カテゴリー

« 偶然芸 | トップページ | 遊ぶ子 »

親子劇場

カルガモ

一年中普通に見られるカルガモ

ヒナ連れのこの時期は一番輝いて見えます。

Dsc_1626

ある所で12羽のヒナを連れているカルガモを見ました。(今回の写真は別の場所で撮ったものです)

しかもヒナがみんな大きい

よほどうまく災いを逃れて来たのでしょう。

Dsc_1638

写真のカルガモは11羽のヒナを連れていました。

かわいいヒナの姿を見ると、みんな無事に育ってほしいと願うのですが、

Dsc_1677

そうなると今度はカルガモの数が増え過ぎて、違う問題が起こるカモ

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1000秒 ISO400 (45・46はトリミングあり) 5月21日 静岡市

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい

人気ブログランキングへ

クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援クリックが次へのエネルギーとなります。

« 偶然芸 | トップページ | 遊ぶ子 »

032 カルガモ」カテゴリの記事

コメント


先日のカワセミもナイスショットでしたけど
このカルガモも 素敵ですね~  (〃´ ▽ ` )

うちの近くでも カルガモを見かけることはありますけど
まだ ヒナはないですよ。。
と言いましても たまにしかその場所へ行かないからでしょうね

よく野鳥が訪れるポイントへ 大きなレンズを付けた一眼を持参し
三脚を立て その一瞬をとらえる為に待機している方々をお見かけしますが...
かわせみさんも あのような感じで待機されているのかな? (o^-^o) フフ

こんにちは。
カルガモの雛たち本当にかわいいですね!
久しぶりにお邪魔しましたが、お陰でほのぼのした気持ちにさせて頂きました
ありがとうございます。

我が家の近くの浅い池にも今年は6羽の雛が育っていて可愛いのですが、なかなかいい写真までは撮れません・・・

永彌さん、こんばんは。
そうですね。私もそんな感じで鳥の登場を待っています。つい数年前までは一人でポツンと居る事が当たり前でしたが、最近はそうしたカメラマンが増えて来て、大きなレンズを構えたカメラマンが集まっている光景をよく目のする様になりました。
自分がカメラを持っているから自然とその仲間に入って行けますが、カメラを持たない人からすると近寄りがたい物を感じるでしょうね。目的の鳥が来ていると夢中になって周りが見えなくなってしまう事もあるので、そんな時にはますます近づけないでしょうね。
いくら気を付けていても、傍から見れば異様な光景に見えると思います

Mariaさん、こんばんは。
カルガモのヒナも小さな時は本当に可愛いですね。
ヒナを連れている親もかわいいヒナを誇らしげに連れ歩いている様に見えます。
こんなかわいいヒナもアッと云う間に大きくなって、“ヒネ”てしまうのですよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偶然芸 | トップページ | 遊ぶ子 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ