カテゴリー

« 木の実で宴会 | トップページ | カワセミ ホバ »

常連ですが

ヒヨドリ

赤い実つながりで

Dsc_1865

近くに居てもほとんどレンズを向けないヒヨドリですが、いざ撮ろうと思うと、これがなかなか思う様に撮れない。

Dsc_1833

ヒヨドリの“それなり”以上の写真って難しいです

Dsc_1856

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/200秒 ISO200 三脚 ジッツオGT5541LS 雲台マンフロット516 1月16日 静岡市
(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

何も出ませんが、私のやる気になります

« 木の実で宴会 | トップページ | カワセミ ホバ »

463 ヒヨドリ」カテゴリの記事

コメント

ヒヨちゃんの咥えてゴックンなお写真、
かわいかったです
普段は地味ぎみなヒヨちゃんも、
真っ赤な背景だと絵になりますね!
月曜日はこんもりと雪が積もった埼玉でしたが、
ヒヨちゃんだけは、ヒーヨヒヨと、
元気いっぱいでした
近所のお宅の柑橘系の枝に陣取って、
メジロさんが来ると、追い払っています。
自分ひとりじゃ食べ切らないと思うんだけどなぁ!
食いしん坊なヒヨちゃんです(笑)

ヒヨドリがとてもきれいですね!
こういう日常の鳥をきれいな写真に撮れるのはベテランさんならではと思いました。
きっと木の実の色と食べているタイミングと、そして何と言っても光りでしょうか・・・
さすがカワセミさんですね。

今日はPCが普通に開けて嬉しかったです。
ありがとうございました。


(*゜∀゜*)ノ~☆ お久しぶりでございます。。

ヒヨドリ きれいに撮れてるじゃないですかー + .。゜ : ;。 +

最近は 寒くてなかなか散歩にも行けず
みなさんのブログなどで 様々なお写真を拝見させて頂いて
自分もその場に居るような気持ちに浸っております [影] ω  ̄ ) ジーーー

かわせみさんのブログでは
いつの日も 野鳥の自然な姿を見せて頂いているので
わたしも一緒に物陰から野鳥を見ているような。。
ワクワクしてくるような楽しい気持ちにさせて頂いております

それでは また... お邪魔させて下さいね

クシネさん、こんばんは。
餌場のヒヨドリ、どこでもいばってますね
全部食べられなくても、独り占めしたいんでしょうね
ここでも、レンジャクが来ると飛んで来て、レンジャクを追い払っていました

Mariaさん、こんばんは。
普通種の鳥を撮るのが基本で大事なのですが、鳥撮り始めると珍しい鳥を撮りたくなるのが人情でしょうか。普通に見られる鳥だと撮影に力が入らなくなってしまいます。
普通種をきれいに、見飽きない様に撮る事。このブログの狙いはそこにもあるのですが、難しい事ですね。

永彌さん、こんばんは。
しばらくお休みされていたようでしたが、最近また復活された様で、安心しました。
私の写真は“やらせ”“餌付け”などの“演出”は一切せず、あるがままの鳥の姿を捉える事を主眼としています。
昔、私が尊敬していた写真家 土門拳 が言っていました。「写真は絶対非演出の絶対スナップでなければいけない」私は野鳥写真でもそれは必要だと思っています。

ヒヨくんもこんなに綺麗に撮られたら本望ですね。
うちに来るヒヨくんはメジロをいつもケチらして餌を独占したがるのでカミさんや娘には不評ですが 私は双眼鏡で見ると胸の模様とか綺麗で案外気に入っています。最近はツガイでやってくるようにないました。


*⌒≡(*' ▽ ')ノ こんにちわぁ

土門さん。。
確か 日本で最初に写真美術館を建てられた写真家さんですよね

恥ずかしながら 有名なお方というくらいしかわからないのですが
美術館がある山形のほうへ旅をする機会が今後あったとしたら
是非 足を運んでみたいな。。 と 思っておりました

かわせみさんが尊敬されている写真家さんとお聞きして
ますます 興味が湧いてきました ☆・゜ : * (人´ω`*) ・゜

あ  かわせみさんは 美術館へ訪問されたことありますか?

山形ですからね。。 日帰りでは行けない距離ですよね


それでは また~ (。 ´ ー ` 。)

Masaki Ohashi さん、こんばんは。
ヒヨドリもじっくり見れば、地味ながら大人の着こなしですよね。とにかくにぎやかで、威張りん坊なので点数下げますね

永彌さん、こんばんは。
私が写真を始めた頃、写真家と言えば土門拳と木村伊兵衛が双壁でした。土門とは写真展「室生寺」で1度だけ会い、サインをしてもらった思い出があるので、思い入れもそれだけ土門の方にある訳です。
土門の提唱していた「絶対非演出の絶対スナップ」は、写真のあるべき方向を力強く訴えたもので、若かった私も大いに影響を受けたものです。
山形の「土門拳記念館」には未だ行った事はありませんが、チャンスがあれば伺ってみたいところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 木の実で宴会 | トップページ | カワセミ ホバ »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ