カテゴリー

« その場から | トップページ | 麻機探鳥会にて »

浮くか、沈むか

ミコアイサ

マガモ等の『淡水ガモ類』(大型のハクチョウ類やガン類等は除きます)はその場から一気に飛び立つ事が出来ますが、ミコアイサ『海ガモ類』(潜水ガモ)は飛び立つ時に助走を必要とします。

Dsc_2947

Dsc_2948c

Dsc_2949

『淡水ガモ類』でも海上で見られる事があるし、『海ガモ類』でも淡水で見られる事も有ります。

Dsc_2956c

『淡水ガモ類』は水上でエサをとる事が多く、『海ガモ類』は潜水してエサをとる事が多い様です(逆も有ります)。

Dsc_2957c

『淡水ガモ類』は水面から尾を上げている事が多く、海ガモに比べ体が高く浮いて見えます。

Dsc_0838

ミコアイサや『海ガモ類』は水面に尾をつけている事が多く、体がやや沈んでいる様に見えます。

Dsc_2916

※ミコアイサの飛び立ちを書くつもりで始めたら、淡水ガモと海ガモの話になってしまいました。図鑑によってミコアイサは「アイサ類」で、「海ガモ類」とも分けられています。以上は普段の観察を基に書きました。例外もある事をお断りしておきます。

ミコアイサ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/1000秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり)三脚・雲台:スリック 2月22日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

マガモ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF5.6 絞り開放 1/1000秒 ISO200 トリミング三脚・雲台:スリック 2月17日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« その場から | トップページ | 麻機探鳥会にて »

030 マガモ」カテゴリの記事

058 ミコアイサ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(^^)
尾の状態もそれぞれなんて、考えもしませんでした。
とても勉強になりました!
これからは尾もジックリ観察してみます♪

今日の探鳥会はいかがでしたか?
参加できなくて残念でした(涙)

ゴイサギ☆ペンギンさん、こんばんは。
今日の探鳥会も楽しかったですよ。
お天気はどんよりした曇り空でしたが、鳥は40種以上出て、充実した内容でした。
探鳥会の様子は明日掲載する予定です

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その場から | トップページ | 麻機探鳥会にて »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ