カテゴリー

« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

8月15日 京女

キョウジョシギ

一旦飛び立ったキョウジョだったが、その先にはやっぱり磯遊びの人達がいて、戻って来ました。

Dsc_2826_20200812214901

シギ・チドリを撮る時には人出の多い時の方がチャンスが多い場合がある。

Dsc_2834

鳥撮りでない人でも、知らずに鳥に近付いて鳥を飛ばしてくれる事がある。

Dsc_2837_20200812214901

飛ばされた鳥が近くへ来てくれる事も少なくない。

Dsc_3179

チャンスに飛ばされてしまう事もあるからこれでイーブン。

Dsc_3329

どの鳥でもそうだが、こちらから鳥に近付いてもある程度の距離で飛ばれてしまい、それでも追い掛けて近付いて行くと更に遠い所へ飛ばれてしまう。周りに人が居る時にはその動きを見て鳥が来そうな場所で待っていると近くで撮れる事がよくある。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF併用 絞りF8 1/1600-1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月10日 静岡県

8月14日 渚にて

シギチ色々

岩場にシギチが何種類かいた。

手前から、メダイチドリ、ミユビシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、ダイゼンの姿が見える。

Dsc_2402_20200812210001

ダイゼン

この時は一羽だけで、近くへ来る事は無かった。

Dsc_2299

キアシシギ

キアシシギ、この時は7~8羽いた。他にメダイチドリ、キョウジョシギの背中などが見える。

Dsc_2351

トウネンメダイチドリミユビシギ

撮っている時にはメダイチドリばかりを見ていたので手前にトウネンが居るのは、家に帰ってから画像を確認していて気が付いた。

Dsc_2449

ミユビシギメダイチドリ

Dsc_2544

ミユビシギ

此処では最もよく見られるシギ。それでも30羽以上の群れは見た事が無い。

Dsc_2438

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(290-400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月10日 静岡県

8月13日 オオメ

オオメダイチドリ

岩場にシギ・チドリ類が群れていた。

Dsc_2327

メダイチドリとミユビシギが多いが、中に少し大きいオオメダイチドリがいた。

Dsc_2452_20200812203801

メダイチドリと並んでくれると大きさの違いがよく分かるが、狙っているとなかなか並ばない。
他の二羽はミユビシギ

Dsc_2442

クチバシの大きさが離れていても分かる所か。

Dsc_2431

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月10日 静岡県

8月12日 飛来

キョウジョシギ

行く手にシギ・チドリの小さな群れ。

Dsc_2626_20200811180101

磯遊びの親子がその群れに向かって歩いて行く。

Dsc_2631

案の定群れは飛び立ち、その中の何羽かがこちらへ向かって飛んで来る。

Dsc_2632_20200811180101

飛んで来たのはキョウジョシギだ。

Dsc_2794

意外と近い所へ降りてくれた。

Dsc_2797

Dsc_2799

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/2000-1/4000秒 ISO400 トリミング 2020年8月10日 静岡県

8月11日 悩殺ポーズ

アオバズク

つぶらな瞳で見つめられたらキュン

Dsc_0425

『何だろネェ~~』のポーズでコロリ

Dsc_0467

強面ですごんでみるがやっぱり可愛い

Dsc_0605

『ジェット機のポーズ』で決まった

Dsc_0803

ヒップラインで悩殺

Dsc_0950

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF7.1- 8 1/125-1/160秒 ISO800 2020年8月3日 静岡市

8月10日 ウミネコ

ウミネコ

川に入って来たウミネコが川魚を捕っていました。

Dsc_10052_20200808074301

Dsc_9925

Dsc_10157

Dsc_10042_20200808074301

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/1000-1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月1日 静岡市

8月9日 青葉の中

アオバズク

此処はヒナが4羽出て、1羽が途中で何者かに襲われて3羽に。

Dsc_0889

Dsc_0890

Dsc_0762

この日も撮影は短時間でササッと済ませる。

Dsc_0774

Dsc_0897_20200806204701

Dsc_0903

わずかな時間の中でこの日は親子5羽がよく動いてくれた。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/125秒 ISO800 2020年8月3日 静岡市

8月8日 ソリ キア

ソリハシシギ

足元近くに居たのに気付いたら飛ばれた。

Dsc_1425

Dsc_1469

此処でソリハシシギを見るのも久し振りだ。

キアシシギ

ソリハシを追い掛けていたのはキアシシギだった。

Dsc_1543

Dsc_1699

キアシはソリハシを遠くに追い払った後再び近くに戻って来た。

Dsc_1712_20200806201001

Dsc_1637

 

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月6日 静岡市

8月7日(2) 大物

本日二本目

トビ

若いトビが何度も海面スレスレを飛び、何かを引き上げた。

Dsc_7331_20200801212701

大きな魚だ

Dsc_7333

大き過ぎたのかすぐに落としてしまった。

Dsc_7334_20200801212701

このあとこの魚には未練が無かったのか、他の若いトビと沖のテトラで遊んでいた。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/1250秒 ISO800 トリミング 2020年7月27日 静岡市

8月7日 蝶の様に

チョウトンボ

蝶の様に翅の幅が広く、ヒラヒラ飛ぶ。

Dsc_1356

飛んでいる時には真っ黒に見えるが、光の当たり方で虹の様な光沢が出る。

Dsc_1204

今回は飛んでいる者が少なく、飛んでいるのは遠くばかりで、飛んでいる姿は諦めた。

Dsc_1301

Dsc_1343

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/100-1/500秒 ISO400 トリミング 2020年8月4日 静岡市

8月6日 ヒクイナ

ヒクイナ

何も居ないと戻るために振り返ると、今歩いて来た足元にヒクイナが出ていました。

Dsc_1009

私が歩いて来た時には私の気配で隠れていたのでしょう。

Dsc_1021

行き過ぎたと思って安心して出て来たのでしょう。

Dsc_1053

こんな事がよくあるので、私は鳥撮りで歩いている時も時々振り返って、今来た道を見直す様にしている。

Dsc_1059

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8 1/100-1/500秒 ISO400 トリミング 2020年8月4日 静岡市

8月5日 ネコじゃない

ウミネコ

ネコの様な声で鳴くのでウミネコ。

Dsc_9619

Dsc_9620

声はネコの様で可愛いが、目つきが鋭く、どうも好きになれない。

Dsc_9630

この日はウミネコばかり。

Dsc_9645

近くへ飛んで来てくれればありがたく撮らせてもらう。

Dsc_9656

8月1日。この日、東海地方は梅雨が明けたがどうもはっきりしない。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/2000秒 ISO400 トリミング 2020年8月1日 静岡市

8月4日 ノビ

アオバズク

アオバズクヒナの伸びです。

Dsc_0628

丁寧に羽繕いをしたあと、翼を大きく上に上げます。

Dsc_0629

これを撮りたくて手持ちで待っています。

Dsc_0630

羽繕いがなかなか終わらず、機材を持つ手も疲れるし、何より首が痛くなって我慢が出来ない。

Dsc_0631

そこでついつい機材の構えを解いて、首を下に向けてグルグル。

Dsc_0634

そんな事をしている時にこの伸びをやられてしまう。

Dsc_0638_20200803173201

今回は手持ちで無ければこの隙間は見付けられない様な、枝が込み入った中でした。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF7.1 1/125秒 ISO800 2020年8月3日 静岡市

8月3日 ササゴイ

ササゴイ

ササゴイも幼鳥が出ていました。

Dsc_8978

Dsc_8882

Dsc_8856

ゴイサギの幼鳥を『ホシゴイ』と呼ぶ事がありますが、ササゴイの幼鳥にも星の様な模様が見られます。

下はササゴイの成鳥。笹の葉の様な模様が見えます。

Dsc_4856

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF7.1-8 1/800-1/2500秒 ISO400-800 トリミング 2020年6月5日(成鳥)と7月31日 静岡市

8月2日(2) キアシシギ

本日二本目

キアシシギ

ウミネコばかりだと思っていたらシギの声が飛んで来た。

Dsc_9716

ウミネコのそばにキアシシギが5羽舞い降りた。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm)MF 絞りF8 1/1600秒 ISO400 トリミング 2020年8月1日 静岡市

8月2日 コフキ コムラサキ

コフキトンボ

近付けない所でも400mm(35ミリ換算600ミリ相当)あればかなりアップで撮れる。

Dsc_3497

Dsc_3502

コムラサキ

最短撮影距離も1.5mだからチョウなどの全身もアップで撮れる。

Dsc_3613

Dsc_3668

このレンズ小さく軽いし、私が買った頃は6万円でおつりが来たし、なかなか便利だ。

タムロンの回し者みたいだが、タムロンからは何ももらっていない。

シグマのレンズも愛用していますよ。先日のプラモはシグマのレンズ使用。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(400mm) 絞りF8-11 1/320-1/400秒 ISO800 (白地署名はトリミングあり)2020年7月21日 静岡市

8月1日 アオバズク

アオバズク

親子。左が親で右がヒナ。お腹の褐色斑と地色のコントラストで区別できる。

お父さんかお母さんか聞かれる事が多いが、個体差があるのでオス、メスの区別は私にはできない。

Dsc_7831

ヒナは羽毛がフワフワしていて何処かあどけなさがある。

Dsc_7420

Dsc_7475

Dsc_7491

Dsc_7610

Dsc_7582

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 Di VC USD(340-400mm) 絞りF7.1 1/100-1/125秒 ISO800 (白地署名はトリミングあり)2020年7月28日 静岡市

« 2020年7月 | トップページ

フォト
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

kaimono

  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 大量の画像を整理するのに便利『かわせみ』長年愛用のソフト
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • 鳥の気持ちになる
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
  • バードウォッチングにお勧め
無料ブログはココログ