カテゴリー

« カンヒ ヒカン | トップページ | 青い海と朱色 »

珍カモ

マガモ×カルガモ

レンジャクのニュースがあちこちから聞こえて来ます。

15日はレンジャクを探して出そうな所を回ってみましたが、メロドラマの様なすれ違いばかり

ならば遊水地で珍しいヤツを見付けてやろうと、目に付く鳥を片っ端から双眼鏡で確認。

池で寝ているカモだって、今日は見逃さない。

一羽一羽確認して行くと、

『おや

コイツは今迄見た事無いカモだ!

早速撮影開始。

寝ているからよく分からないが、頭に緑が見える。

Dsc_8749

奥に見えるのは遊水地では希少なオナガガモ。

起きたら突然バタバタを始めた。

Dsc_8708

奥に見えるのはカルガモ達。

風が強いので、寝ている間にそばへ流されて来た。

全体の感じはカルガモ。頭の緑とクチバシの黄色にマガモが少し見える。

Dsc_8807

クチバシの模様が色々な連想を呼び面白い。

Dsc_8784

もう少ししっかり撮っておけば良かった

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1250-1/1600秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 3月16日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« カンヒ ヒカン | トップページ | 青い海と朱色 »

900 雑種」カテゴリの記事

コメント

世間では”マルガモ”と言うとか言わないとか・・・
交雑体が私のような初心者を悩ませるんです!!
難しい世界です。

ママぼんさん、こんばんは。
マガモとカルガモで『マルガモ』ですか、思い付かなかったです
交雑の多いカモの中でも、この組み合わせはポピュラーな様です。カモの世界では交雑個体にも繁殖能力が有る者が居て、それがまた複雑な交雑個体を作り出して行くので、不思議なカモが出て来る様です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カンヒ ヒカン | トップページ | 青い海と朱色 »

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ