 800 種不明 | 900 雑種 | 901 アヒル | 902 ドバト | 903 コジュケイ | 910 ソウシチョウ | 911 ガビチョウ | お知らせ | かわせみフォトクラブ | アンデスの風 | トリとめの無い話 | 動物 | 動物園 | 夜景・花火 | 探鳥会 《報告》 | 日記・コラム・つぶやき | 植物 | | 虫(チョウ) | 虫(トンボ) |

フォト

ランキング

静岡バードウオッチング

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。

kaimono

  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 新しくなって、良くなった
  • タムロンの新ズーム
  • 鳥の事楽しく知ろう
  • カモの観察、識別に
  • ニコンの鳥撮りズーム
  • 「かわせみ」愛用のフィールド図鑑 鳥類リスト第7版準拠リニューアル
  • 野鳥撮影に
  • 探鳥のお供に 水辺の鳥と
  • バードウオッチング入門者に
  • 新しくなりました!写真図鑑1冊ならこれ
  • お買い物はここから
無料ブログはココログ