カテゴリー

« 赤い小鳥 | トップページ | 黄色と黒 »

青い小鳥

ルリビタキ

黄色、赤と来れば青い鳥も出さない訳には行きませんが、この冬は青い鳥との出会いが少なく、まだこれと言った写真が撮れていません。

先日少しだけ遠出をした時に、現場でお会いした「 I さん」に教えて頂いて見る事が出来たルリビタキ

Dsc_6161

今年はこんな感じで、まだしっかりした物が撮れていません。

フイルムで撮っていた頃のルリビです。

981

この個体は非常に馴れ馴れしく、カメラを恐れず、逆にカメラに近寄って来る感じで、接写リングを付けて、下がりながら撮影する事が多かったです。

031

上の1枚は大トリミングしていますが、下の2枚はほぼノートリです。普段はこんなアップの写真は撮らない(撮れない)のですが、この時ばかりはこんな写真が多かったです。    

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

« 赤い小鳥 | トップページ | 黄色と黒 »

536 ルリビタキ」カテゴリの記事

コメント

昨日、仕事で藁科川源流部に行って来ました。
ついでに滝へも寄ってきたんですが
林道沿いでは野鳥のさえずりも聞こえました。
これからは滝シーズンですが300mmも持って
行こうと思います。
源流部では警戒心も無く身近で撮れると
思うので挑戦してみます。

いよいよ渓雨さんのシーズン到来ですね。ブログの「福養の滝」も見せてもらいました。実物はまだ見た事がありませんが、なかなか迫力がありそうですね。
人間に慣れていないと警戒心が強く出るのか、警戒をしないのか。最初に出会った人間の与える影響次第かもしれませんね。
「”秘境”の鳥シリーズ」あるのかな?楽しみにしています

>最初に出会った人間の与える影響次第かもしれませんね。
それでは撮るぞの殺気を隠してやさしい表情で
接して行きたいと思います。
「”秘境”の鳥シリーズ」なら押し寄せる心配なし
ですね

けいうさん、こんばんは。文字通り断崖絶壁の上なら、押しかけたくても誰でも行けるもんじゃあありませんから、けいうさんの独壇場ですね。私でも行ける様な所でそんな場所が無いですかネェ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤い小鳥 | トップページ | 黄色と黒 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

静岡バードウオッチング

無料ブログはココログ