カテゴリー

« タカの渡り | トップページ | 女の子ばっかり? »

一クジ、二タカ、三ナスカ

0e チョット寝不足
今日はNHK10月期のスタート。ところが今週は仕事がやたらと忙しく、朝帰りが続き寝不足で頭がさえない。ぎりぎりまで寝て、9時に家を出る。今日のお目当てはノビタキとタカの仲間。ノビタキはかろうじて1羽が遠くに出てくれた。タカは賤機(しずはた)山の上にノスリが2羽。しかしこれも遠い。帰りの駐車場に向かう途中、すぐ近くに居たスズメにいきなり襲い掛かる一羽のモウキン!一瞬ハヤブサと間違える程目の前に飛び出してくれたのはチョウゲンボウでした。最後にすごいシーンが見られて私としては大満足でしたが、皆さんはいかがでしたでしょうか・・・?
写真は今日のものではありませんが、上空でホバリングした時のイメージに近いものを載せました。

_4_1 午後は「ナスカ展」に行ってきました。
本当は眠りたかったのですが、今日行かないと行ける日が無くなりそうなので がんばって行ってきました。
「ナスカ」なんて(失礼)そんなに人気があるとは思っていなかったのですが、館内はなかなか大勢の人で、行列が進むのを待ちながらの見学です。待ちながらもう眠気を抑えるのが大変!陶器や織物など、展示物もおとなしく地味めのものが多いのですが、素朴な温かみがあって、織物などは本当に細かな所まで丁寧に作られ、色がきれいなのも驚きでした。
ミイラはもともと興味があまり無いのです。子供の頃に見たTVドラマ「恐怖のミイラ」のイメージがあり、どうも不気味で好きにはなれないですね。
館内は写真撮影禁止なので、入口のお姉さんをコッソリ撮らせてもらいました。

_2_2 「ロダン館」にも行ってきました。
かなりお金を使って作ったようで、明るくて広々とした空間にロダンの作品がゆったりと展示してありました。ここはストロボを使わなければ撮影OK!
ストロボを光らせてしまったお兄さんが、館内の案内嬢(もっとかっこいい名前が本当はあるのかも)に注意されていました。今のカメラはチョット暗いと勝手に光ってしまうので注意が必要です。この写真でも本当はカメラ側から少し光を当ててやりたかったのですが、仕方ありませんね。

_3_4 上の写真を撮っている時、どこからか子供が走って来て、「考える人」の前にしゃがみこんでポーズの真似を始めました。誰かに真似しろと強制された訳でもないのに、無邪気なしぐさがほほえましかったです。
この子のお母さんは「考える人」の後ろに少しだけ写っています。良いモデルさんをありがとうございました。

明日は船越の探鳥会です。皆さん遊びに来て下さいね!!

« タカの渡り | トップページ | 女の子ばっかり? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

401 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

タカの渡りは今年一番飛んだ日に林道に登られたようで、良かったですね。

ナスカ展、静岡に巡回すると知らずに、6月に上京したついでに上野の科学博物館で見てきました。炎天下30分待ちでやっと入場できた位、あまりの人の多さに展示品を見るのは一苦労でした。東京でもかなり人気があったようです。

個人的には、へたうまな漫画風の陶器が印象に残りました。

今年はたったの一回のタカ見行だったのですが、偶然一番いい日にあたったようで、申し訳ないくらいです。
「ナスカ展」は女房に誘われて行きました。二人とも全く予備知識無しで、女房は単に好きなアンデス音楽とのつながりで、私はそのお付き合いで、本当は「ナスカ文明」には全く興味を持っていない、あの場にふさわしくない二人なんですね。確かにあの“へたうま”な絵の付いた陶器は味わいがあってよかったですね。ハチドリやコンドルなどのデザインもシャレていましたね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一クジ、二タカ、三ナスカ:

« タカの渡り | トップページ | 女の子ばっかり? »

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい
無料ブログはココログ