カテゴリー

« 3月26日 モズ | トップページ | 3月28日 オオジュリン »

3月27日 カワガラス

カワガラス

月曜の遅い朝食時、普段あまり見る事の無いBS放送を見ているとムナジロカワガラスの事をやっていた。

それで思い出した。そう言えばあそこのカワガラスはどうなっているか。

その日は用事が有ったので、次の日朝早くからそこへ出掛けてみた。

行くとすぐにカワガラスを見付けた。

エサをくわえて巣と思われる場所に飛び込む寸前だった。

以前『RINO』さんと二人でカワガラスの観察を続けた時には巣の場所を特定するのに数日かけ苦労したが、今回はウソの様に簡単に見付けてしまった。

この日はこれ以上の長居は無用と、その場を離れる。

翌日、『RINO』さんと現場へ。

巣と思われる場所が見える所から観察をする。

しばらくすると親鳥が飛んで来たが巣と思われた場所を無視して上流へ飛んで行く。

かなり上流の大きな石(岩)の上に止まった。

Dsc_2727

目の良い『RINO』さんが「親鳥の近くで何か動いた」「あの辺に何か居る」と言う。

親鳥がまた私たちの目の前を通り過ぎて下流へ向かって飛んで行った。

親鳥が居た辺りを探すが大きな石(岩)がゴロゴロしていて見える範囲が狭くてとても鳥が見つかる感じではない。

諦めて、巣と思われる場所へ戻ろうとした時、何となく振り返ると、探していた辺りの岩の上に鳥が乗っているのが見えた。

『ヒナだ!』

Dsc_2916

ヒナがもう巣から出てこんな上流まで移動していたのだ。

だから親鳥は巣だった場所を無視してヒナの居るこちらへ飛んで来たのだ。

Dsc_2696

この日見たヒナは2羽。

写真で見ると巣立ちしたばかりにしてはしっかりしている様に見える。

Dsc_2996

昨日私が見た親鳥の行動は何だったのか。

巣の中にはまだ巣立ちしていないヒナが残っているのだろうか。

Dsc_2405

そう言えばヒナの所に来る親鳥はいつも1羽。

昨日違う場所で巣立ったヒナを観察していた東の友人たちの話によると、巣立ち直後に1羽のヒナがカラスに襲われてしまうと、残った1羽のヒナに2羽の親鳥が餌を持って来ていたと言う。

Dsc_3094

私たちも親やヒナに長時間ストレスを掛けたくなかったので早々に引き上げているので、その辺りの事情はよく分からない。

Dsc_2671

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/100-1/800秒 ISO400-3200 トリミング 2020年3月25日 静岡市

« 3月26日 モズ | トップページ | 3月28日 オオジュリン »

512 カワガラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 3月26日 モズ | トップページ | 3月28日 オオジュリン »

フォト
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

kaimono

  • カモメの識別に
  • 識別に便利な写真図鑑
  • カモの観察、識別に
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • 待望のイラスト図鑑
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ