人気ブログランキング

カテゴリー

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お天気

birds counter

  • カウンター

« ヒヨドリ飛び出す | トップページ | いつまでも »

マイホームは遠く

カワセミ

菜の花とカワセミが撮りたくて、菜の花の咲く土手を歩いてカワセミを探しました。

以前、カワセミが菜の花に止まったのを見た事があるので、期待して探していますが、まず止まってくれません。

此処では“やらせ”で止まり木を挿す様な人も滅多に現れないので、自然に任せるしかないのですが、今年は土手の柳の木もきれいに切られてしまい、カワセミがゆっくり止まっている場所もありません。

下の写真もかろうじて伐採を逃れた小さな柳の木に止まっているカワセミですが、こんな木では逃げて隠れる場所も無いので、止まっていても落ち着きがありません。

Dsc_5752

この川の土手では毎年の様にカワセミが巣穴を掘ります。

しかし、この川の土手は低いのでチョッとまとまった雨が降ると増水し、巣穴も水没してしまいます。

この日も歩いていて簡単に巣穴を見付けました。

幾つか穴を掘っている様ですが、水面からの高さは50cmも有りません。

これでは雨が降ればたちまち水没です。

Dsc_5671

大体、此処に巣穴を掘るのは経験不足の若いカップルが多いのですが、今年はそんなに若いとは思えないカップルが掘っていました。

Dsc_5915

巣穴を掘っている前の土手は菜の花が一面にきれいに咲いているので、家族連れや散歩の人などが引きも切らずに訪れています。

皆さん、目の前でカワセミが巣穴を掘っているなんて、誰も気づきません。

カワセミも注目されていないと思えば、平気で穴を掘っています。

Dsc_8558

観察を始めて2週間後、ややまとまった雨が降り、その翌日様子を見に行ったら、一番高い所の穴が少し見える位置まで水が来ていました。

人間が近くに居ても頑張って穴を掘っていたカワセミでしたが、水没した事でこの場所を諦めた様です。

せめてもの救いは、まだ子供が中に居なかった事です。

それでも、何回かはこの土手に穴を掘ると思います。

掘っても巣穴が完成する前に大体水没し、放棄されます。

場所を少しづつ変え、2,3回水没すると諦めて山の方へ行くようです。

Dsc_1833

巣の事はブログで発表するべきでは無いと思いますが、今回は水没して放棄された“穴”となったので、紹介しました。

カワセミが安心して子育てが出来る様な場所を提供出来ないでしょうか。例えば遊水地の池の中に有る島に、小さな土山を作り、高さ2m位の垂直の崖を作ってやれば、カワセミは喜んで巣を作ると思います。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/100-1/500秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 3月5日-19日 静岡市・麻機

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

« ヒヨドリ飛び出す | トップページ | いつまでも »

383 カワセミ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。かわせみさんの仰るとおり、何とかカワセミが安心して子育てできる環境を整えてあげられないですかねえ。
自分も雨で川が増水した後は巣穴はどうなったかとハラハラしながら川沿いを歩いております。今シーズンはカップルは見かけましたが、ラブラブなシーンにはまだ出会っていません(泣)
野鳥と人間が豊かに共存できる麻機であってほしいと切に願っています。

かわせみネックウオーマー さん、こんばんは。
カワセミも住宅難で、ごみ処分様に掘った穴の壁にも毎年巣を作ります。
また、工事で使う土砂の山にも作っては壊されていますね。
何とかしてやりたいと毎年思うのですが、結局何もしてやれていません。
カワセミもしたたかですから、何とか自分たちで安全な場所を見付け、巣を作って繁殖はしている様ですね。

先日のメッセージで、お心配りありがとうございます

本日のカワセミの日記、熱く読ませていただきました。かわせみさんの生き物に対する真摯な姿勢に感動いたしました。
遊水地でもカワセミが、安定して子育てを出来る巣を作る場所が少ないようですね(>_<)

遊水地だけの問題ではないと思いますが、自分たちの住処や安住の地を脅かされることほど驚異なことは無いですね。

ミーコさん、こんばんは。
何処に住もうが、安心して住める事は幸せな事ですね。
人間にとってそれは基本的な事で、この基本が守れない国や地域に暮らす人達は本当に気の毒だと、胸が痛みます。
その様な国や地域の人達にしてみれば自分たちの暮らしさえ守れないのですから、鳥の事まで考える余裕はないでしょう。
幸いにしてこの日本は今のところ平和な暮らしが守られ、鳥の事も考えてやれる時間があります。
平和のありがたさですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒヨドリ飛び出す | トップページ | いつまでも »

フォト

ランキング

静岡バードウオッチング

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。

kaimono

  • 待望のイラスト図鑑
  • シギ・チドリ観察のお供に
  • バードウォッチングにお勧め
  • 興味深い鳥の話
  • 新しくなって、良くなった
  • タムロンの新ズーム
  • 鳥の事楽しく知ろう
  • カモの観察、識別に
  • ニコンの鳥撮りズーム
  • 「かわせみ」愛用のフィールド図鑑 鳥類リスト第7版準拠リニューアル
  • 野鳥撮影に
  • 探鳥のお供に 水辺の鳥と
  • バードウオッチング入門者に
  • 新しくなりました!写真図鑑1冊ならこれ
  • お買い物はここから
無料ブログはココログ