カテゴリー

« 白日夢 | トップページ | コウノトリよりも先に »

眼福

コウノトリ

昨日と同じコウノトリです。

Dsc_8048

カメラを出した時には既に頭の上を飛んでいて、

焦る焦る

Dsc_8085

3羽が夢の様にゆったり優雅に飛んでいる。

焦るから的が絞れずファインダーに入って来ない。

Dsc_8151

思い思いに旋回しながら高度を上げて行く。
たまに2羽が重なる。

Dsc_8379

3羽を同時に画面に入れ様としてもなかなか入って来ない。

無理に入れるから構図も崩れる。と言うか、構図なんて考えている余裕も無い。

Dsc_8241

もう少し早く来ていればもっと違う場面も撮れただろうに

飛んで行ってしまった後でもここへ来た人達がいたが、その人達の口惜しさを思えば、これだけ撮れたし、何と言っても3羽の夢の様な飛翔を見られただけでも贅沢な時間を過ごせたのだ。

眼福とはまさにこの事だろう。感謝、感謝。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000-1/3200秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 8月18日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 白日夢 | トップページ | コウノトリよりも先に »

119コウノトリ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
わわっ、びっくりです。この情報は知りませんでした。
これは皆さん、気もそぞろ。今夏のビックイベントでしたね。
ここを出た後、彼らはどこに行ったのでしょうね?
今回はカワセミさんの写真を見れたので十分満足です。
またいつか、どこかで出会えれば・・・

月見里さん、こんばんは。
飼育下で育ったコウノトリでも、一旦放鳥され自然の中で生きて行けば立派な野鳥ですね。3羽ともリングの識別から今年生まれの若い個体の様ですが、昔麻機で見たコウノトリに比べると随分痩せている様に感じました。羽も汚れている様だし、自然の中で生きて行くのは厳しいのでしょう。3羽とも無事な姿が、又何処かで確認されると良いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白日夢 | トップページ | コウノトリよりも先に »

フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ