カテゴリー

« 花火 | トップページ | シジュウトリ »

いつまでも

アオバト

夏になるとアオバトです。

Dsc_6426

ここのアオバト撮りも通い続けてもう何年になるでしょうか。

Dsc_5803

何年通っても、満足な写真は撮れません。

Dsc_5805

撮影条件が難しい事も有ります。すべての条件が整った日など一日も巡り合っていません。

Dsc_6489

たまに近くのテトラに止まる事も有りますが、難しい光です。陽炎もジャマをします。

下はアオバトのオス。肩の辺りの赤紫色(ブドウ色)がオスの目印です。

Dsc_5836

下はメス。肩の辺りの赤紫色は見られません。

Dsc_5969

この場所も年々状況が変化しています。

波消しブロックの数が増え、いつも海水を飲みに来るブロックの所は、二重になったブロックのお蔭で波が静かになり、飛来するアオバトの数も若干増えた様な気がします。

飛来数が増えればチャンスも増える事になります。

ただ、写真を撮りに来る方に注意して頂きたいのは車の置き方と、地元の方たちへの配慮を忘れないで頂きたいと思います。いつまでも楽しく、気持ちよく写真撮影が出来る様、それだけはお願いしたいと思います。
 

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516  7月19日 静岡市

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 花火 | トップページ | シジュウトリ »

078 アオバト」カテゴリの記事

コメント

これだけいい感じに撮られているのに、 「満足な写真は撮れません・・・」 ですか?

私なんかが見れば、羨ましいぐらいの出来なのに、

やはりご本人にしてみれば、いろいろと目につくところがあるのでしょうか。

でも、それがより上を目指している方の気持ちなのかもしれませんね。

可愛い瞳もバッチリ。素晴らしいと思います。

korekoreさん、こんばんは。
どの道でもそうでしょうが、極めるなんて事は出来ませんし、満足なんかしたら終わりです。私はそう思っています。
撮ったばかりはよく撮れたと思っても、時間が経つと不満なところばかりが目立って来ます。それが次へのエネルギーになっていると思います。
嬉しいコメントありがとうございます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 花火 | トップページ | シジュウトリ »

フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影し、家にも泊って頂き、一緒に飲んだ思い出があります。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ