カテゴリー

« 2月26日 ミスターブルー | トップページ | 2月28日 初飛行 »

2月27日 出会い

オシドリ

24日から白鳥の姿が見えない。

それを探して歩いているとオシドリを見付けた。

オシドリを見るのも久し振り。

Dsc_0426

オスが4羽にメスが1羽。

やっぱりオスの方が多い。

写真を撮る立場からすると見た目派手なオスが多いのは嬉しい。

メスが少ないのにはそれなりの理由も有るようだ。

Dsc_1308

『オシドリ夫婦』と言われるように、仲の良い夫婦の象徴とされるオシドリも実際にはペアで生活する期間は短く、抱卵に入るとペアは解消。オスはその後の抱卵、育児をメスに任せ何処かへ行ってしまう(最近の鳥の本には異論を唱える説も出ている)

Dsc_1261

オシドリは日本でも繁殖しているがそれを知る人は少ない。

森の中の樹木の洞で営巣するため、ほとんど人目に付かない。

Dsc_1316

洞の中というのは安全なようでいて、逃げ場の無い危険な場所でもある。

Dsc_1392_20220226170501

その為抱卵中に外敵に襲われ命を落とすメスが多いと何かの本で読んだ。

Dsc_1431

オスが多くてラッキー、なんて単純に喜んでばかりもいられない。

さて、

オシドリを見付けて更に少し歩くと池に見掛けないシルエットの鳥が居た。

かなり警戒心が強い様で距離が詰められない。

仕方ないので遠くから写真を撮って、モニターで拡大して見ると少し変だが、

アカエリカイツブリ

の様だ。

Dsc_1172

色んな人から聞いた話をすり合わせてみると、

数日前にこの池で弱っているところを地元の人が保護して、それを最近元の場所に放鳥したらしい。

私はそのような事情は知らなかったが、この場所で保護され、放鳥されたのなら野生状態でこの池に居たのは間違いないわけだ。

首のあたりの羽がぐるりと抜けていて痛々しいが、元気になってくれる事を願う。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-7.1 1/400-1/3200秒 ISO400 2月26日 静岡市

« 2月26日 ミスターブルー | トップページ | 2月28日 初飛行 »

024 オシドリ」カテゴリの記事

063 アカエリカイツブリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月26日 ミスターブルー | トップページ | 2月28日 初飛行 »

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

静岡バードウオッチング

kaimono

  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
  • お手軽に鳥撮り
  • 感動の一冊
無料ブログはココログ