カテゴリー

« 舞い降りる | トップページ | ホフク前進 »

比率

オシドリ

昨日の写真と同じ日に撮影したものです。

Dsc_2560

折角近くへ来てくれましたが、手前の草がジャマをして

Dsc_1519

下の写真では12羽しか入っていませんが、16羽居ました。

Dsc_3163

内、メスは6羽。

嫁さん確保はなかなか大変そうです。

毎年この時期、短期間ですがオシドリが見られます。

オシドリは5日には1羽も現れませんでした

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/250-1/1000秒 ISO200 (20以外はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 11月3日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 舞い降りる | トップページ | ホフク前進 »

024 オシドリ」カテゴリの記事

コメント

かわいいですね。

今日、相模川をわたりましたが、支流も含めて、鳥を見たのは「ヒヨドリ」が柿をつついていることだけ。水取りは見えず、以前カワセミを見たところにもおらずでした。
おしどりかわいいい!

よく見ると、換羽に差が見られますね。 
(ほぼ完全な繁殖羽になっている雄と、そうでないのと)

オシドリのエクリプスは見た事がありますが、
エクリプスの期間は短いのかなあ?

エリスさん、こんばんは。
オシドリも餌付けされている様な所では人にも慣れているかもしれませんが、この場所に来るオシドリは警戒心が強く、この距離で撮れたのは“まぐれ”の様な物。幸運に感謝です。

R.Ptarmiganさん、こんばんは。
そうですね。他のカモに比べると繁殖羽になっている物が多い様ですね。
日本で繁殖するカモですから、北へ渡って行かない分繁殖が早いのカモ?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 舞い降りる | トップページ | ホフク前進 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ