カテゴリー

« 渡りの小鳥 | トップページ | 渡りの小鳥 3 »

渡りの小鳥 2

コサメビタキ

今回はコサメビタキです。

Dsc_8296

サメビタキ3種の中で、個人的には一番可愛いと感じます。

Dsc_8279

エゾビタキとコサメビタキはここ船越公園でも見かけますが、サメビタキは少ない様に感じます。

Dsc_8534

エゾビタキはお腹の縦斑がはっきりしているので分かりやすいですが、コサメビタキと、サメビタキは見え方で難しいですね。(サメビタキにも縦斑が出る者もありますが、ぼやけた感じの縦斑)

コサメビタキの方がお腹はより白く、目先も白い。くちばしを真下から見ると、くちばし基部の橙黄色が占める割合が大きく、二等辺三角形にとがって見える。アイリングは太く、輪郭が不明瞭。

サメビタキのお腹はコサメビタキとエゾビタキの中間くらいの“汚れ”具合。目先の白は目立たない。頭部全体もコサメビタキより濃度が濃い。くちばしを真下から見ると、くちばし基部の橙黄色もコサメビタキ程目立たず、コサメビタキ程にはとがって見えない。アイリングの輪郭が明瞭。

Dsc_8042

と、色んな図鑑には他にも色々と書いてありますが、いずれにしても、識別には注意が必要と言う事でしょう。

Dsc_8442

で、「かわせみ」的には今回の写真の小鳥は“かわいい”のでコサメビタキと言う事になりました

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/640-1/1250秒 ISO400 トリミング 9月21日 静岡市清水区・船越公園

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい
クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気ブログランキングへ

« 渡りの小鳥 | トップページ | 渡りの小鳥 3 »

554 コサメビタキ」カテゴリの記事

コメント

かわせみ様、こんにちは。小生は昨年9/15に船越でコサメビタキやエゾビタキに出会っていましたが今年は船越では出会えず心配しておりました。しかしブログ拝見して安心しました。身近なところに毎年くる野鳥がきてくれるとホッとします。撮影していて、感じるのですがエゾ様のほうがコサメ様より逃げないでポーズをつくってくれる時間が長い上に、エサを捕らえに飛び立っても元の止まり木に戻ってきてくれる確率が高いような気がしますが、かわせみ様はどう思われますか?

今日はありがとうございました。撮影のお邪魔をしてしまってすみませんでした。私が取った画像を確認したらコサメビタキ、センダイムシクイが撮れていました。一人で歩いていたら多分気づかず写真も撮れなかったと思います。ありがとうございました。

ファミKさん、おはようございます。今年の船越は面白いですよ。サメビタキ類の行動習性については観察例が少ないので何とも言えませんが、確かにエゾビタキは警戒心が薄い様に感じますね。この時もいつも一番そばに来て、どっしりしているのはエゾビタキでした。

イクジムさん、おはようございます。昨日は声を掛けて頂きありがとうございます。撮影に集中してシャッターを切りまくっている様な時に声を掛けられると確かに迷惑と思う事もありますが、カメラから離れウロウロしている時でしたから、全く問題ありません。鳥を見つけるのも慣れみたいなものがありますからね。今度はコサメビタキ等も早く見つけられると思いますよ。これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡りの小鳥 | トップページ | 渡りの小鳥 3 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ