カテゴリー

« 飛び物を捕る | トップページ | 青空に映えて »

五位鷺

ゴイサギ

静岡市内では少なくなっている様に思います。

Dsc_6641

よく撮影に行く市内サギのコロニーでも最近はアオサギ、ダイサギの数が増え、コサギ、ゴイサギの姿が減っている様に感じます。

Dsc_6349

今回訪れたサギのコロニーはコサギ、ゴイサギが多く、アオサギはまだ少なく、ダイサギの姿は見られませんでした。

Dsc_6779

ただし、このコロニーではカワウが一緒に繁殖しており、年々その数が増えているのが気になります。

ゴイサギはそんな事に気をとらわれる事も無く、巣作り、子育てに懸命でした。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/1250-1/2500秒 ISO200 トリミング 三脚・雲台スリック 7月30日 静岡県中部

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 飛び物を捕る | トップページ | 青空に映えて »

139 ゴイサギ」カテゴリの記事

コメント

かわせみさん、こんばんは。
私の撮るゴイサギは不恰好ですが、こちらで凛々しいゴイサギを見せて頂けるので幸せです

コロニーの松の木のテッペンで周囲の枝が大揺れするほど大暴れしているコサギたちもいたため心配して見ていました。
自然界の掟。窮屈な環境に追いやっているのは私たち人間なのに、何も助けることが出来ないことが悲しいです。
これ以上、野鳥だけでなく、野生の生き物が生きていく環境が失われないよう願うばかりです。
野鳥たちは昆虫や魚を。だから弱肉強食の世界は仕方の無いことだと…、そういった世界も含めて、これからも全ての野鳥を愛していきたいと思います。
メッセージありがとうございました。

ゴイサギ☆ペンギンさん、こんばんは。
今日も懲りずに行って来ました。
今日は下に落ちているヒナは1羽だけでした。この子は昨日も下を歩いていた個体と同じ個体の様でした。足を痛めている様で、私の車が入って行くと車の横にしゃがみ込んでいました。可哀想ですが、私達が手を出して、落ちて来る子を全て助ける事は事実上不可能な事です。巣から落ちてしまった子は親鳥も無視して助けようとはしない様です。それも見越した数の子を生んでいるのでしょう。全てが無事に育ってしまえば増え過ぎて、それはまた違う問題が生まれてしまいます。
うまく自然と付き合って行きたいものですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛び物を捕る | トップページ | 青空に映えて »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ