カテゴリー

« あこがれ | トップページ | 残暑厳しい遊水地 »

鳥より氷

シギ・チドリの出ない探鳥会

今日の「田尻探鳥会」は暑い中ご苦労様でした。
これで、お目当ての鳥が出てくれれば暑さも忘れるのですが・・・
これ程までにシギ・チドリの出ない探鳥会もかつて経験した事がありませんでしたが、申し訳ありませんでした。

探鳥会の後で、皆さんと一緒に食べたかき氷が本当においしかった。生き返るような感じでした。

015 セイタカシギ

今日、皆さんに一番見ていただきたかったシギです。
すらりと伸びた長い足で水の中を優雅に歩く姿を見てもらいたかった。
今年も田尻には来ていたのですが、例年よりも早く移動してしまったようで、残念です。
これからもまだ渡ってくる個体もあると思いますので、あきらめずに探してみたいと思います。

049 アオアシシギ

今日、最後に見に行った休耕田で以前撮ったものです。あの狭い水溜りに、この時はアオアシシギが3羽、オグロシギ1、ツルシギ1、タカブシギ1などが居ました。

939 ホウロクシギ

これも数年前に田尻で撮ったものですが、最近ではこの様に大型のシギはなかなか見られなくなってしまいました。

_069 ケリ

今日見られた数少ないチドリの仲間の一つです。静岡では1年中見られ、ごく普通に見られるのでありがたみも無いのですが、箱根より東では極めて稀で、東京の人などはケリを見て大変喜びます。地上に居ると目立たないのですが、翼を広げると白と黒のパターンが鮮やかです。

« あこがれ | トップページ | 残暑厳しい遊水地 »

探鳥会 《報告》」カテゴリの記事

195 ケリ」カテゴリの記事

235 アオアシシギ」カテゴリの記事

231 ホウロクシギ」カテゴリの記事

210 セイタカシギ」カテゴリの記事

コメント

9日に、田尻に、来られたのですか。小生も、7時半頃から8時過ぎまで、居ました。その時は、タマシギが4羽の雛をつれていましたけど、田んぼの中に入ってしまったのでしょうか。
鳥見の時、早すぎても、遅すぎても会えない時が、再々ありますが、ただ運だけでしょうか?

運もあるでしょうし、普段からの観察がモノを言うと思います。行きつけの場所なら大体の鳥の行動パターンが分かってくるので、鳥を見つけるのも早くなるし、相手もこちらを認識してくれるので出て来てくれる事もあるでしょうね。農家の方が田んぼで仕事をしている側で、鳥が平然と行動している事がよくありますよね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥より氷:

« あこがれ | トップページ | 残暑厳しい遊水地 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ