カテゴリー

« 2021年12月 | トップページ

2022年1月

1月21日 ツクシ、サンカノ

ツクシガモ

ツクシガモの飛翔。

Dsc_6504

見付けた日にはなれなれしかったのに

Dsc_6509

最近は近くへ来る事も少ない。

Dsc_6518

この写真も1月2日に撮影した物。

Dsc_6519_20220119175301

この時には子供連れの集団が10名近く、カモの休んでいる場所へ近づいたので飛んだ。

Dsc_6521

おかげで、飛んだところが撮れた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/4000秒 ISO400 1月2日 静岡市

サンカノゴイ

去年から滞在しているサンカノゴイ。

Dsc_4812

最近ではカメラマンの姿も見られない日が多くなってきた。

Dsc_4814_20220119180001

カメラマンが居ないと探すのが大変。

Dsc_4924

その分、見つけた時は嬉しい。

Dsc_5128

サンカノゴイも落ち着いたもんだ。

Dsc_5366_20220119180001

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/1000-1/2000秒 ISO400-800 1月15日 静岡市

1月20日 ハイチュウ

ハイイロチュウヒ

ハイチュウ狙いで出掛ける。

鳥撮り仲間と話をしていると飛んで来た。

Dsc_8395

何か持って飛んで来たと思ったら、

Dsc_8401_20220119164001

体に何かついている。

Dsc_8410_20220119164001

『ヒッツキムシ』草の種が体中についている。

Dsc_8409_20220119164001

草の中に隠れている獲物を捕まえるから、こんな事も有るのだろう。

Dsc_8411_20220119164001

次に出て来た時にはきれいになっていた。

Dsc_8603

この日は新しく買った中国製の三脚を試しに使ってみた。

評価は最低だったが、特に悪い所も無く、普通に使えた。

昔、映画「バックトゥザフューチャーⅢ」で、「過去に生きる」ドクが壊れた部品を見て『やっぱりメイドインジャパンだ』と言うと、「現代から来た」マーティーが『何を言っているんだ、日本製が最高なんだぜ』というシーンを見た時に何かとても嬉しかった。

いつまでも「過去に生きる」ドク を笑う事は出来ない。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/3200-1/6400秒 ISO800 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 1月18日 静岡市

1月19日(2)ヒクイナ

本日二本目

ヒクイナ

時々姿を見せてくれるが、良い所へは出てくれない。

Dsc_4618

Dsc_4631

Dsc_5195

Dsc_5211_20220118210701

稀に川を泳いで横切るが、こちらが他所に気を取られている時が多い。

Dsc_3291_20220118210701

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/250-1/1250秒 ISO400-800 2021年12月31日と1月15日 静岡市

1月19日 しつこいヤツ

ノスリとカラス

どこか人のよさそうなノスリがカラスに絡まれていた。

Dsc_2075

Dsc_2085

一羽のノスリを二羽のカラスが執拗に追い掛けていた。

Dsc_2127

Dsc_2161_20220118204201

Dsc_2166_20220118204101

本当にうっとうしいヤツらだ。

Dsc_2198_20220118204101

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/3200秒 ISO400 1月14日 静岡市

1月18日 シメ、イカル

シメ

8日の探鳥会終了後に撮影した物です。

Dsc_2235

午前中の探鳥会の時には大勢が近くでワイワイ言いながら見ていても平気で水を飲み、水浴びに来ていたのに、

Dsc_2215_20220117170601

私が一人だけなのに来てくれない

Dsc_2241_20220117170601

撮気を感じるのか? なかなか来てくれない

イカル

イカルも探鳥会で見ている時には群れで来てくれたのに、来ない。

Dsc_2293_20220117170601

一羽がようやく降りて来ても一口飲むとすぐに飛び去ってしまう。

Dsc_2289

しばらく待って、ようやく数羽が降りて来てくれた。

Dsc_2366

イカルの黄色いクチバシはオモチャの様で、カワイイ。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/250-1/800秒 ISO800 1月8日 静岡県

1月17日 ハイチュー

ハイイロチュウヒ

15日は午後からハイチューの出を待つ。

Dsc_5738

Dsc_5762

最近午前中は他所で鳥撮り、午後をこの場所でハイチュー待ち。

Dsc_5765

Dsc_5767_20220116173101

チャンスは半日待ってもそんなに無いが、この日も1回。

Dsc_5777

Dsc_5787_20220116173101

出合えただけでも嬉しい。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 1月15日 静岡市

1月16日(2) モズ

本日二本目

モズ

1月12日。来るか、来ないか ハイチューを待っている時

Dsc_8873

近くへ来てくれたモズ

Dsc_8899

この日、此処で撮れたのはこれだけ

Dsc_8927_20220112213701

私としてはこれだけでも撮れれば嬉しいし

Dsc_8953

楽しい時間だった。

Dsc_8952

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF7.1 1/3200秒 ISO400 1月12日 静岡市

1月16日  ヒメアマツバメ

ヒメアマツバメ

少し目先を変えて、今日はヒメアマツバメ。

Dsc_2401_20220115221501

安倍川河口では多くのツバメ類と一緒に飛び回っている。

Dsc_2424

イワツバメ100羽に対してツバメが5、ヒメアマツバメが2羽くらいかな。
※あくまでも個人的感想です

Dsc_2427_20220115221501

多くのツバメ類の中からヒメアマを見付けるのも大変。相変わらずそのスピードは半端ない 。

Dsc_2425

遠ければファイダーに入れる事もたやすいが、近くへ来ると相手も捉えられまいとスピードを上げる。 

Dsc_2431_20220115221501

いかに早くファイダーに捉えシャッターを切るかが勝負だ。

Dsc_2432

ピントを悠長に合わせている時間は無い、私の場合だと未だ勘に任せるしかない。 

Dsc_2434

今は此処へ来ればいくらでも飛び物の練習は出来る。

※津波注意報が出ています。海岸部へは近付かない様にお願いします。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF8 1/3200秒 ISO400 1月14日 静岡市

1月15日 ハイハイハイチュー

ハイイロチュウヒ

鳥は空を飛んでいるので空抜けの写真でも好きですが、

ハイチューは低い所を飛ぶ事が多いので、出来れば目線の高さで飛んでいる姿を撮りたい。

そんなチャンスは滅多にありませんが、希望です。

Dsc_9728

Dsc_9735_20220114210101

Dsc_9738

Dsc_9740_20220114210101

Dsc_200525

Dsc_200526

Dsc_9729c

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/2500-1/3200秒 ISO400-800 1月13日 静岡市

1月14日 ハイチュー

ハイイロチュウヒ

空飛ぶハイチュー 続き

Dsc_5357

いつ飛んで来るか分からない

Dsc_5261_20220112210901

1月12日は半日待って、一度も姿が見られなかった。

Dsc_5252_20220112210901

それでもまた待っていたくなる

Dsc_5243

飛んで来るのか、来ないのか

Dsc_5218

分からないから面白い

Dsc_5221_20220112210901

この時間になれば必ず来る、そんな物では無い。

Dsc_5223_20220112210901

何日待っても出会えない事も有る。

Dsc_5196

だから出会えた時の感動が大きい。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF7.1 1/3200秒 ISO400 1月9日 静岡市

1月13日 ミコアイサ

ミコアイサ

11日は雨が降っていたので家でのんびりしていると、

Dsc_7849

鳥撮り仲間から、『ミコアイサが入っていた』と連絡を頂く。

Dsc_7881_20220111172701

妻にも灯油を買って来るように頼まれていたので、出掛けてみる。

Dsc_7887

毎度のことながら現地に着くと雨がさらにひどくなる。

Dsc_7914

ミコアイサは傘を差しながらの撮影となったが、雨の池に浮かぶ美しいオスの姿に感動。

Dsc_8074

一旦飛び立って、再び池に戻って来た。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/1250-1/2500秒 ISO800 1月11日 静岡市

1月12日 チュウヒ

チュウヒ

遊水地でも時々出ている様ですが縁が無く、ようやく出会えました。

Dsc_5813

Dsc_5858_20220111170701

遊水地で撮影出来たのは2016年以来です。

Dsc_6229_20220111170701

Dsc_6254_20220111170701

この冬はよく出ているとの事で楽しみです。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/2500-1/4000秒 ISO400-800 1月9日 静岡市

1月11日 ハイチュー

ハイイロチュウヒ

鳥撮りの成否は如何に早く鳥を見付けるか

Dsc_5074_20220110180301

そしてそれを如何に早くファイダーに捉えるか

Dsc_5108

今の進んだ機材では後は機材に任せれば大体きれいに写る ようだ。

Dsc_5160_20220110180301

経験や勘に頼っている昔ながらの撮影法はもう古い ようだ。

Dsc_5176_20220110180301

特に飛んで来るハイチュー撮影ではいち早く見つける事が 肝

Dsc_5178_20220110180301

この時は目の良い相棒『RINO』さんがいち早く見付けてくれた。

Dsc_5187

レンズを向けると、珍しく高度を上げて頭の上で何回も旋回してくれた。

おかげで似た様な写真がたくさん撮れたのでまた出します。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF7.1 1/3200秒 ISO400 1月9日 静岡市

1月10日(2)P-40 ウォーホーク

本日二本目

カーチスP-40Eウォーホーク

[アメリカ陸軍 戦闘機]

モデル:ハセガワ1/48

子供の頃から機首に描かれたサメの口がカッコイイと思っていました。

Dsc_0012_20220110172101

突出した性能も無く、ゼロ戦や隼の敵ではなかったようですが、頑丈で壊れにくく防御装甲も優秀、

Dsc_0001_20220110172101

生産性も高く量産に向いていたため各地の戦線で活躍しました。

Dsc_0007_20220110172101

日本機と唯一互角に戦ったP-40部隊が「フライングタイガース」

Dsc_0005_20220110172101

機体に描かれた翼のあるトラは、寅年にも向いていますね。

Dsc_0003_20220110172101

最高速度:605km/h 総生産数:13143機

Dsc_0010_20220110172101

そんな事は抜きにして、やっぱりカッコイイですね。

いつもの様に塗装やデカールは私の好みで作っています。

 

ニコンD500 TAMRON SP AF 17-50mm(26-34mm)F2.8 XR Di II  絞りF32 1/6-1/10秒 ISO400

1月10日 お馴染みさん

メジロシジュウカラ

いつものお馴染みさん

Dsc_110187

『な~んだ○○か』は無い。

Dsc_110225

お馴染みさんは大切に

Dsc_110299_20220106142501

いざという時に頼りになるのがいつもの仲間です。

Dsc_110340

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/2500-1/3200秒 ISO400 12月29日 静岡市

1月9日 イカル

イカル

昨日(8日)はお隣市の公園で探鳥会を行いました。

Dsc_2259_20220108182401

この公園は水辺の鳥との距離が近い。

Dsc_2819

カモ類やバン、ユリカモメがすぐ近くで見られる。

Dsc_2500

鳥を近くでじっくり見たい時にはありがたい公園です。

Dsc_2759_20220108182401

此処では望遠鏡も必要ないくらいですが、山の小鳥はそうはいかない。

Dsc_2913

今日は山へ登ってイカルを見るつもりで居ました。

Dsc_2959

ところが今日はイカルの方から山を下って来てくれ、その姿をじっくりと見せてくれました。

※今日の写真は探鳥会の後で撮影した物です。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/250-1/500秒 ISO400-800 1月8日 静岡県

1月8日 手強い

ハイイロチュウヒ

うまく撮れないのは雨のせいだけでは無かった

Dsc_1577_20220107175201

今回はお天気最高、文句は言えない。

Dsc_1575_20220107175201

ただ、後ろからいきなり来たから・・・💧

Dsc_1571

まだまだ修行は続く

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/3200秒 ISO400 1月7日 静岡市

1月7日 ハイチュー

ハイイロチュウヒ

6日は朝から寒いどん曇り。

こんな日は家でのんびりプライムビデオでも見ているのが一番。

そうしていたら、妻が『RINO』さんから電話だと言ってきた。

携帯を寝室に置いたまま忘れていた。

『何度掛けても出ないから、何か有ったかと思って奥さんに電話した』との事。

電話の本題はハイチューが出ているお知らせ。

急いで外に出ると雨が降っている。

車の窓にはみぞれが混じった物が当たる。

現地に着くとみぞれ混じりの雨も本降り。

Haityu01

ただでさえハイチューは手強いのに、

Haityu02

傘をさしての飛び物撮影は厳しい。

Haityu03

マスクをしていると眼鏡はくもるし、ファインダーも雨粒で見にくい。

Haityu04

背の低い私には周りのアシも視線を遮るし、ストラップまでがレンズを塞ぐし。

今回のお粗末な写真の言い訳もこれ位しておけば許して頂けるかな。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞り開放 1/800秒 ISO1600 1月6日 静岡市

1月6日  ベニマシコ

ベニマシコ

三工区を半日掛けて回ってみた。

Dsc_0451

ベニマシコの声はあちこちでしているが、姿を見るのは大変。

Dsc_110446

今冬は例年とは少し違う所で声が多い様な気がした。

Dsc_3573

アリスイも今まで見なかった場所で見られた。

Dsc_110385

これからどうなって行くのか、観察を続けたい。

Dsc_0433_20220105210201

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/1000-1/2500秒 ISO400 1月5日 静岡市

1月5日 飛んでる

ツクシガモ

見ている限り、あまり飛ばない。

Dsc_7465_20220104160201

周りの鳥が何かに驚いて飛ぶと、お付き合いで少し飛ぶ感じ。

Dsc_7590_20220104160201

Dsc_7591

Dsc_7592

Dsc_7605_20220104160301

Dsc_7609_20220104160201

Dsc_7612

カモがよくやるバタバタ羽ばたきも見ない。

Dsc_7471_20220104160201

1月4日にも河口に居てくれた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/3200-1/4000秒 ISO400 1月2日 静岡市

1月4日 ツクシガモ

ツクシガモ

オオタカと別れ、川の西側へ

中州で休むカモの一団の中、見慣れないカモに目がとまる。

(変わったカモが分かりますか?)

Dsc_6446

中州に近付く家族連れ。カモたちが水の中に入って行った。

見慣れないカモの姿もよく見える様になった。

Dsc_6337_20220103181101

ツクシガモだ。

9年振りの出会い。 9年前もこの場所だった。

しばらく行動を見ていると、お気に入りの場所が有るのに気が付いた。

カモがその場所を一旦離れたのを見て、先回りして待つ事に。

Dsc_7653_20220103181101

思惑通り、カモが戻って来てくれた。

Dsc_7672_20220103181101

まるで私には関心が無いように、どんどん近くへ来てくれる。

Dsc_7685

Dsc_7702

この流れ(幅3m位)を渡ると私の目の前に上がってしまう。

Dsc_7719_20220103181101

流石にそこまでは来なかった。

Dsc_7707

こんなに上手く予想通りに鳥さんが動いてくれると本当に嬉しい。

※昨日の記事にツクシガモの事は書いてあります。

1月3日は船越堤公園で鳥見鳥撮り。

観察出来た鳥(32種):オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、オオバン、トビ、ハイタカ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、シロハラ、ツグミ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/2000-1/3200秒 ISO400 1月2日 静岡市

1月3日 安倍川河口へ

富士、二オオタカ

1月2日は安倍川河口へ鳥見に

Dsc_0597

今日も富士山がキレイ、珍しく風も無い。

富士山:ニコンD500 タムロン100-400mmF/4.5-6.3 (400mm) 絞りF8 1/5000秒 ISO400 1月2日 静岡市

いつもコガモなどが沢山入っている場所に鳥影が無い。

何が有ったんだ? 不吉な予感

近付いて行くと目の前の草むらから鳥が飛び立った。

オオタカだ!

Dsc_1

オオタカは対面の草むらの中に有った流木に止まった。

Dsc_2

こいつが居たからみんな何処かへ行ってしまったんだ。

Dsc_3

オオタカは食事が終わったばかりなのか、流木の上で羽繕いを始めた。

Dsc_4_20220102214101

一富士、二タカで幸先は良いが、オオタカが居ては鳥が戻ってこない。

Dsc_6

オオタカは動きそうも無いし、他所を歩く事にする。

Dsc_7

出会いはそこに待っていた。

Dsc_5

以下、次回に

1月2日に安倍川河口(丸子川は除く)で出会った鳥 53種

ツクシガモ、カルガモ、コガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、イソシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、セッカ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/3200秒 ISO400 1月2日 静岡市・安倍川河口

1月2日 白鳥

オオハクチョウ

今年は1月1日から撮り初めです。

遊水地の三工区だけを回って43種の鳥が見られました。

Dsc_4528

最近少ないカモの仲間だけでも10種見られました。

Dsc_4537_20220101203101

猛禽類がノスリだけと言うのは寂しい。

Dsc_4600

しばらく見なかったオオハクチョウの姿も見られました。

Dsc_4604

シジュウカラは元気にさえずっていました。

この時期普通に見られるオオジュリンが、先月から見掛けません。

今日私が見た鳥:オオハクチョウ4、オシドリ3、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ノスリ、カワセミ、アリスイ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/2500-1/4000秒 ISO400 1月1日 静岡市・麻機遊水地(三工区)

1月1日 早春に飛ぶ

元旦

富士山イワツバメツバメ

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします

お正月らしく新年最初の写真は富士山イワツバメ

Dsc_2710

イワツバメは、静岡では一年中飛んでいるので、お正月でも珍しくはありません。

以下はただのツバメ

Dsc_0686

静岡でもただのツバメが真冬に飛んでいるのは珍しい光景だったのですが、

Dsc_0722

ここ数年、何故か12月になると安倍川河口では群れで飛んでいます。

Dsc_0890_20211231173301

北で繁殖したものが今頃になって静岡で越冬するのでしょうか?

Dsc_0891

成鳥も居るし、若い個体も飛んでいます。

Dsc_0950_20211231173301

1月中頃から2月になると一時姿が見えなくなり、2月の後半には南で越冬したツバメが飛んで来ます。

Dsc_3089_20211231173301

静岡市の安倍川河口では、ツバメは夏の使者では無くなり、 一年中見られる鳥になりつつあります。

Dsc_3090_20211231173301

これも地球温暖化の影響でしょうか?

 

富士山イワツバメ:絞りF8 1/4000秒 ISO800 12月31日

ツバメ:絞りF6.3-8 1/2500-1/4000秒 ISO400-800 12月30日と31日

共通データ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 静岡市

« 2021年12月 | トップページ

フォト
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

静岡バードウオッチング

kaimono

  • マンガでバードウォッチング 792円は電子版 紙の本は935円を選んで下さい
  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
無料ブログはココログ