カテゴリー

« 雨乞い鳥 | トップページ | おワライかわせみ »

炎の鳥

Photo_8 思い出のアカショウビン

アカショウビンに初めて出会ったのは1993年の6月7日でした。場所は安倍川中流部の沢沿いでした。野鳥の会静岡支部の会員がその前日、声を聞いたというので、出かけてみたのです。その時は偶然、私の目の前の谷を横切る姿を上から見る事が出来ました。「赤い鳥」と言うよりも、赤がくすんだようなレンガ色の鳥でした。その日から写真を撮る為の日参が続きました。最初は姿を見た場所辺りを中心にブラインドを張ったのですが、どうも声の方角が違うような気がして、翌日は違う場所にブラインドを張って、試しにブラインドから10m位の沢の中に、そこに転がっていた枯れ木を立てておきました。待つ事数時間。アカショウビンの声がすぐ近くでしました。ブラインドの中では声の方向がよく分かりません。四方に開けてある小さな窓から辺りの様子をうかがうのですが、声は近いのにどうしても姿を見つける事が出来ません。どうやら頭の上の木に止まっているようです。10m先に立てた木に構図を決めて、止まる事を祈りながら待ちます。その時奇跡は起きました。赤い影がまさにその木に止まる為に、木の手前で一瞬ホバリングをしたのです。また震えが来ました。その気配を感じたのか、赤い鳥は木に止まる事をやめて、そのまま対岸の木の根もとの土が崩れて、穴のようになっている中に入ってしまいました。今の出来事は本当だったのだろうか。夢だったのかもしれない。本当の事ならまだあの暗い中にアカショウビンは居るはずだ。距離にしても15m程しかない。こんなに近くにアカショウビンが居ると思うだけで、興奮してくる。あんな所に穴があるなんて、その時初めて気がつきました。暗い中に目が慣れてくると何か動くものが見えてきました。垂れ下がった根の向こう側に赤いくちばしが見えます。また、鳴き声がし始めました。目の前のこいつが鳴いているのだろうか。でも、何か違う。どうやらもう一羽がそばに来て鳴き交わしているらしい。一瞬目を離した時、目の前の鳥が姿を消した。
アカショウビンは枯れた木や、土手や崖に巣を作ると言われている。もしかして、目の前の暗い穴の中に巣でもあったら大変だ。鳥が居ない事を確かめてから、ブラインドを出て、アカショウビンが入った穴を確認してみた。幸いと言うか、この穴の向うは岩で、とても巣を作れるような場所ではありませんでした。たまたま、止まりやすい所に木があったので止まってみようとしたら、怪しい気配を感じて、慌ててそこへ逃げ込んだだけらしい。
しかし、この時の興奮は忘れられません。こんな近距離でアカショウビンの全身を捉えていながら、かんじんな所は全く見せてくれないのですから。
その後、何度か此処の沢でアカショウビンと遭遇していますが、未だに写真を撮らせてくれません。今でもアカショウビンは来ているようです。

これで終わっては申し訳ないので、アカショウビンの全身の写真もお見せします。ただし、これは静岡のアカショウビンではありません。

Photo_9

« 雨乞い鳥 | トップページ | おワライかわせみ »

トリとめの無い話」カテゴリの記事

378 アカショウビン」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん、コメントは、はじめまして。

10年以上前、下川原の知人から「茶色いクチバシの尖った鳥を保護している。」と、ムクドリだろうと見に行ったら、アカショウビンでびっくり。フィールドでも日陰に居ると見た目、「赤い鳥」ではないんですよね。

かわせみさんの画像のような状態で見たいものです。静岡付近では、まだ声しか聞いたことがありません。また、写されましたら綺麗な画像を見せてください。

星月夜さん、コメントでの初登場ありがとうございます。
私が安倍川で探鳥会などを担当している時、星月夜さんのこのアカショウビンの情報で、安倍川河口の鳥類リストに貴重な1種が加わりました。またこの記録で、移動の時には思いがけない所に思いがけない鳥が出る事を、改めて認識させて頂きました。今ではパソコンの事も色々と教えて頂いて、大変に助かっています。これからもよろしくお願い致します。

こんにちは、かわせみさん
初めてメールさせていただきます。
子供の、サッカーコーチが忙しく、なかなかフィールドに立てないでいますが、炎の鳥の話になると、私の心も赤く燃えます。
1993年でしたか、かわせみさんとカメラを構えて待っていると目の前にアカショウビンが現れ、運良く私だけシャッターが切れたのですが、そのときかわせみさんは、私の邪魔をしないようにと微動だにせずにいてくれたことがありましたね。あの時のことを鮮明に思い出しました。

これからも、応援します。がんばってください。

ジョカトーレさん、おはようございます。
そうですね。本当にあの時は興奮しましたね。私が現地に行くと、もうすでにジョカトーレさんがブラインドを張っていて、私もその中に一緒に入れてもらい、並んでアカショウビンを待ちましたね。狙い通りアカショウビンが崖の下の方から暗い林の中を徐々にこちらに向かってくる時には心臓がドキドキしていました。撮影位置まで来た時には、私の所からは手前の木が邪魔をしていて、シャッターが切れませんでした。あそこで私が動いたりしたら逃げてしまうでしょうから、動くに動けなかったのです。隣でシャッターを切るジョカトーレさんを応援するしかなかったのです。あの時のジョカトーレさんの震える感動が私にもはっきり分かりました。
また、あんな感動を味わいたいものですね。
ところで、不勉強で「ジョカトーレ」とは、どんな意味があるのですか?

アカショウビン物語、興味深く読ませていただきました。私にとってはまだまだ幻の鳥ですがいつか出会ってみたいです。ところでNHK 教育で火曜日22:00から中高年のPC講座ブログに挑戦!!がはじまりました。なかなかタメになりますよ。それで得た知識でいろいろいじっておりましたら結構リアルなアカショウビン写真に出会いました。ご参考まで.. http://toritoring.exblog.jp/ 

「ジョカトーレ」の意味ですが、イタリア語でサッカー選手の意味です。今話題のワールドカップに出場している国を代表する選手というより、チームに所属する選手をあらわす時に使われる方が多いと思います。
ちなみに、国を代表する選手の呼び方ブラジル、セレソン  イタリア、アズーリ 日本?
日本は、サポーターがブルーへブンと呼ばれていました。
とてもマナーがよく親切であることから、FIFAからも、表彰されていました。
もう一つおまけで、ががいもさぁ~ねinOKINAWAという、ブログも面白いです。

ファミKさん、ありがとうございます。NHK教育、早速録画予約を入れました。ブログの紹介もありがとうございます。
ジョカトーレさん、名前の説明、ブログの紹介ありがとうございます。
新しい技を覚えたら、また記事の方で紹介させて頂きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 炎の鳥:

« 雨乞い鳥 | トップページ | おワライかわせみ »

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

静岡バードウオッチング

kaimono

  • マンガでバードウォッチング 792円は電子版 紙の本は935円を選んで下さい
  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
無料ブログはココログ