カテゴリー

« 曇天のM池 | トップページ | 春を感じて »

今年はクロジか?

揺れてユラユラ船越へ

何処へ行こうか迷ったあげく、再びクロジ狙いで船越公園へ行く事にしました。今日も重たい600mmにジッツオの三脚の組合せ。ちょっとした坂道なのに、少し歩くともう息切れ。目的地に着くまでに何度も休憩をしながら、ようやくたどり着くとそこにはすでに先客が!モウキン大好き『めるへんマスター』でした。『マスター』の狙いもクロジです。

_03_1 乱れた息を落ち着けようと、しばらくじっとしていると目的外のルリビタキが現れました。しかもきれいなオスの方です。先に来ていた『マスター』には申し訳ないけれど、休憩中の私に近い所に出たのでとりあえず撮らせてもらいました。

_07_1 クロジも着いた時にはすでに現場には出ていましたが、暗い所ばかりに居るのでなかなかシャッターが切れない状態だったのです。
ひとしきりルリビを撮ってから、暗い中にもぐりこんでクロジの撮影を始めました。

_47距離は近いのですが、やはり明るさが足りません。フイルムの『マスター』は更 に大変だったようです。今年はクロジが多いようですが、こんなに簡単にクロジが見られる事は今までに無かった事で、今年は良い年になるのかも。

_3_7 クロジもどこかに移動したようで、しばらく待っても戻って来ないので、我々(S.Nさんがいつの間にか『マスター』の側で写真を撮っていました)も移動を開始。S.Nさんがルリビをきれいに撮ったと言うので、何となくそちらの方へ向かう。しかし、ルリビは見つけられず、私は重たいカメラを持ってせっかくここまで来たと言う思いで、近くに来たヒヨドリ君を撮らせてもらいました。

_01_3 お腹も空いてきたので帰る事に。駐車場への道すがらで、この辺りでは珍しいヒガラを発見。しかも人間がかなり近い所を歩いているのに逃げもしないで鳴いている。ただし、距離は近いのですが、細かい枝が密集した中なのでスッキリ見る事が出来ません。顔が何とか見える位置でカメラをセットして何とか写真も撮る事が出来ました。

« 曇天のM池 | トップページ | 春を感じて »

トリとめの無い話」カテゴリの記事

463 ヒヨドリ」カテゴリの記事

536 ルリビタキ」カテゴリの記事

443 ヒガラ」カテゴリの記事

625 クロジ」カテゴリの記事

コメント

今日、クロジのいる窪地を突っ切ってしまった大馬鹿者です。
これからもこちらのブログを参考にさせていただきます。
またフィールドでお会いしたときは、よろしくお願いします。

せやまさん、早速コメント頂きありがとうございます。若い方大歓迎!こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はクロジか?:

« 曇天のM池 | トップページ | 春を感じて »

フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ