カテゴリー

« 暑中お見舞い | トップページ | 火の花 続 »

火の花

清水港花火

8月5日に行われた清水港花火大会。
花火を花のイメージで捉えてみました。

078

0782

07_2 

07

07

07   

ニコンD200 タムロン18-200mm 絞りF5.6-8 1/8-1/2秒 ISO200-400 2007. 8. 5 静岡市・清水港

今回の花火は全て一発露光で、多重、合成はしていません。 露光中にフォーカスリングを回して、ボケを大きくしたり、ピントを外してボケた状態から、露光中にピントを合わせる。等の操作をしています。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします!!

« 暑中お見舞い | トップページ | 火の花 続 »

夜景・花火」カテゴリの記事

コメント

カメラって、こんなこともできるんですね!初めはCGの画像かと思ってしまいました。。本当にビックリです!

何事も奥が深い 凄いなぁ~
素晴らしいです 
新しい魅力に 魅せられました!

junkさん、ピンク ラパンさん、コメントありがとうございます。写真も長くやっていると色んな事があります。私が写真を始めた当時(34年前)はまだカラーは高価過ぎて、白黒が主流でした。本箱を部屋の前方に出し、その後ろのスペースに暗室を作り、自分で現像、引き伸ばしを楽しんだものです。それから比べるとパソコンの中でモニターを見ながら写真がいじれるなんて、夢の様な時代になりました。今回の花火の写真はパソコン上では特別な操作をしていないものばかりです。これはフイルム時代からあるテクニックを使ったものばかりです。デジタルはウソっぽいなんて言う人もいますが、フイルムでも色々やっているんです。ところで、ピンク ラパンさんは改名したのですか?

一夜明けて、三保の松原に3つ4つ火の花がころがっているかも..

すご~~~い。これ、花火なんですか?
1枚目なんて、なにかの実かと思いました。
表現って、限りないんですね。

このテクニックは昔からあるもので、そんなに新しいものではありませんが、喜んで頂けて幸いです。デジタルになって、ますます表現の可能性は拡がりましたが、古い人間なのか、なるべく撮影後のパソコンでの加工処理をしないで、撮影時の感動をそのまま、ストレートに表現したいと心掛けています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 暑中お見舞い | トップページ | 火の花 続 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ