カテゴリー

« ピリリとほろ苦し | トップページ | レンゲの中で »

ツバメを撮る

ツバメ

今日は1羽のツバメです。

Dsc_2835

巣材をくわえて飛んでいる所、

Dsc_3200

エサを追い回している所。

Dsc_2970

空中を自由に飛び回るツバメ。

Dsc_2971

飛んでいる鳥を撮るのが大好きです。

Dsc_3846

飛んでいる鳥を撮っている時は全てを忘れ、鳥撮りに集中できます。

Dsc_3277

飛んでいるツバメは魅力が一杯です。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/2000秒 ISO200 トリミング 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 4月16日 静岡市・麻機遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« ピリリとほろ苦し | トップページ | レンゲの中で »

457 ツバメ」カテゴリの記事

コメント

飛んでいる鳥さんの撮影に挑戦したいですが
ツバメさんは自分には難易度が高すぎます〜
(^◇^;)
流石素晴らしいです!

こんばんは。
素早いツバメの飛翔シーン、素晴らしいですね!
私もツバメの飛翔シーンを何回か挑戦しているのですが、なかなか良いロケーションがありません(*_*)←撮ってる暇もないですが^^;

写真一枚一枚から、ツバメの喜怒哀楽が伝わってくるように感じました♪

むらまつさん、こんばんは。
飛んでいる鳥、特に小鳥は的(まと)が小さいうえに動きが速いのでそれなりに大きく撮ろうとすると大変ですね。これも長年の観察と慣れで、ツバメでも撮り易い時があります。ツバメの飛び方を見ていると、目で追う事も簡単に見える事があります。巣材を集めている時とか、風の強い日とか、水浴びをしようとしている時など、チャンスがあります。今日は何となくツバメが目に付くと言う日はチャンスです。それだけ近くを飛んでいる事になる訳で、レンズを向けてみましょう

ミーコさん、こんばんは。
鳥はやっぱり飛んでいる姿が一番魅力的だと思います。
フイルム時代は無茶な撮り方は出来ませんでしたが、今は思いっきりシャッターを押せます。チャンスがあったらガンガン撮ってください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピリリとほろ苦し | トップページ | レンゲの中で »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ