カテゴリー

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

8月31日 渚にて

渚にて

小説「渚にて」は1957年にネビル・シュートによって書かれた。

第3次世界大戦が勃発し、北半球は放射能で汚染され全滅。

たまたま深海を潜航中だった原子力潜水艦がまだ汚染の広がっていない南半球のメルボルン(オーストラリア)へ避難。

しかし汚染は確実に南半球へも広がって行き、人類滅亡の日は刻一刻と迫って来る。

都合の良い逃げ口など無い、シリアスなドラマが静かに坦々と進み、最後の日を迎える。

1959年にグレゴリー・ペック主演で映画化され、私は中学か高校の時テレビで放映されたものを見て感動し、すぐに原作も読んだ。

今も心に残る名作だと思っている。

 

オオメダイチドリ

Dsc_3709

キョウジョシギ

Dsc_2836_20210830080401

暑くて長かった8月も今日で終わりです。

やたらに長く感じたが、今年の8月は何も残せなかった。

 

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 8月 静岡県

8月30日 食うか食いっぱぐれるか

ヨシゴイ

今日はヨシゴイ親子の凄まじい食事風景です。

親が子供に食事を持って来るとそれはもう大変な騒ぎです。

子供は我先に親鳥の許へとんで行き、親鳥の頭を上からくわえてしまいます。

Esc_0243

初めて見れば、これは共食いか?!と思える迫力です。

Esc_0245

親鳥はこの攻撃?にたまらず、呑み込んでいた魚を吐き出します。

Esc_0258

これを子供は実に巧みに自分の口の中に入れます。

Esc_0252

子供達に食事をやり終えた親鳥はもうヨレヨレ状態で逃げる様に次の獲物を捕まえに行きます。

Esc_0248

これを見ていると、本当に親は大変だなと思います。

ニコンD500 Ai NIKKOR 600mmf/5.6ED(IF) F5.6 1/2000-1/2500秒 ISO400 静岡市

8月29日 こども

ヨシゴイ

此処のヨシゴイがまだそれ程有名で無かった頃の写真です。

Esc_0261

この頃が一番良かったかも

Esc_0256

子供もよく出てくれたし

Esc_0253

地元の人とのゴタゴタも無かったし

Esc_0266

今は何処で繁殖しているのか

Esc_0249

今回はヨシゴイの子供だけです。

 

ニコンD500 Ai NIKKOR 600mmf/5.6ED(IF) F5.6 1/2000-1/2500秒 ISO400 静岡市

8月28日 ヨシゴイ

ヨシゴイ

ヨシゴイのオスとメスが同時に姿を見せた。

左がオスで右がメス。頭の色、体全体の色の感じから。

Esc_0263

昨日のブログで「空飛ぶ広報室」の事を書いたら、思い掛けない人からメールを頂きました。

Esc_0317

この人もこのドラマを見て感動していたのかと思うと嬉しかったです。

「空飛ぶ広報室」はプライムで見られますよ。

Esc_0318

さて、今日の写真は古いですよ。

Esc_0319

昔の懐かしい画像です。

Esc_0228

まだまだ未発表の写真は有りますよ。似た様な物ばっかりだけどね。

Esc_0320

明日はヨシゴイの子供にするかな。

ニコンD500 Ai NIKKOR 600mmf/5.6ED(IF) F5.6 1/2000-1/2500秒 ISO400 静岡市

8月27日 エレメント

キョウジョシギ

2羽で飛ぶキョウジョシギ

Dsc_8201_20210825204401

確か、2機で飛ぶ最小の編隊を『エレメント』と呼ぶと、ドラマ「空飛ぶ広報室」で見た記憶がある。

プライムで見た『ガッキー(新垣結衣)』主演のドラマでした。

Dsc_8202_20210825204401

ガッキーは好きな女優さんの一人で、他に「逃げるは恥だが役に立つ」も何度か見た。

こちらは星野源さんと共演のラブコメディーで、二人は現実でもドラマの様に結婚へと進みました。

Dsc_8209

個人的には『逃げ恥』よりも『空飛ぶ』の方が好きです。

『空飛ぶ』の方にはガッキーと飛行機が出て来るからです。

Dsc_8212_20210825204401

自衛隊に対する認識も変えてくれるだろうし、内容的にも私には感動的でした。

自衛隊をただ戦争と結びつける事しか出来ない人にぜひ見て頂きたいドラマです。

Dsc_8225_20210825204401

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (270mm) 絞りF8 1/2000秒 ISO400 2020年8月20日 静岡県

 

8月26日 アオバズク

アオバズク

昨日の事でもよく覚えていないのに、去年の事となるとさっぱりです。

Dsc_7554

今は外にも出られないので、家で昔の写真を整理していますが、同じような写真ばかり沢山ある。

この画像を次に見るのはいつだろうか。

Dsc_7645

外付けのハードディスクがもう何個もたまっている。

PCに常時つないでいるのは4TBが2個と2TBが2個。

この4個ももうすぐ満タンになりそう。

Dsc_7959

満タンになってその辺に転がっているのがいくつあるのか?

それらを再びPCにつないで見る事は多分無いだろう。

Dsc_8462_20210824145401

そこから先を考えると空しくなるので考えない。

早く撮影に出て、こんな空気を吹き飛ばしたい。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF7.1 1/125秒 ISO400 2020年7月29日 静岡市

8月25日 飛び立ち

クロサギ

在庫が何万枚有っても、新しい物が残っているからそれから出して行きます。

Dsc_030_20210823204901

フイルム時代には千枚残すのも大変だったが、デジタルになって1万枚なんて数週間で撮ってしまう。

Dsc_031_20210823204901

D300の時には半年で15万カット以上撮り、シャッターユニットが壊れ、保証期間内だったので無償でユニットを新品に代えてもらった。

Dsc_032_20210823204901

さすがにニコンだ、と思った。

Dsc_033_20210823204901

そんな時代も有った。

Dsc_035_20210823204901

最近はほぼ毎日撮影に出ていたので、一回でそんなに撮りまくる事も無くなった。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月24日 飛燕

ツバメ

飛んでるツバメ「飛燕」です。

Dsc_0004_20210823201601

撮影に出られない日が続いています。

Dsc_0006_20210823201601

在庫はいくらでもあります。

Dsc_0005_20210823201601

もう腐っているカモ

Dsc_0007_20210823201601

私も家の中でくさってる

Dsc_09_20210823201601

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月23日 アカハジロ?

こんなカモ

去年の画像を整理していて見つけました。

Dsc_0694 

キンクロハジロが来ているか様子を見行った時に撮って来た画像です。

その時にはスズガモのメスが1羽入っていると簡単に見過ごしました。

去年の暮れにはメジロガモのメスが出て話題になりましたが、見た目の感じがメジロガモとも違います。

この池ではかなり以前にアカハジロのオスが出ています。

Dsc_0693_20210820140901 

アカハジロのメスなのか? 脇の白い部分は見えていないが…

スズガモのメスは ↓ こんな感じ あきらかに違う

Dsc_9129

今のところアカハジロ?としている。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF8 1/320-1/400秒 ISO400 2020年10月31日 静岡市

8月22日 飛燕

川崎 三式戦闘機 飛燕 Ⅰ型丁

タミヤ1/72

「飛燕」は大戦中の戦闘機としては日本で唯一の液冷エンジン搭載戦闘機(第二次世界大戦の「軍用機」がよくわかる本:ブレインナビ編著 PHP研究所発行 以下もこの本を参照)

Dsc_7307

陸軍はドイツのメッサーシュミットBf109のエンジン、ダイムラーベンツDB601の製造ライセンスを買い、川崎でハ‐40の名称で国産化。

Dsc_7317

同エンジンを搭載したキ‐60と、キ‐61を開発。

Dsc_7290_20210822112901

1943年にキ‐61が三式戦闘機「飛燕」として制式採用される。

Dsc_7335

最高速度590km/h 航続距離1100km 

Dsc_7237

当時としては特に優れた性能では無かったが、高々度性能が日本機の中では比較的良かったので、B-29から本土を守る防空戦闘に活躍した。

Dsc_7248

飛行第244戦隊 小林照彦大尉搭乗機を手本にしていますが、塗装などは、いつもの様に独自解釈です。
(プロペラ尖端の黄色は貼り忘れ、撮影後に貼りました)

※写真を撮り直して張り替えました。

 

ニコンD500 AF-S Micro NIKKOR60mmf2.8G ED 絞りF36 0.4S-1/2秒 ISO400

8月21日 アオバトの後ろは

アオバト

静岡にも緊急事態宣言が出た(8月20日から9月12日)

今更というか、小出しにズルズルいつまで続けるつもりなのか。

Dsc_022_20210818135401

去年の最初の宣言の時、日数で切るのではなく、感染者数で切るべきだった。

あの日数はどこから、どうやって出したのか?

去年の最初の時なら国民の危機感も大きく、感染者数もそれ程多くなかった。

実際に宣言以降では感染者数も確実に減少していた。

今更感染者数で切るのは現実的では無いかもしれない。

無知な私には経済優先、人命軽視がこの事態を呼んだとしか思えない。

Dsc_023_20210818135401

いまやコロナに感染してもまともな医療も受けられない。

いつからこんな日本になってしまったのか。

ぼやいても仕方ない。

Dsc_024_20210818135401

在庫から面白おかしくやって行きましょう。

山に帰るアオバトの後ろ、電柱に止まるのはオジロワシか?

Dsc_025_20210818135401

ならスゴイけど、いくら見てもトビはトビだ(>_<)

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO400 静岡市

8月20日 奇跡のオオタカ

オオタカ

昨日は「いぬわし」と言って、「ヘリコプター」でお茶を濁したので、今日は野鳥のオオタカです。

Dsc_6476

Dsc_6501

Dsc_6498a 

犠牲者はコサギだった。

散歩していた私の足元へ獲物を持って飛んで来た。奇跡だ!!

100-400のズームだったので良かった。500mm単体なら下がらなければ撮れなかった。

ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF8 1/160-1/200秒 ISO400 静岡市

8月19日 『いぬわし』現る

『いぬわし』現る!?チュウシャク付き

毎度おなじみの海岸。

チュウシャクシギ

Dsc_0004_20210816201101

シギチのシーズンには鳥撮りさんもやって来る。

Dsc_0005_20210816201101

今日はチュウシャクシギ。

Dsc_0006_20210816201101

カニを捕まえてご機嫌。

Dsc_0003_20210816201101

上空には海上保安庁のヘリコプター

Dsc_171180

機体には「いぬわし」の文字。

Dsc_171181

※註:『いぬわし』は『いぬわし』でも機械仕掛けの「いぬわし」でした。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/1600-1/3200秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月18日 クロサギ

クロサギ

この日はクロサギが行ったりきたり、目の前をよく飛んでくれた。

Dsc_007_20210815194401

Dsc_004_20210815194401

Dsc_005_20210815194401

Dsc_006_20210815194401

陽が出たり隠れたり。

Dsc_002_20210815194401

逆光になる此処では曇ってくれた方がクロサギの質感は出る。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6 1/3200秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月17日 メダイ飛ぶ

メダイチドリ

10羽程のチドリの群れが海上を飛んでいた。

Dsc_3758_20210814203101

Dsc_3748

Dsc_3753

Dsc_3763

Dsc_3673

PCモニターで確認するとメダイチドリだった。

左下の一羽はシロチドリ

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/3200秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月16日 キョウジョ

キョウジョシギ

これだけコロナが広がって来ると、不要不急の外出も控えてお家モードです。

Dsc_3508_20210813143001

写真も8月8日から撮っていません。

Dsc_3519

これからは在庫からのお宝探しです。

Dsc_3518

思い掛けない写真が出て来るカモです。

Dsc_3553_20210813143001

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6 1/3200秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月15日 銀河

空技廠 P1Y2 陸上爆撃機 銀河 16型

(ハセガワ1/72)

子供の頃好きだった飛行機です。

最近発売されているのを見付け衝動買いです。

_008_20210812164601

エリート集団(空技廠)が設計した素晴らしい性能の飛行機だったが、もうこの飛行機を作る頃には優秀な技術者も整備兵も戦地に駆り出され、作るのも、整備をするのも臨時徴収した素人ばかり、材料だって粗悪品。

_003_20210812164601

設計通りの性能を出せる訳が無い。

_011

1000機ばかりが作られたが実際に稼働した機体は少なく、十分に活躍することなく終戦を迎えた(色んな本から)

_001_20210812164601

この模型は「第762航空隊所属機」を元にしているが、私のは例によって忠実ではない。

※偶然ですが、今日は終戦記念日でした。

 

ニコンD500 タムロンSP AF17-50mmF2.8(38-42mm) 絞りF32 1/6秒 ISO400

8月14日 かき氷

シロチドリ

頭でっかちで何となくカワイイ。

Dsc_2705_20210811174301

Dsc_2660

波打ち際で波に追われて走る姿も愛嬌がある。

Dsc_2771

夏の定番かき氷。その幟旗に描かれている鳥もシロチドリと言う話も(諸説あり)

Dsc_3706

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り6.3-8 1/3200秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月13日 物欲をそそる

ツバメ

最近は欲しくなるような新製品も出ないとつい最近書きました。

ところが、欲しくなるようなカメラが知らない内に出ていたんです。

Dsc_8146_20210811170701

私も最近では写真雑誌なども見なくなったので全く知りませんでした。

思い掛けない所で見掛けてしまい、一目見て欲しくなりました。

Dsc_7923_20210811170701

カメラの名前は Nikon Z fc

昔ながらのデザイン、ダイヤル操作、カメラをいじる楽しみがありそうです。

Dsc_7805

これならミラーレスでも欲しいと思えます。

『ニコン親爺』の気持ちもこれで騒いでいるでしょう。

若い人にもこのデザインが人気で、品薄状態だそうです。

Dsc_7541

このところ勢いの無かったニコン。少しは元気が出るか。

Dsc_7304_20210811170701

これで何を撮るの?と言われると・・・

確かに今はD500で間に合っているし、Z fcを買っても鳥撮りに使う事はまず無いでしょう。

Dsc_7293_20210811170701

でも、久々に物欲をそそるカメラが出て来て嬉しくなりました。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR MF  絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月12日 お食事

クロサギ

水溜りで何か捕っている。小さなハゼみたいだ。

Dsc_9034

次にくわえたのは石ころの様にも見えるが、生き物なのか?

Dsc_9059_20210810130801

何度もくわえ直しては諦めて捨てた。

Dsc_9123

場所を変えて、今度は何を捕るかな?

Dsc_170439

岩陰に一瞬消えてすぐに出て来た。

今度は大きな魚をくわえている。

Dsc_170548

どうやらボラのようだ。

Dsc_170553

逃げられない様に水辺から岩の上に運んで

Dsc_170594

ボラさん、最後の抵抗をするも

Dsc_170607

無念。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/1600-1/2000秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月11日(2)メダイ・ミユビ

メダイチドリ

夏羽から冬羽に移行途中で何となくみすぼらしい。

Dsc_3069

夏羽だと首から胸のオレンジ色がもっと鮮やかできれい。右端がミユビシギ。

Dsc_2998_20210809140501

ミユビシギ

こちらも夏羽から冬の羽に変わる途中。

Dsc_3203

私は冬羽のミユビシギが、派手さは無いが美しくて好きだ。

Dsc_3132 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF7.1-8 1/3200-1/4000秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月11日 小群飛翔

メダイチドリ・ミユビシギ

10羽程の小さな群れでしたが、思い掛けない群れの飛翔に感動しました。

Dsc_2780

海岸に2~3羽のミユビシギが居るのが分かって近付くと

Dsc_2809

その周りから思いがけず10羽程の群れが飛び立った。

Dsc_2821_20210809115301

こんなに居たのかと驚き、慌ててフレームで追ったが、

Dsc_2829

ピントが何処に行ったのか、ピントリングをいくら回してもフレームの中はぼやけたまま

Dsc_2834_20210809115301

昔のレンズはピントリングに行き止まり?が有ったのに、今のAFレンズには行き止まりが無くて、ピントリングが無限に回る。

Dsc_2894

だからぼやけたフレーム内はいくら回してもボケたまま。

それに気付いて反対に回しても後の祭り。

ようやくフレームの中で鳥がハッキリ見えて来た頃には一番いい時は過ぎている。

まあ、それが実力だから仕方ない。

※メダイチドリの方が若干大きい。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF7.1 1/3200-1/4000秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月10日 チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

会えて嬉しいチュウシャクシギ。

Dsc_9560_20210809112801

Dsc_9679

Dsc_9564

Dsc_9566_20210809112801

Dsc_9605

Dsc_170085

この日も数羽と出会う事が出来ました。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/2000-1/2500秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月9日(2)キアシシギ再び

キアシシギ

再びシギチ来る岬へ行ってみました。

Dsc_3632

Dsc_3640_20210809110501

Dsc_3645

Dsc_3324

キアシシギがいました。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-8 1/3200秒 ISO400 8月8日 静岡県

8月9日 キアシシギ

キアシシギ

キアシシギはまだ普通に見られるシギだ。

Dsc_9380

繁殖地、中継地、越冬地この何処かの環境が悪くなれば、キアシシギだとて油断はできない。

Dsc_8871

鳥達はいつも環境の変化をまともに受け止め、場合によってはその生活、命も絶たれる。

Dsc_8870_20210808160601

鳥達に与えた環境の変化はやがて人間の生活や命にも影響を与える。

Dsc_8869

私たちもようやくその事に気付き始めた。

Dsc_8498_20210808160601

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500-1/3200秒 ISO400 8月6日 静岡県

8月8日 クロサギ

クロサギ

台風の影響が少し出ているのか、此処は普段でも風が強く波が高い。

Dsc_8696_20210807143801

此処での狙いは波しぶきと鳥の絡み。

Dsc_8668

本当に波が高い時には危険なので海岸には降りない。

Dsc_8669_20210807143801

この日は風に運ばれ雨がパラついたりした。

Dsc_8670

雲が流れて来ると上の様に暗くなるが、雲が無くなれば真夏の青空が広がる。

Dsc_8540_20210807143801

青空は歓迎だが、太陽の直射はキツイ。

Dsc_8542_20210807143801

少し海を多く入れて涼しさを出してみた。

Dsc_8560_20210807143801

クロサギもゆったりと飛んでいる感じだった。

Dsc_8561_20210807143801

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500-1/3200秒 ISO400 8月6日 静岡

8月7日 コシアカツバメ

コシアカツバメ

ツバメの中に少しだけコシアカツバメが混ざって飛んでいた。

Dsc_8008

こんな時でも数が少ない方に希少性を感じる。

Dsc_7135

コシアカが近くへ飛んでくれば優先的に撮る。

Dsc_7111

まだ若いのか、色が薄いのが捉えやすい。

Dsc_7074

ツバメに比べると直線的に飛ぶ時間が長いので少しだけ捉えやすい。

Dsc_7077_20210806064001

近くを飛んでくれる時はやはり速い。

Dsc_7076

※一枚追加 忘れてた

Dsc_6477_20210807150101

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR MF  絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月6日 ツバメ

ツバメ

イソシギを撮ると後は目の前を元気に飛び回るツバメ。

Dsc_6844

これを撮らないと次が無い。

Dsc_6922_20210805195701

今回VRは切ったり入れたり。 ↓ 獲物は目の前。

Dsc_6811_20210805195701

ピントはMF(マニアルフォーカス) ↓ 獲物は口の中。

Dsc_6869

水面近くを飛んでいるのでAFだと肝心な時にボヨ~~~ンと大ボケ。

Dsc_6384_20210806061901

 

それが嫌だから最初からMF

Dsc_7283

今回も捉えているのは若い個体が多かった。

Dsc_8065

成鳥に比べ、若い個体は飛び方が単純だから捉えやすい。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR MF  絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月5日 暑さに負けず

イソシギ

鳥撮りに出ていないので新作が無い。

Dsc_6664_20210804171301

飛行機も最近新作が出来ていないし、暑さに負けて何もしていない。

Dsc_6685

久し振りにカメラを持って河口へ行ってみた。

Dsc_6688

暑い!! それしか出ない

Dsc_6757_20210804171301

元気に飛んでいるのはツバメだけ。

Dsc_6818

ようやく見つけたのはイソシギ1羽。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO400 8月4日 静岡市

8月4日 ハヤテ

中島 四式戦闘機 疾風

子供の頃は『零戦』が一番。少し大きくなって『疾風』が好きになった。

002_20210803111901

この模型もプラモ作りを再開して初期に作ったものだ。

007

人気がある機体だと思うが、意外と製品が少ない。

015_20210803111901

1/72は本格モデラ―には作り甲斐が無いかもしれないが、1/48だと作った後の保管場所に困る。

019

例によって、塗装もデカールもいいかげんだ。

024

次に作る時にはもう少し気合いを入れ丁寧に作りたい。

外箱も捨ててしまった様で、確かハセガワの1/72だったと思う。

ニコンD500 タムロンSP AF17-50mmF2.8(50mm) 絞りF32 1/4秒 ISO400

8月3日 ついて行けないだけ

アオバト

またアオバトです。撮り方も毎回同じです。

Dsc_4583

前日の水平飛行しているハヤブサくらいの速さだとAFも食い付いてくれる事も有るが、ハヤブサに追われて全速力で逃げて来るアオバトになると的も小さいし、動きも複雑でとてもAFでは追い切れない。

Dsc_4585

的が小さいからAFポイントで捉え続けるのが大変だし、一度外すともう次はあり得ない。

アオバトは一瞬で頭の上を通り過ぎてしまう。

それが嫌だからMFで撮る事になる。

Dsc_4591_20210731213001

AFポイントを増やせばいいのかもしれないが、そこまでしてAFに頼りたく無い。

まだ、自分の目で被写体が追える内は。

何処のポイントに合うのか分からないのならMFにして自己責任でピンボケした方が諦めがつく。

Dsc_4593

AFは常に中央1点が基本。位置は動かしても数を増やした事は一度も無い。

フォーカスポイントの位置は気にするが、フォーカスポイントの数には全く興味が無い

合わせたい所にピントが合ってくれれば数は問題では無い。

メーカー各社も『瞳AF』などの新機能を次々開発し、夢の様なカメラの実現に向け努力しているようだ。

が、宣伝先行で実際には使えない機能ではあまり期待できない。

私などは頭が古く、新しい機能について行けないだけなのだ。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO800 VR-OFF  MF  7月27日 静岡市 

8月2日(2)隼の去った後

摂理

ハヤブサは何も捕らずに去って行ったように見えた。

Dsc_4249

しばらくはアオバトも出て来ないし、静かな時間が過ぎて行った。

この日は海上に漂流物が多かったが、波は静かだった。

そんな漂流物の中の一つに目が止まった。

テトラが二段になってから見る事が無かったが、溺れているアオバトに間違いない。

Dsc_4066

何でこんな静かな日に溺れてしまったのか?

原因は家に帰ってから画像確認していて分かった。

画面端っこにピンボケで写っていた。

Dsc_4247

ハヤブサはアオバトに一撃を加えていたのだ。

これを撮っていた私にはこの瞬間が見えていなかった。

こちらへ向かって全力で飛んで来るアオバト2羽を追っていて、その2羽が急に両側に分かれてどちらを追うか迷ったがシャッターは押し続けていた。

画面は目標を見失い、これ以上は追っていない。

ファインダーの中ではアオバトもハヤブサも見えていなかったのだ。

ハヤブサが此処まで来ていたとは。

ファインダーから目を離してハヤブサが近くに来ているのに気付き慌てて今回の最初の写真を撮った。

アオバトは逃げたと思っていた。

 

海上を浮いていたアオバトはしばらくすると沈んで見えなくなった。

それを忘れた頃、トビが飛んで来て海上から何かをすくい捕ってテトラの上で食べ始めた。

Dsc_4222

アオバトだった。

やがてカラスも集まって来て、 それが自然界の摂理。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO800 VR-OFF   7月27日 静岡市

8月2日 隼

ハヤブサ

ハヤブサが稀に出て来る。

Dsc_4260

アオバトの飛来数が減り、比例して出会う確率も低くなっている。

Dsc_3576

この時も沖のテトラにまだ2羽しか出ていないのに焦った様に出て来た。

Dsc_4266

先の2羽に続いて出て来た群れに早々気付かれ、狩りは失敗。

Dsc_4265

次はやや慎重に群れが降りてから、私が気付かない内に来ていたが、帰りは何も持たずに山へ帰って行った。

Dsc_4273_20210801143801

今シーズンは狩りに成功した所はまだ見ていない。

Dsc_3588

ところがこの後思い掛けない光景が待っていた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500秒 ISO800 VR-OFF   7月27日 静岡市 

8月1日 サンダーボルト

P-47D サンダーボルト

(ハセガワ 1/72)

子供の頃はあまり好きな機体ではありませんでした。

Dsc_0004_20210730173301

いかにも物資が豊富なアメリカの力を見せつける様な巨体が面白くありませんでした。

Dsc_0002_20210730173301

今はそんな事は考えずに、楽しくプラモを作っています。

Dsc_0003_20210730173301

だから私の作るプラモは実機とはどこか変えて、自分の好みで作っています。

_0029

ニコンD500 タムロンSP AF17-50mmF2.8(50mm) 絞りF32 1/4秒 ISO400

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • お手軽に鳥撮り
無料ブログはココログ