カテゴリー

« 花火で一杯 | トップページ | 大変な一日 »

麻機の野鳥 4

ペリカン目

ウ科
4 カワウ 
Great Cormorant

0931全  長:80-101cm 
翼開長:130-160cm

麻機遊水地では主に冬に見られ、夏では少ない。
しばらくは増加傾向が見られたが、ここ数年は横ばい
傾向に見られる。
 よく似たウミウとの識別はベテランバーダーでも悩む所で、クチバシの付け根の裸出部の形の違いや背中の微妙な色の違いなどが識別のポイントになりますが、条件が良くないと見極めるのは難しい。その他、住んでいる環境の違いもありますが、決め付ける事は危険。大崩の岩壁に暮らしているウはこれ迄はウミウと思われていましたが、カワウであった事が最近の調査で判明しました。そんな事で、今の所麻機遊水地ではウミウの記録は無い事になっていますが、もしかするとウミウが入る事もあるかもしれません。

写真データ:ニコンF4s ニッコール600mmF4 絞り開放 1/500秒 RDPⅡ 1998. 1.20 平柳の池

__9 夜明けの遊水地

「芝原の池」の野鳥の島に植樹してある木は毎冬多くのカワウがねぐらに使っています。カワウが排出する大量のフンで島の木がまるでペンキで塗ったように真っ白くなってしまいます。
写真は夜明けの太陽とカワウの組合せ狙ってみたのですが、思うように鳥が止まっていなかったり、太陽が出なかったりで、こんな所であきらめました。

写真データ:ニコンF4s ニッコール600mmF4 絞り開放 1/125秒 RDPⅡ 2001. 2. 6 芝原の池

« 花火で一杯 | トップページ | 大変な一日 »

000 麻機の野鳥」カテゴリの記事

127 カワウ」カテゴリの記事

コメント

ネットで、紛らわしい野鳥の見分け方が載っていましたので見ますと、以前藤枝の国道1号線沿いの青池で撮影した、ウが自信はまったくありませんが、どうもウミウのように感じました。でも、こんな所に、ウミウが居るとはおもわれませんので、撮影角度のせいかもしれません。

写真がみつかりましたので、誠に勝手ですが、メールさせていただきますので、見ていただけませんでしょうか。

カワウの話題からはずれて恐縮ですが、井川へ行く途中の富士見峠(1200m)に行きましたところ、アカショウビン+メジロ+カワラヒワ+キビタキ÷4=? という印象の鳥様に出会いました。初見なのでナンダナンダこれはと調べたらソウシチョウでした。
それから林の中でアカハラ様を拝見しましたが、そのうちに嘴が黄色で、全体が白黒まだらの若鳥が出てまいりました。これはアカハラの若様と思ったのですが、webの図鑑にはアカハラ若は嘴が黒いと書いてあるし..う~んわかりません。遠くでクロツグミらしき声もしましたが...写真がなくて申し訳ありませんが教えてください。

ファミKさん、こんばんは。これだけでは私にはさっぱり分かりません。元々幼鳥はどれも似たり寄ったりでよく分かりませんね。図鑑でも幼鳥を詳しく採り上げているものは私の手元にはありませんし、お手上げですね。どなたか分かったら教えて下さい。m(__)m

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻機の野鳥 4:

« 花火で一杯 | トップページ | 大変な一日 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
無料ブログはココログ