カテゴリー

« ツバメチドリ | トップページ | 置き土産 »

続・ツバメチドリ

続・ツバメチドリ

昨日の続きです。

水浴びが終わると

突然飛び立ちました。

Dsc_0078

もう去ちゃうの

Dsc_0079

と思いきや

Dsc_0081

高度を下げて

Dsc_0082

再び着地です

Dsc_0083

翼下面の赤褐色も見えます。

昨日は2羽とも若鳥と書きましたが、喉を囲む黒い線の面影が見える(第1回冬羽では喉を囲む黒線はまだ無い「日本の野鳥」叶内拓哉/解説 山と渓谷社)、くちばし根元に残る赤味や、各羽の羽縁(幼羽では冬羽に似るが、肩羽や翼の各羽の羽縁はバフ色のやや太めの線をなし、その内側には黒い細い線が見られる=「日本の鳥550」桐原正志/解説 文一総合出版)を見ると成鳥冬羽の様です。

ニコンD300 タムロンDi200-500mm 絞りF8 1/1600秒 ISO400  トリミング 9月6日 静岡県西部(ごめんなさい、地元では無いので詳しい場所は掲載出来ません)

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい
クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーとなります。

人気ブログランキングへ

« ツバメチドリ | トップページ | 置き土産 »

273 ツバメチドリ」カテゴリの記事

コメント

かわせみ様、こんにちは。ツバメチドリ恥ずかしながら始めて知りました。でた~という興奮がヒシヒシと伝わってきます。小生もツバメチドリにはかないませんが先日のキリアイとの出会いを再び思い出しました。600mmは以前「修理不能なので開放で使うしかない」とおっしゃっていましたが大丈夫ですか?

ファミKさん、こんにちは。ツバメチドリとは何度か出会いがありますが、今回は全く頭に無かったので飛んで来た時には興奮しました。
600mmはまだ修理から戻って来ませんが、今回はマウントの交換だけになりそうで、絞りは相変わらず開放以外は使用できない様です。手元に無いと寂しいので、早く帰って来るのを待っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ツバメチドリ | トップページ | 置き土産 »

フォト

birds counter

  • カウンター
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 識別ポイントが分かりやすい
無料ブログはココログ