カテゴリー

« 秋を感じて | トップページ | お狩り場 »

お休み処

ツツドリ

桜の木が多い公園などからトケン類の情報が入ります。

A.Eさんからの情報で様子を見に行って来ました。

休憩に止まる木は決まっている様で、私が行った時にもその木に止まっていました。

この木に止まっている時には近くに人がいても動こうとしません。

Dsc_2755

写真を撮っていても、動じません。

しかし、いくら大きく撮れても空抜けでは、すぐにこちらも飽きてしまいます。

バックが山になるところまで移動。

鳥は小さくなってしまいますが、こちらの方が写真としても変化が付けやすいし、鳥への負担も小さくなると思います。

Dsc_2201

一羽だけでのんびりしていた鳥が突然大きな口を開けました。

すぐ近くにもう一羽が止まったのです。

『ここは私の場所よ、来ないで!』

Dsc_2237

『オッと!これは姉さん、申し訳ない』

Dsc_2238

『ココなら文句ないかな?』

Dsc_2297

自分の生みの親を知らないツツドリですが、同じ仲間は分かるのでしょうか?

スズメ目の鳥は、さえずりの多くを親のさえずりから学ぶと言われています。

ツツドリは仮親に育てられるので、さえずりをはじめ、生きて子孫を残して行く術は本能の中に刷り込まれているのでしょう。

つづく

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/2000秒 ISO400 トリミング 9月28日 静岡市葵区

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい
クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気ブログランキングへ

« 秋を感じて | トップページ | お狩り場 »

187 ツツドリ」カテゴリの記事

コメント

カワセミ様

 刷り込みとは 動物の子が 生まれた直後の短期間に得た刺激をもとに 自分を世話してくれる親やつがい相手の類型を認識し その認識が固定されるしくみと定義されます よって遺伝とした方が自然と判断します
一考願います

桜吹雪さん、こんばんは。ご指摘ありがとうございます。確かに「刷り込み」とはそんなモノかもしれませんが、私は「本能の中に」と一応断っております。広辞苑第六版によれば「本能とは生まれつき持っていると考えられる行動の様式や能力。特に動物が外界の変化に対して行う、生得的でその種に特有な反応形式。」とあります。同じく「遺伝とは、親から子孫に、または細胞を単位とみて、その次の世代に、体の形や色などの形質の伝わる現象。」とあります。今回の本文の内容から「本能」を使いました。
別にそこまで難しく考えて書いている訳ではありませんが、「刷り込まれている」と云う表現が紛らわしかったですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋を感じて | トップページ | お狩り場 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ