カテゴリー

« 赤いかな | トップページ | 今が旬 »

今の内だよ

ノビタキ

このあたりで繁殖するノビタキは激減していますが、その他の場所ではしっかり繁殖しているのか、この時期は河川の土手や、休耕田、チョッとした草はらでノビタキを見掛ける事が多いです。

Dsc_1011

Dsc_0080

Dsc_0957

Dsc_1368

身近なフィールドで今一番撮りやすいのがノビタキで、少し飽きて来た感じですが、撮れる時にしっかり撮って置きたい物です。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/400-1/800秒 ISO200 (100以外はトリミングあり)  三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 10月9日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 赤いかな | トップページ | 今が旬 »

542 ノビタキ」カテゴリの記事

コメント

ススキの穂や待ち宵草の種穂の天辺に止まる
こんな小さくて重さの無い鳥も居るのか?
鳥の世界詳しくないだけで
雀なんかもこれほどの軽さ大きさなのかなぁ!
可愛いもんだなぁ

今晩は。
あさ、拝見したときにはサギだったような・・・?

ノビタキが身近に見られるとは、いいところですね。
次の鳥を楽しみにしています。

ひろぼさん、こんばんは。
ノビタキはスズメよりも若干小さな鳥で、体重は分かりませんが、スズメで18-26グラム、エナガと言う小鳥は5.5-9.5グラムしかありません。500円玉1枚が7グラム。ノビタキは多分500円玉2枚位の重さだと思います。こんな小さな体で東南アジア方面まで渡りをするのですから、凄いですね。

エリスさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
エリスさんが何処にお住まいか分かりませが、ノビタキは渡りの時期には日本全国の平地でほとんど見られる小鳥だと思います。大都会の真ん中では無理かもしれませんが、郊外の田んぼや草はらで探せば意外と身近な所で見つかるかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤いかな | トップページ | 今が旬 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ