カテゴリー

« 調査 | トップページ | 今年はクロジか? »

曇天のM池

M池に行って来ました

1_14  朝からどんよりと曇り、今にも降り出しそう。こんな日は車から離れる事無く写真が撮れるM池が私のお気に入りの撮影地となります。特にこの場所は日が当たるとコントラストがきつくなり、写真を撮るのが大変になるので、曇りの日は大歓迎です。

2_32 現地に着くと元NHK講座の生徒さん、今は『野鳥の会』会員のM.Nさんがデジスコを構えていました。M.Nさんも今着いたばかりで、まだ何も見ていないと言う事でした。すぐにウソの声が聞こえ、遠くの木に止まりました。

3_17 カメラから10mくらい離れた所で、オス2羽が地上近くの草の実を食べ始めると、メスが1羽入ってきました。900mm相当の視野の中にウソが3羽も入ってくれるとは『超ラッキー』深度が浅いのでピントに気をつけました。

3_18 しかし、次の瞬間、後から来たメスが『タダウソ』のオスを追い払ってしまいました。3羽が仲良くと言うわけには行かないのでしょか?この後残った2羽は仲良く?ここで草の実を食べていました。

_2_6 ウソばかりに気をとられていると、近くの木にシメが止まりました。シメはウソと同じアトリ科の鳥ですが、目の周りが黒く、人相が悪く見えてしまうので損をしています。ずんぐりむっくりした体形には共感をおぼえ、ある種愛嬌もあると思うのですが。

_08 カシラダカも今日は数が多かった様に思います。カシラダカはホオジロの仲間ですが、名前に『ダカ』と付くので、『タカ』の仲間と間違えられる事もありますが、姿を見ればそんな間違いは起こらないでしょう。

_0_5小鳥ばかりではなく、絵になると思えば大型の鳥も撮影します。暗い林をバックに、木の天辺に止まったアオサギはなかなか気品があり、良い雰囲気を出していると思いました。(自画自賛)

写真共通データ:ニコンD70 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/30~1/800秒 ISO400

« 調査 | トップページ | 今年はクロジか? »

トリとめの無い話」カテゴリの記事

144 アオサギ」カテゴリの記事

617 カシラダカ」カテゴリの記事

599 ウソ」カテゴリの記事

600 シメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
アオサギ、なんだか幽玄なカンジがしてカッコイイですね。
「なんだ アオサギか」じゃなくて「アオサギってかっこいい」と認識を新たに観察しなきゃ!と思いました。
でも、白い鳥って、白トビしてしまって、、。むずかしいです。勉強、勉強!
、、、まわりのモヤモヤから杉花粉を想像してしまって、、、ムズムズ★まさかね、、、

おみそさん、ありがとうございます。「アオサギ」なかなかいいでしょ(^^)v そうなんです!もやのように写ったものは花粉!?ではなくて!!前にあったうるさい枝だったのです。それがあんな雰囲気を出してくれるんですね。写真の面白いところですね。それをちゃんと計算できるかどうかで、写真の出来栄えが違ってくるんですね!!(^^ゞ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 曇天のM池:

« 調査 | トップページ | 今年はクロジか? »

フォト

birds counter

  • カウンター
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ