カテゴリー

« 渡良瀬遊水地探鳥会① | トップページ | 渡良瀬遊水地③ »

渡良瀬遊水地②

渡良瀬遊水地探鳥会②

渡良瀬貯水池でカモやカイツブリなどを観察した後はいよいよ今回の『目玉』ハイイロチュウヒのねぐら入りの観察です。
探鳥会参加者は20名。渡良瀬遊水地は麻機(あさはた)遊水地のざっと見て10倍の広さ。参加者にカメラマンが多いのも特徴で、観察だけではなく、撮影にも適した場所を決めるのが大変。幹事さんたちには余分な気を使って頂き、恐縮しました。

ポイントも決まり、日暮れを待ちます。
面白い形をした枯れ木がありましたが、そこにはカラスしか止まりませんでした。

Dsc_0069

いよいよ日も沈み始めました。

Dsc_0109

お待ちかねのハイイロチュウヒの登場です。遊水地は広く、しかもかなり暗くなっているので、カメラマンには厳しかったかもしれません。しかし、雄大なアシの枯野を飛ぶハイイロチュウヒの姿はしっかりと印象に残りました。

Dsc_0168

ねぐら入りの前に腹ごしらえなのか、はたまた、ねぐらに良い場所を探しているのか、時々アシ原の中に降下しては再び飛び出し、アシ原上空を低く飛び回り、やがてアシ原の中へ姿を隠してしまいました。

Dsc_0161

太陽が沈んだ空を、お腹を一杯に満たしたチュウヒがねぐら目指して飛んで来ました。チュウヒがねぐらに入るころ、名残を惜しみながら私たちも今夜のねぐらを目指しました。

Dsc_0205

次回は、ねぐら(お宿)での夜明けの探鳥です。

ニコンD200 Aiニッコール600mmF4 絞り開放~F8 1/125~1/2500秒 ISO320-400 トリミング 2007.12.15 渡良瀬遊水地 

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

« 渡良瀬遊水地探鳥会① | トップページ | 渡良瀬遊水地③ »

探鳥会 《報告》」カテゴリの記事

350 ハイイロチュウヒ」カテゴリの記事

349 チュウヒ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡良瀬遊水地探鳥会① | トップページ | 渡良瀬遊水地③ »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ