カテゴリー

« アジアかアオか | トップページ | あっち、コッチ。イカル、どっち »

豊橋自然史博物館

Photo_65 雨の豊橋動植物園

誰が雨男(女)なのか?こんな雨になるとは思ってもいなかった。静岡を出る時にはまだ小雨、豊橋に着いた時には本降り。おかげで日曜日なのに来園者も少ない。

Photo_66 博物館に入ると出迎えてくれるのが縮尺1/2のティラノサウルス。小さいけれど迫力充分。内臓モーターで腕や頭、あごが動き、それに連動してうなり声も出してくれる。「かわせみ」もたじたじ・・・

Photo_67 三宅さんの顔で、一般の人には見学できない博物館の資料室も見せて頂く。博物館などは一般に公開している資料よりも、倉庫に収蔵されている資料の方が多いのが普通なのでしょう。しかし、「かわせみ」にはホルマリンやナフタリンの臭いのする資料室よりもやはり新鮮な空気の方があっています。

Photo_68 昼食後。激しい雨の中、動物園へ向かいます。
目指すは野鳥園。豊橋動物園では日本産の野鳥が数多く展示されていて、なかなか見応えがあるのですが、さすがに今日の雨ではじっくり見ている事が出来ませんでした。

Photo_70 心残りでしたが各ゲージの前を駆け足で通り過ぎました。
これはオオタカ。狭いゲージの中で大空を見上げては、時折羽ばたいていました。

2_10 豊橋動物園では地球の地域別に動物を分けて展示しているようでした。
ここはオーストラリアゾーン。開放的な展示でカンガルーやエミューが伸び伸びとしていました。

1_7 再び博物館に戻り、展示物を見学。

これは今回の特別展示のユアンモウサウルス。

3_9 4_4

こちらは常設展示のアナトサウルス(カモノハシ竜)
ティラノサウルスとトリケラトプス。

恐竜には何故か心引かれる。小さな頃から、大きな生き物に興味があった。恐竜好きは「マザコン」等と言われた事もあった。何を根拠にそんな事を言ったのかよく分からない。恐竜が鳥になったらしいと言われるようになった。恐竜と鳥に興味を持った事には何か共通点があったのかもしれない。

« アジアかアオか | トップページ | あっち、コッチ。イカル、どっち »

探鳥会 《報告》」カテゴリの記事

コメント

豊橋動植物園ですか。行きたいと思いつつ行った事ないんです。日本の野鳥が多いんですか?ぜひ、見に行きたいです。
先輩カーバーに「アルビノのオシドリがいるよ」って教えてもらったのですが まだ いるのかしら?
おみその「行きたい病」が重症化しそうです。

オシドリは確かに居ましたが、アルビノには気がつきませんでした。何しろ雨がひどくて、鳥もどこかに隠れてしまっていたようです。今度は晴れた日にのんびりと行きたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豊橋自然史博物館:

« アジアかアオか | トップページ | あっち、コッチ。イカル、どっち »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ