カテゴリー

« キレイだ! | トップページ | 「オシドリ夫婦」は本当か? »

麻機の野鳥 1

カイツブリ目

 

カイツブリ科

 

1 カイツブリ Little Grebe

 

麻機では一年中見られる。
全長26cm カイツブリの仲間では一番小さい。雌雄同色。尾羽はほとんど無い。成鳥夏羽の頭は黒く、顔から首は赤褐色。冬羽は全体にやや淡色。

 

__8 『カイツブリの親子』 98. 8. 6 (芝原の池)
遊水地では一時オオオニバスが観賞用に栽培されていた。このオオオニバスの上がカイツブリのヒナの休憩場所になっていた。この年、私が気づいた時にはヒナは一羽しかおらず、両親は過保護とも思えるほど大事にこの子を育てていた。

 

__7 『カイツブリの群』 98. 4.19 (平柳の池)
最近ではこんな群を見る事がありませんが、遊水地でもまれにカイツブリが集まってくる事があるようです。

 

突然ですが、『麻機の野鳥』シリーズを始める事にしました。
これは私が20年以上掛けて撮り続けている、私のライフワークとも言えるものです。
掲載の順序は「日本産鳥類リスト(第6版)」の掲載順を基本的に踏襲するつもりですが、気まぐれで時々は変更する事もあります。

※2012.9.15「日本鳥類目録 改訂 第7版」が出ました。が、このシリーズは途中から順番がばらばらになっているので順番はこれからもバラバラになります。

 

Photo_4 ブログ内で使用する地名(芝原の池など)は便宜上私が勝手に付けた名前で、実際には存在しない名前のものもあります。

 

麻機(あさはた)遊水地(左の図の緑色の部分を省く地域)ではこれまでに210種以上の野鳥が観察記録されています。

 

このイラストはだいぶ古いので現在の環境とはかなり違っております。各工区の境もおおよその目安でいい加減なものです。ご了承下さい。 

 

※「麻機の野鳥」シリーズのトップにもって来ました。(2017.10.07)

※新しい麻機周辺の地図は「麻機遊水地地区グランドデザイン」をご覧ください。

 

 

« キレイだ! | トップページ | 「オシドリ夫婦」は本当か? »

000 麻機の野鳥」カテゴリの記事

062 カイツブリ」カテゴリの記事

コメント

かわせみ様、毎日、とても楽しみに見させてもらっています。
麻機野鳥シリーズの開幕には心躍ります。20年間の写真データの整理もあり、貴方様の取り組みには感服しています。
きまぐれは大いに結構であります。ユーモアにも感心しています、声を出して笑い転げている様子はコメントでは伝えることができません。さだまさしの灯篭流しでは涙が出るくらい転げました。
22日の探鳥会は勇んで出かけますのよろしくお願いします。

毎日うっとうしい日が続きますね。また23日の探鳥会の楽しみが増えました。(天気が心配ですが。)麻機野鳥シリーズは、お忙しいなか、ご企画してくださり、ありがとうございます。どんな鳥さんが、出てくるのか、ものすごく、楽しみにして待っています。

I.Tさん、フジモトさん、ありがとうございます。
『麻機の野鳥』シリーズはネタに困って始めたものです。
予定としては「麻機で撮影した麻機の野鳥を100種類」紹介して行きたいと思っています。いつものトリとめの無い話の間に不定期で挟んで行きたいと思っています。応援、感想、ご指導、よろしくお願い致します。

カワセミは何時も楽しみに見ています。えー!!これから麻機シリーズを開講ですか、嬉しいね 是非お願いします

K.Nさん、とうとう出て来てくれましたね。これからも応援、コメントよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻機の野鳥 1:

« キレイだ! | トップページ | 「オシドリ夫婦」は本当か? »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ