カテゴリー

205 メダイチドリ

此処でクイズです

本日二本目

シギ・チドリ

河口では今、数は少ないですが、シギチドリが飛んでいます。

Dsc_7728

目の悪い私にはこれを見つける事が大変。

Dsc_7732_20200921165801

見付けた時にはもう目の前を行き過ぎてしまう。

Dsc_7735

上の写真3枚には2種類のチドリが写っています。(そのはず)

首の後ろに白い襟が見えるのがシロチドリ。その他はメダイチドリです。

さて、ここで問題(連休の暇つぶし)です。

意地悪の様な写真ですが、腕の問題で、写りが悪い上に見にくい写真ですが、10羽(4種)のシギ・チドリが写っています。

あなたにはどれがどれだかわかりますか?

Dsc_8075a

僕(トウネン)も何処かに居るみたいです。

Dsc_10000_20200921165801

答えは

④がシロチドリ、⑤がミユビシギ、⑩がトウネン。その他はメダイチドリでした。

私にはこの前後の画像を見る特権があるので、分かるだけです。

 

写真撮影データ:ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/800-1/2000秒 ISO400 WB(晴天)トリミング 2020年9月5日と19日 静岡市

8月14日 渚にて

シギチ色々

岩場にシギチが何種類かいた。

手前から、メダイチドリ、ミユビシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、ダイゼンの姿が見える。

Dsc_2402_20200812210001

ダイゼン

この時は一羽だけで、近くへ来る事は無かった。

Dsc_2299

キアシシギ

キアシシギ、この時は7~8羽いた。他にメダイチドリ、キョウジョシギの背中などが見える。

Dsc_2351

トウネンメダイチドリミユビシギ

撮っている時にはメダイチドリばかりを見ていたので手前にトウネンが居るのは、家に帰ってから画像を確認していて気が付いた。

Dsc_2449

ミユビシギメダイチドリ

Dsc_2544

ミユビシギ

此処では最もよく見られるシギ。それでも30羽以上の群れは見た事が無い。

Dsc_2438

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(290-400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月10日 静岡県

難題

メダイチドリ

シギ・チドリ類は種類が多く識別も難しいのですが、ブログを書くとなると、

Dsc_7801

カモ類などと同じで、これと言った動きも少ないので、記事にするのに苦労する。

Dsc_7839

記事と同時にタイトルにも苦労する。

Dsc_7905

種名をタイトルにするのが簡単だが、今年になってから種名をタイトルにするのを止めている。

Dsc_8343

写真とあまりにもかけ離れてもいけないし、困っている。

多分こちらが考える程見て下さる側はそんなに気にしてないとは思うのですがね。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/2000-1/2500秒 ISO400 トリミング 2019年8月18日 静岡県

並んで分かる

オオメダイチドリ

オオメダイなんてそんなに居るものではないと思っているから、

Dsc_7766

この時もメダイチドリが飛んで来たとしか思わなかった。

Dsc_7842

隣で撮っていたRINOさんが『これ、オオメじゃない』と、気が付いた。

Dsc_7854

この時はオオメとメダイが一羽づつ近くへ来てくれたのも良かった。

Dsc_7856

気が付けば確かにクチバシが大きい。足の長さは並んでくれないと私には分からない。

Dsc_8028

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF7.1-8 1/2000-1/2500秒 ISO400 トリミング 2019年8月18日 静岡県

オオメ、コメ

オオメダイチドリメダイチドリ

オオメダイチドリとメダイチドリの違いはこのブログでも何度かやっていますが、なかなか難しいですね。

まずややそっぽを向いた下の写真。

Dsc_7786

こちらを向いたこの子はどちら?

Dsc_7845

さて、横を向くと立派なクチバシが見えました。

Dsc_7861

こちらは横を向いてもカワイイクチバシ。

Dsc_7779

走り出しても頑丈そうなクチバシ

Dsc_7868

下は並んでくれました。

Dsc_7991

並べば体の大きさ、クチバシの大きさ、足の長さの違いがよく分かります。

Dsc_8025

※写真にカーソルを乗せると種類名が出ます。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF7.1-8 1/2000-1/2500秒 ISO400 トリミング 2019年8月18日 静岡県

iroiro

本日2本目のアップです。

折角の連休もお天気がハッキリしませんね。

私は連休関係無しの毎日サンデーの仲間入りをしているのですが、やっぱり世間様がお休みをしていると何となく落ち着いていられます。

で、今日は何処にも出られないので、家で本などを読んでいたのですが、写真がたまって来ているので本日2本目の記事を書く事にしました。

昨日(28日)撮ったチドリ類をまとめてみました。

キョウジョシギ

キョウジョシギ67

ムナグロ

ムナグロ46

シロチドリ

シロチドリ57

メダイチドリ

メダイチドリ104

メダイチドリ105

チュウシャクシギの時と同じ様に陽炎ユラユラでうまく行きません。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2500-1/3200秒 ISO400 トリミング 2019年4月28日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気アップになります

人が居なくても

メダイチドリ

平日の海は人けが無くて、寂しい。

メダイチドリ、シロチドリ、ミユビシギが遠くに少しいるだけ。

メダイチドリ99

近付いて行くとかなり遠くから警戒されて、遠くへ飛ばれてしまう。

メダイチドリ100

人の多い休日なら、何処へ行っても人が居て、鳥も逃げ場が無いから、待っていれば近くへ飛んで来る事もある。

メダイチドリ101

私以外に人が居なければ、私だけを避ければ良い訳で、いくら待っても近くへ来てくれない。

メダイチドリ102

仕方ないから、こちらからまた近づいて行く。

メダイチドリ103

こんな事を2~3回繰り返して、諦めました。

ニコンD300s タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF7.1-8 1/2500秒 ISO400 トリミング 2019年4月16日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。元に戻るにはパソコン画面上方に出た「タブ」=「見出しの様な物」の×をクリックして下さい)

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします。ランキング画面になりますが、その表の中の「かわせみのひとりごと」をクリックしていただければ元のブログ画面に戻ります。


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気アップになります

渚にて

シギチ色々

ミユビシギ

Dsc_0956

トウネンミユビシギ

Dsc_7397

ダイゼン

Dsc_7476

メダイチドリ

Dsc_7981

シロチドリ

Dsc_0809

タイトルにした『渚にて』は子供の頃にテレビ放映で見た映画(スタンリー・クレイマー監督、グレゴリー・ペック主演 1957年)のタイトルから流用しました。
核戦争による人類の最後を描いた作品でしたが、子供心にも感動してそのタイトルが記憶に残りました。その後原作(ネヴィル・シュート著 1957年)が有る事を知り、わくわくしながら読みました。そのタイトルの優しいイメージと、人類の最後と言うイメージのちぐはぐさが逆に強く記憶に残りました。

今回の写真にそんな深い意味は無く、タイトルそのままです

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6-8 1/1600-1/2500秒 ISO20-400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 8月26日から9月10日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

風に向かって

メダイチドリ

砂でジャリジャリしたらシャワーを浴びてさっぱりしたい。

Dsc_7754

磯の潮だまりで水浴びです。

Dsc_7768

水浴びの後には水切りでピョンピョン飛びます。

Dsc_7784

幼鳥は飛び上がると風にあおられてしまいます。

Dsc_7788

成鳥がブルブル

Dsc_7811

幼鳥もブルブル 

Dsc_7841

でも、海水で水浴びした後ベタベタしないのかな?

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/1600秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 8月26日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

砂が飛ぶ

メダイチドリ

堰堤上のメダイチドリ。もうこの時間には堰堤に波が被る事も少なくなります。

Dsc_8155

遠くの鳥ばかりを撮っていたら、意外と近くに鳥が来ていました。

Dsc_7571

まずはメダイチドリの幼鳥。

Dsc_7574

こちら↓は一緒に居た夏羽が残る個体。

Dsc_7637

幼鳥はやっぱり警戒心が薄く、ジッとしていると、どんどん近づいて来ます。

Dsc_7735

シャッター音にけげんな顔をして立ち止まる。

Dsc_7900

此処は風が強い。

地面近くは細かな砂が飛んでいる。

機材を低く構えていると、砂だらけになってしまう。

ニコンD500 Aiニッコール600mmF5.6 絞りF5.6 1/1600-1/2500秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2018年 8月26日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の四角(鳥写真)を“ポチッ”とクリックお願いします


鳥ランキング

得点が上がり、私のやる気になります

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 00001 麻機周辺 地図 00002 麻機の野鳥 リスト 0002船越公園の野鳥 0003 安倍川・丸子川河口周辺の野鳥 004 ヤマドリ 005 キジ 008 ヒシクイ 010 マガン 016 コクガン 017 コブハクチョウ 019 オオハクチョウ 019 コハクチョウ 021 ツクシガモ 024 オシドリ 026 オカヨシガモ 027 ヨシガモ 028 ヒドリガモ 029 アメリカヒドリ 030 マガモ 032 カルガモ 034 ハシビロガモ 035 オナガガモ 036 シマアジ 037 トモエガモ 038 コガモ 040 オオホシハジロ 042 ホシハジロ 044 メジロガモ 046 キンクロハジロ 047 スズガモ 051 シノリガモ 053 ビロードキンクロ 054 クロガモ 057 ホオジロガモ 058 ミコアイサ 059 カワアイサ 060 ウミアイサ 062 カイツブリ 063 アカエリカイツブリ 064 カンムリカイツブリ 066 ハジロカイツブリ 074 キジバト 078 アオバト 082 オオハム 083 シロエリオオハム 119コウノトリ 125 ヒメウ 127 カワウ 128 ウミウ 132 サンカノゴイ 133 ヨシゴイ 137 ミゾゴイ 139 ゴイサギ 141 ササゴイ 142 アカガシラサギ 143 アマサギ 144 アオサギ 145 ムラサキサギ 146 ダイサギ 146 チュウサギ 148 コサギ 149 クロサギ 154 クロツラヘラサギ 156 カナダヅル 160 ナベヅル 166 クイナ 168 ヒクイナ 174 バン 175 オオバン 185 ホトトギス 187 ツツドリ 188 カッコウ 189 ヨタカ 191 ハリオアマツバメ 192 アマツバメ 193 ヒメアマツバメ 194 タゲリ 195 ケリ 197 ムナグロ 199 ダイゼン 202 イカルチドリ 203 コチドリ 204 シロチドリ 205 メダイチドリ 206 オオメダイチドリ 209 ミヤコドリ 210 セイタカシギ 212 ヤマシギ 215 アオシギ 219 タシギ 221 オオハシシギ 223 オグロシギ 225 オオソリハシシギ 227 チュウシャクシギ 230 ダイシャクシギ 231 ホウロクシギ 232 ツルシギ 233 アカアシシギ 234 コアオアシシギ 235 アオアシシギ 239 クサシギ 240 タカブシギ 241 キアシシギ 243 ソリハシシギ 244 イソシギ 246 キョウジョシギ 247 オバシギ 248 コオバシギ 249 ミユビシギ 250 ヒメハマシギ 251 トウネン 252 ヨーロッパトウネン_ 253 オジロトウネン 254 ヒバリシギ 257 アメリカウズラシギ 258 ウズラシギ 259 サルハマシギ 261 ハマシギ 263 ヘラシギ 264 キリアイ 266 エリマキシギ 268 アカエリヒレアシシギ 270 レンカク 271 タマシギ 273 ツバメチドリ 278 ミツユビカモメ 286 ユリカモメ 293 ウミネコ 294 カモメ 299 セグロカモメ 301 オオセグロカモメ 305 オオアジサシ 307 コアジサシ 314 アジサシ 316 クロハラアジサシ 317 ハジロクロハラアジサシ 324 ハシブトウミガラス 328 ケイマフリ 330 ウミスズメ 339 ミサゴ 340 ハチクマ 342 トビ 345 オオワシ 349 チュウヒ 350 ハイイロチュウヒ 354 ツミ 355 ハイタカ 356 オオタカ 357 サシバ 358 ノスリ 360 ケアシノスリ 363 イヌワシ 364 クマタカ 372 フクロウ 374 アオバズク 376 コミミズク 377 ヤツガシラ 378 アカショウビン 383 カワセミ 385 ヤマセミ 388 アリスイ 390 コゲラ 393 アカゲラ 397 アオゲラ 401 チョウゲンボウ 403 コチョウゲンボウ 404 チゴハヤブサ 407 ハヤブサ 412 サンショウクイ 413 コウライウグイス 418 サンコウチョウ 420 モズ 421-1 アカモズ 421-2 シマアカモズ 427 カケス 429 オナガ 430 カササギ 433 コクマルガラス 435 ハシボソガラス 436 ハシブトガラス 438 キクイタダキ 439 ツリスガラ 441 コガラ 442 ヤマガラ 443 ヒガラ 445 シジュウカラ 452 ヒバリ 455 ショウドウツバメ 457 ツバメ 459 コシアカツバメ 461 イワツバメ 463 ヒヨドリ 464 ウグイス 465 ヤブサメ 466 エナガ 477 メボソムシクイ 479 エゾムシクイ 480 センダイムシクイ 485 メジロ 492 オオヨシキリ 493 コヨシキリ 499 セッカ 500 キレンジャク 501 ヒレンジャク 502 ゴジュウカラ 504 ミソサザイ 505 ギンムクドリ 506 ムクドリ 508 コムクドリ 509 カラムクドリ 511 ホシムクドリ 512 カワガラス 513 マミジロ 514 トラツグミ 518 クロツグミ 520 マミチャジナイ 521 シロハラ 522 アカハラ 525 ツグミ 530 コマドリ 533 ノゴマ 534 コルリ 536 ルリビタキ 540 ジョウビタキ 542 ノビタキ 549 イソヒヨドリ 552 エゾビタキ 553 サメビタキ 554 コサメビタキ 558 キビタキ 560 オジロビタキ 561 オオルリ 566 カヤクグリ 568 ニュウナイスズメ 569 スズメ 573 キセキレイ 574 ハクセキレイ 575 セグロセキレイ 580 ビンズイ 584 タヒバリ 586 アトリ 587 カワラヒワ 588 マヒワ 592 ベニマシコ 595 オオマシコ 597 イスカ 599 ウソ 600 シメ 602 イカル 609 シラガホオジロ 610 ホオジロ 614 ホオアカ 615 コホオアカ 617 カシラダカ 618 ミヤマホオジロ 623 ノジコ 624 アオジ 625 クロジ 627 コジュリン 628 オオジュリン 633 サバンナシトド 800 種不明 900 雑種 901 アヒル 902 ドバト 903 コジュケイ 910 ソウシチョウ 911 ガビチョウ お知らせ かわせみフォトクラブ アンデスの風 トリとめの無い話 プラモデル 動物 動物園 夜景・花火 探鳥会 《報告》 日記・コラム・つぶやき 植物 虫(チョウ) 虫(トンボ) 風景

フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • お手軽に鳥撮り
無料ブログはココログ