カテゴリー

« 祭りだ、祭りだ!! | トップページ | 新緑からの歌声 »

キリリッとね

ケリ

ケリは静岡県では比較的多く見られるのですが、箱根を超えるとその数は少なくなる様です。

この時期、ケリは子育て真っ最中で、巣やヒナを守る為に大騒ぎしています。

『ケリ キリ キリリ!キリリリ!』と云う、その騒々しい鳴き声から「ケリ」と云う名前が付けられた様です。

3

巣と言っても地面に簡単な窪みを作りそこに適当に小石や枯草を申し訳程度に敷き、卵を2~4個産みます。(4個の事が多い)

4

全部産んでから抱卵に入ります。そうしないと孵化がずれ、ケリ等の地上に卵を産む種では、ヒナは生まれるとすぐ自力でエサを探して歩くので、親鳥が面倒を見られない事になります。(コアジサシ等の例外もあります)

5

抱卵日数は27~30日程度。

ヒナは親鳥の心配をよそに、勝手に動き回っている様にも見えます。どの程度親の注意をきいているのかは定かではありません。

Photo

こんなかわいらしい姿で居るのもわずかです。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 ISO200 トリミング 4月~5月 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

« 祭りだ、祭りだ!! | トップページ | 新緑からの歌声 »

195 ケリ」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん こんばんわ。
もう初夏ですね。
去年もケリの子供たちを見せていただき
ましたがほんとに可愛いですね。

親鳥も着地の状態ですと地味でぱっと
しませんが飛翔シーンはなかなかのもの
ですね。

ymさん、こんばんは。今年ケリのヒナに初めて気づいたのは4月15日でした。ふわふわの綿毛に包まれている時には可愛らしいのですが、すぐに大きくなってしまいます。
地上に居る時には地面と同化して、目立たない鳥ですが、一たび飛び立てばとてもきれいな翼のパターンが見られます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 祭りだ、祭りだ!! | トップページ | 新緑からの歌声 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ