カテゴリー

« 麻機の野鳥 24 | トップページ | スクランブル »

鬼瓦

イソヒヨドリ

鬼瓦の上でご機嫌にさえずるイソヒヨドリ。

2

ニコンD200 Aiニッコール600mmF4 F5.6 1/1250秒 ISO200 2007. 8.16 静岡市駿河区 

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします!

« 麻機の野鳥 24 | トップページ | スクランブル »

549 イソヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

姿とは想像がつかない
綺麗な声が聞こえてきそうです!
葵区だったら どの辺まで確認できるんでしょうか?

イソヒヨドリと言う名前から海岸にいる鳥と思われるかもしれませんが、ビル街などでも見掛ける事の多い鳥です。確かな記録は分かりませんが、私の最近の記憶では長尾川の第2東名の橋脚工事現場で見ました。もっと詳しいデータは“ネイチャーマスター”の『沼人』さん辺りに聞かないと分かりませんね。

間接的なご指名ですが、イソヒヨドリの件にお答えします。私の観察では、安倍川の玉機橋での記録が最も山間部です。「静岡県の鳥類」でも同じメッシュが最も山間部の記録です。県全体では、1/25000地形図「天母山」のメッシュ富士宮市が最北部の記録です。ご存知のことと思いますが、ヨーロッパでは山間部の岩場に生息するのが普通です。英名は「Blue Rockthrush」岩場のツグミです。海岸部には少ないようです。日本のように山間部より海岸から都市部に多く生息するのは台湾だそうです。
 ただ、山間部にコンクリート製の建造物が増えるにつれ増加する傾向にあるようです。第2東名での観察が良い例です。

『沼人』さん、詳しい解説をありがとうございます。私のブログも『沼人』さんのコメントでグッと箔が付く感じです。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 麻機の野鳥 24 | トップページ | スクランブル »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
無料ブログはココログ