カテゴリー

« 偵察飛行 | トップページ | 塩辛と粉吹き »

オビトンボ

コフキトンボ

オビトンボとコフキトンボ。見た目も呼び方も違うので違う「種」と思うのですが、どちらもコフキトンボです。

Dsc_3352

コフキトンボ♀の中に翅の基部がオレンジ色になり、翅に帯状の斑紋が入る個体を『オビトンボ型』と呼んでいます。

Dsc_3372

麻機遊水地でも毎年何頭か観察されます。

Dsc_3402

オレンジの翅と黄色の腹部のコントラストがきれいで、とても可愛らしいトンボです。

Dsc_3420

下は一般的なコフキトンボ。

Dsc_3935

でも、コフキトンボの名前は一般には知られていなくて、大概の人はこのトンボを見て「シオカラトンボ」だと思っている様です。

ニコンD300s Aiマイクロニッコール105mmF2.8 絞りF5.6 1/320-1/2000秒 ISO400 (白地署名はトリミングあり)7月29-31日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 偵察飛行 | トップページ | 塩辛と粉吹き »

虫(トンボ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偵察飛行 | トップページ | 塩辛と粉吹き »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ