カテゴリー

204 シロチドリ

今日の河口

本日2本目のアップ

シロチドリハマシギ

お天気が良いので河口へ行って見ました。

Dsc_5151

シギの群れが飛んでいました。

Dsc_5350_20191105150301

近くへ降りたのでゆっくり近づいてみました。

Dsc_5241_20191105150301

シロチドリとハマシギでした。

Dsc_5230_20191105150301

飛んでいた時の写真を後で数えてみると、シロチドリ10、ハマシギ5でした。

Dsc_5467

私が鳥の写真を始めたばかりの頃(40年位前)にはハマシギだけで100羽以上の群れが普通に飛んでいたのですが、最近此処でそんな大きな群れは見られないですね。

ボール状になって飛ぶ群れが、一斉に向きを変える光景は感動的でした。

その頃はまだ白黒のフイルムを使って撮っていて、普通に見られていたのでフイルムが惜しくてレンズを向ける事もありませんでした。

今普通に見られるからと言って目の前のチャンスを撮らないでいるのは後になって後悔する事になるかもしれません。

今はデジタルで惜しげなくシャッターが切れます。保管だってフイルムの様に場所をとりません。

いつもの事ですが、撮れる時に撮っておきましょう。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2000-1/3200秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり)2019年11月5日 静岡市

本日2本目のアップ

伝わらない

シロチドリ

シロチドリは可愛くて好きなチドリですが、こちらの気持ちは伝わらない様で、

Dsc_0512  

Dsc_0514

Dsc_0516 Dsc_7924

Dsc_7925

Dsc_7927

Dsc_7932

Dsc_7933_20190913165301

Dsc_7939

もう少し近くへ来てくれないかな~ と言う所で飛ばれてしまいます。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6(MF) 絞りF5.6-8 1/2000-1/3200秒 ISO400 トリミング 三脚:スリック 雲台:マンフロット502 2019年9月7日と8日 静岡市

iroiro

本日2本目のアップです。

折角の連休もお天気がハッキリしませんね。

私は連休関係無しの毎日サンデーの仲間入りをしているのですが、やっぱり世間様がお休みをしていると何となく落ち着いていられます。

で、今日は何処にも出られないので、家で本などを読んでいたのですが、写真がたまって来ているので本日2本目の記事を書く事にしました。

昨日(28日)撮ったチドリ類をまとめてみました。

キョウジョシギ

キョウジョシギ67

ムナグロ

ムナグロ46

シロチドリ

シロチドリ57

メダイチドリ

メダイチドリ104

メダイチドリ105

チュウシャクシギの時と同じ様に陽炎ユラユラでうまく行きません。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2500-1/3200秒 ISO400 トリミング 2019年4月28日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気アップになります

渚にて

シギチ色々

ミユビシギ

Dsc_0956

トウネンミユビシギ

Dsc_7397

ダイゼン

Dsc_7476

メダイチドリ

Dsc_7981

シロチドリ

Dsc_0809

タイトルにした『渚にて』は子供の頃にテレビ放映で見た映画(スタンリー・クレイマー監督、グレゴリー・ペック主演 1957年)のタイトルから流用しました。
核戦争による人類の最後を描いた作品でしたが、子供心にも感動してそのタイトルが記憶に残りました。その後原作(ネヴィル・シュート著 1957年)が有る事を知り、わくわくしながら読みました。そのタイトルの優しいイメージと、人類の最後と言うイメージのちぐはぐさが逆に強く記憶に残りました。

今回の写真にそんな深い意味は無く、タイトルそのままです

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6-8 1/1600-1/2500秒 ISO20-400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 8月26日から9月10日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

最後の仕上げ

シロチドリ

一時期此処ではほとんど姿が見られなかったシロチドリですが、最近では繁殖もしている様で、嬉しい状況です。

Dsc_1838

ただし、シロチドリの個体数がそんなに増えているとは思えません。

Dsc_1845

水浴びをしていました。

Dsc_1846

水浴びの最後には羽ばたいてジャンプする事が多いのでそれを狙います。

Dsc_1847

シロチドリは静岡県の絶滅危惧種に指定されています。

ニコンD300S Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/800秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 5月26日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

混群

群飛

土日に雨が続きます。

Dsc_6147

シロチドリを中心とした混群。ハマシギとメダイチドリの姿も見られます。

木曜日にお休みをいただきました。

Dsc_6151

首の後ろまで白い線が回って見えるのがシロチドリ。白く見えないのがメダイチドリ(中央の2羽)。クチバシが長いのがハマシギ(後ろの方に3羽)。

お天気は良かったのですが、思ったほどの鳥との出会いはありませんでした。

Dsc_6171

シロチドリとハマシギ。

最後に回った大きな川の河口でシギチドリの群飛に出会いました。

Dsc_6219

此処はハマシギの群れ。

Dsc_6134

群飛と言っても、二つの群れを合わせて100羽前後の群れでした。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF5.6 1/2500-1/3200秒 ISO400 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年10月26日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

浜辺のかわいい子

シロチドリ

波と戯れる様に、波打ち際を忙しく走り回るシロチドリ。

Dsc_6859

チョコチョコ走ったかと思えば、急ブレーキ

Dsc_6998

上が気になるのか、首をかしげて上を見る。

Dsc_7224

そしてまた走り出す。

Dsc_7439

その速さは、空を飛んでいる鳥を追うのと同じ感覚。

Dsc_7438

突然の停止に対応するのも難しい。

Dsc_7023

すばしっこくって、可愛い、浜辺のモデルさんだ。

コンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞りF8 1/2500秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 9月10日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

シロチドリ

シロチドリ

土手通りから海岸へ出てみました。

こんな道は地元の人の案内が無ければ、一人ではとても分からない道でした。

シロチドリが波打ち際近くで休んでいました。遠くの者にはすぐ気付いたのに、近くに居る子には気付かず、不用意に近付いてしまいました。

Dsc_10113

一羽見つかると、次々と姿が見えて来ます。

Dsc_10142

向こうもこちらに見つけられたのが分かり、ちょこまか海の方へ歩いていきます。

Dsc_10135

波打ち際まで行き、どうしようかなと話し合っている様でしたが、その内一羽が飛び立つと、その他の鳥まで次々と飛び立ってしまいました。

Dsc_10154

後ろを向くとまだ近くに残っている子がいました。可愛いですね。

Dsc_10115

折角休んでいた所を邪魔されて文句を言いたげにも見えました。ごめんなさい。

Dsc_10119

色々と案内して頂いたおかげで、他にも鳥に出会う事が出来ました。

ありがとうございました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/3200秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 8月16日 静岡県外

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

踊るが如く

シロチドリ

泥に足をとられて思う様に歩けない様で、泥の上を踊る様に跳ね回って、エサを追い掛けていました。

Dsc_8690

Dsc_8692

Dsc_8693

Dsc_8694

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 9月21日 静岡県 

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

一人っ子

シロチドリ

日陰の無い河原はもう焼ける様な暑さです。

陽炎立つ河原で元気に走り回る鳥が居ました。

シロチドリです。

Dsc_4528

しばらくシロチドリの動きを追っていると、近くで動くさらに小さな白いモノが目に留まりました。

シロチドリのヒナでした。

Dsc_4560

ヒナが居ると言う事で、こちらは動く事を止め、しばらくヒナの動きを追い、他にヒナが居ないか注意して観察を続けました。

Dsc_4565

不用意に動くと、しゃがみ込んで動かずにいるヒナを踏んでしまう危険があるからです。

いくら見ていても、その他にヒナは居ない様です。

Dsc_4574

最初からヒナが一羽とは思えません。ここはカラスも多いし、人や車の出入りもある所ですから、他の兄弟は何らかの事故に遭ったのかもしれません。

残った一羽のヒナを親鳥は大切に見守っていました。

Dsc_4617

あまり長時間レンズで追うのもかわいそうなので、ヒナの無事な成長を祈りながら、早々に引き揚げました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1000-1/2500秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 6月15日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 0002船越公園の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい
無料ブログはココログ