カテゴリー

« 斜光 | トップページ | ひっそりと »

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

小さなレンズだと相手も警戒心が薄れるのか、試しに電線に止まっているチョウゲンボウに近付いてみました。

Ii0_6023

この距離で600mmF4なら当然飛ばれていますが、注意して見てはいますが、飛ぶ気配がありません。

反対側から自転車に乗った人が来ました。

両側から挟まれる事は嫌う様で、さすがに飛んで行きました

Ii0_6038

ニコンD200 シグマ135-400mm 絞りF5.6 1/3000秒 ISO200  トリミング 2008.11.20 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆さんの応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

« 斜光 | トップページ | ひっそりと »

401 チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

野鳥も剣の達人と同じで間合いを見切っているようですね
ご存知セキレイも間合いを計って
餌を拾っていますね
いつも馬鹿にされているようで(笑)

愛用の600mmが手元にないと寂しいでしょうが
400mmでも使う主によって威力を発揮できるんですね
けいうも500mmで頑張ります!

渓雨さん、こんにちは。確かに野鳥は間合いを見極めて行動している様ですね。こちらの殺気(撮気)もしっかりと感じ取るようで、意気込んで待っていると近くへ来てくれないで、ぼんやりしている様な時に思い掛けない程近くへ来てくれる事もありますね。
考えてみると、フイルムの時には600mmで十分でした。APS-Cサイズのデジタルなら400mmで600mm相当ですから、不満は無い筈なんですよね。でも、やっぱり使い慣れたレンズは「相棒」みたいなものですね。

かわせみ様。こんにちは。長尾川でチョウゲンボウの初めての出会いは、今年の10月29日でした。木の上に止まっているのを、写真を撮ったり、ウロウロしても逃げる様子はなく、その後2回逢ったのですが、やっぱり逃げませんでした。レンズの小さいのが良かったのですね。  ※(かわせみ様に感謝) 部分白化のカラスとの出会いから、一年で63種類。写真を撮ることが出来ました。(近場だけです)気をつけて観察すれば、鳥さんは来てくれるんですね。かわせみ様のブログのおかげです。これからも宜しくお願い致します


A.Eさん、こんにちは。長尾川の出会いから1年以上経ちましたね。長尾川にお邪魔すると、カメラ片手に散歩するAEさんと会う事が出来ました。長尾川は水もきれいで、自然が豊で、気持が良い所ですね。周辺の人たちも良い環境の中にいるせいか、明るい表情の人達が多いですね。これからも時々長尾川にはお邪魔すると思いますが、こちらこそよろしくお願い致します

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 斜光 | トップページ | ひっそりと »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ