カテゴリー

« イ~ヨ!イ~ヨ!! | トップページ | 狙い定めて »

順光と逆光

カワセミ

写真は光の芸術とも云われます。

順光で撮れば光が被写体にきれいに当たり説明的な写真を撮る時には都合の良い光です。

Dsc_2092

上の写真もカワセミがストロボで照明された様に写りました。

逆光は作者の個性が出しやすい光とも云えます。

露出もカメラ任せではなく、露出加減の判断が必要になって来ます。コンテストの作品なども逆光から斜光の作品の方が多いのは作者のイメージを伝えやすいからだと思います。

Dsc_1706

オート露出のカメラが出る前は、みんな露出は自分の判断で決めた物。

マニュアルで撮っていると、「プラス補正だの、マイナス補正だの面倒でしょう」と言われる事があります。

昔のマニュアルカメラには露出補正のダイヤルなどは無かった物です。

たまにはマニュアル露出を使って撮ってみると、写真の面白さがまた違って来るかも知れませんよ。

露出もピントも未だマニュアルの時代遅れの『かわせみ』です

①ニコンD300 Aiニッコール600mmF4(MFレンズ) 絞り開放 1/1600秒 ISO200 トリミング 2008.12.23 静岡市葵区

②ニコンD300 Aiニッコール600mmF4(MFレンズ) 絞り開放 1/1600秒 ISO320 トリミング 2009.01.25 静岡市葵区    

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

« イ~ヨ!イ~ヨ!! | トップページ | 狙い定めて »

383 カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イ~ヨ!イ~ヨ!! | トップページ | 狙い定めて »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ