カテゴリー

« タマタマ親子 | トップページ | アオバト日和 »

ワクワク親子

タマシギ

このお父さんは私たちに気付きながらも、子供を連れてどんどん近づいてきます。

Dsc_2014

どんどん来るのでピントを合わせながら親子全体を画面に収めるのが大変

Dsc_2038

基本的に親にピントを合わせたいのですが、これが大変。忙しく動いていたかと思うと突然立ち止まってエサを探したり、

Dsc_2053

再び歩き出したりで、こちらは思う様にフレームに収められず焦るばかり

Dsc_2214

後で見返してみれば、なんでこんなフレーミングになったんだろうと情けなくなるばかり。親が一歩動くとピントも合わせ直し、フレミーングも変えなければならず、近ければ近い程難しくなります。このレンズはご存知の通り、壊れていて絞りは開放でしか使えないので、絞りで悩むことはありませんが、ピント合わせ(古いレンズだからもちろんマニアル)には神経を使います。

40年以上撮っていても、興奮は抑えられないもんです

このワクワクがたまらなく良いのですがね

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1250秒 ISO200 豆袋(車内より撮影) 8月24日 静岡県 

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« タマタマ親子 | トップページ | アオバト日和 »

271 タマシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タマタマ親子 | トップページ | アオバト日和 »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ