カテゴリー

« 様子とタマシギ | トップページ | 暗光鳥 »

カルガモ親子

祝・9周年

忘れていました。おかげさまで、昨日で連続更新9周年でした。

毎年写真展と重なる事が多く、忘れてしまいます。

皆様の応援のお蔭で毎日更新を続ける事が出来ています。

これからも応援、よろしくお願い致します

カルガモ

連れていた子ガモは7羽。

Dsc_6597

もう大きくなっていて、子ガモの可愛らしさも残り少なかった。

Dsc_6672

こちらは同じ場所から撮った違う親子。だいぶ遠い所に出ました。

Dsc_6711

連れているヒナは2羽。こちらはまだあどけない可愛らしさを残していました。

Dsc_6733

これ位の時には『みんな無事に育ってよ!』と願うのに、上の写真(168・169)くらいの大きさになって来ると、『こんなに大きくなっても、まだ7羽も残っているよ』(自分の中のエゴの声)となる。実際、カルガモのヒナがみんな無事に育ってしまったら、世の中カルガモだらけになってしまうだろう

ニコンD500 Aiニッコール600mmF4(N) 絞り開放 1/500-1/800秒 ISO200 (白地署名はトリミングあり) 三脚:ジッツオGT5541LS 雲台:マンフロット516 2017年 7月 2日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さい

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気になります

« 様子とタマシギ | トップページ | 暗光鳥 »

032 カルガモ」カテゴリの記事

コメント

 連続更新を9年間も続けられていてすごいものですね。本当におめでとうございます。毎日、楽しませてもらっています。昨日は、写真展を見て来ました。フライキャッチも、プリントされるとさらに迫力が増しますね。

ISOさん、こんばんは。
写真展にご来場頂き、ありがとうございます。
今回の写真展ではプリントする作品が決められず、4枚に流れが見られず、中途半端な展示となってしまいました。
会員の皆さんの作品のレベルも高くなったようです。
写真撮影、探鳥会、ブログ、写真クラブ、この四つが今の私の生き甲斐となっています。いつまで続けられるか、健康で動ける限りはこの中のどれかは続けて行きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 様子とタマシギ | トップページ | 暗光鳥 »

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ