カテゴリー

« 酔ってなんかないヨ | トップページ | もっと来て »

己を知る

アオサギ

ジ~ッと水面を睨んだまま固まっていたアオサギが電光石火の早業で水中にクチバシを突き刺した

Dsc_3730

水中から引き揚げたクチバシには大きな魚が

Dsc_3706

あまりの大きさに捕った本人もややビビっている感じだ

クチバシの先に刺したまましばらく考え込んでいた。

Dsc_3716

熟考の末、口に入れるまでも無く、これは無理と判断したのか
そのまま魚を放した!これはめずらしい

Dsc_3733

折角捕ったのにでか過ぎた
クチバシを洗って出直しだ!

アオサギは時々大物を無理やり呑み込もうとして目を白黒させ悪戦苦闘している様子を見る。
自分が呑み込めるサイズが分かっていないのかな

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2500秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 5月20日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 酔ってなんかないヨ | トップページ | もっと来て »

144 アオサギ」カテゴリの記事

コメント

アオサギの「ハッ!デカイ・・どうしよう・・」という様子がおかしくて息子と笑ってしまいましたo(*^▽^*)o
いつもながら素晴らしいお写真・・どうして鳥さん達カメラ目線になってくれるのでしょう??

samさん、こんばんは。
アオサギも今ではごく普通に見られる鳥になりました。
アオサギがまだ珍しい頃にはツルに間違えられた事もありました。身近な鳥をじっくり観察して写真を撮るのが私流で、追い回さないで待つ事が、鳥に少しは安心感を与えているのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酔ってなんかないヨ | トップページ | もっと来て »

フォト

birds counter

  • カウンター
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

静岡バードウオッチング

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ