カテゴリー

« オビトンボ | トップページ | 麻機の野鳥 3 »

日本平花火大会

1_2 花火大会の幕開け

7月26日 日本平花火大会に行ってきました。競輪場の駐車場に車を置いてバスで日本平へ。
花火は日本平観光ホテルの芝生広場で打ち上げられ、観客は芝生に寝そべって花火を見ます。頭の上から降って来るような花火は他ではなかなか無い迫力があります。

2_6 3_1

このところ花火を何かの形に見せる“キャラクター”もの(本当は何と言うのか?)が何処でも上がるのですが、これはハッキリ言ってつまらない。子供は喜ぶかもしれないが、今年の日本平はこの種の花火が多くて、私的にはしらけた。やはりもう少し本格的な打ち上げ花火をもっと見たかった。

4_1 今年の花火で私が一番気に入ったのは滝の様な花火が次々に下から上に覆いかぶさる様に打ち上げられた“空中ナイアガラ”(本当は何と言うのか?) しばらく花火大会に行っていなかったので、この作品が今年初かどうかは分かりませんが、なかなか感動的でした。

久々に使ったニコンF5が言う事を聞かず、絞りも、シャッターもいくらダイヤルを回しても思うように動いてくれず、暗い中でイライラしながらの撮影となってしまいました。

帰りは相変わらずの大渋滞で、バスに乗り込むまで1時間半の行列にはうんざり。それでも1年経つとそんな事も忘れてまた行きたくなるんでしょうね。

明日29日は安倍川の花火大会です。今年は桟敷から見られるようなので、楽しみです。ニコンF5は相変わらず言う事を聞きませんが、D70は多重露光が出来ないので、やはりF5をだましだまし使うしかなさそうです。

« オビトンボ | トップページ | 麻機の野鳥 3 »

夜景・花火」カテゴリの記事

コメント

いや~~懐かしいですね~~。日本平の花火大会。実家がふもとなのでベランダから見たものです。(行った事はない)
安部川の花火!!もっと懐かしいです。安倍川橋にも行ったし、川原で見ていたら火の付いた半球体の燃え殻が頭の上に降ってきたり、、、。ド~~~ンという音が体に響くんですよね。こっちに来てから見ないな~。名古屋にもあちこちで花火大会があるのですが 一応都会なので(実は大いなる田舎)人口が多くて、安倍川の花火は「空いている」と、思うくらいなのです。その中へ突入する若さは もうないです、、。
ドンくさい おみそは花火を撮るとタイミングが見事にずれたものしか撮れません。コツがあるのですか?
あと、露出とか、、、、???

おみそさん、花火を撮るのにコツなんて、特にはありません。ただし、私は花火が専門ではないので難しい事は分かりませんし、昔からの人ですので今のカメラのオート撮影では逆に分からない事の方が多いのですが・・・。花火との距離や上がった花火の輝度にもよりますが、あまり難しい事を考えず、とりあえずカメラを三脚に固定して、露出はマニュアルにして、ISO100なら絞りをF8に。シャッタースピードをバルブ(シャッターを押している間開いている)に、無ければなるべく遅いものにして、花火が上がったらファインダーで光跡を追い掛けて、開いた所でシャッターを切る。それで大体写ると思いますが。心配なら絞りを前後に変えてみる。あまり欲張ってたくさんの花火を入れない、など。他にも色々ありますが、とりあえずは花火に向かってシャッターを切ってみる事でしょう。また写真が撮れたら花火に限らず「みんなのアルバム」へ、お願いします。

ていねいなご教授ありがとうございました。
やっぱ、むずかしいんですね。上がって開くタイミングを予想してシャッター、、、だけではダメなんですね。
機会があれば、トライしてみたいと思います

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本平花火大会:

« オビトンボ | トップページ | 麻機の野鳥 3 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ