カテゴリー

« 7月16日 アオバト | トップページ | 7月18日 カワセミ »

7月17日 烈風

このところ撮影に出られない日が続き、家の中でプラモデルを作っている時間が増えた。

完成した飛行機も増えて来たので少しづつ出して行きたい。

飛行機の美しさに惹かれているだけで、深い意味は無い。

よって、作るモデルも「実機に忠実」ではなく、私の好みで作っている。

海軍局地戦闘機 烈風

(ファインモールド 1/48)

零戦の後継機として当初は艦上戦闘機として計画されたが、ゼロ戦が優秀な事も有って開発が遅れ、試作機が出来る頃には戦局は悪化の一途をたどり、既に戦闘機を乗せる船も無く、本土防衛の局地戦闘機として開発された。

Dsc_zero000015

完成したのは3機。

Dsc_zero000016

2200馬力 20mm機銃×2 13mm機銃×2
(または20mm機銃×4)

Dsc_zero000013

テスト飛行で最高速度624km/hを記録している。

Dsc_zero000014

零戦の後継機として海軍最後の正式戦闘機となったが、実戦でその力を発揮する事は無かった。

零戦の無駄の無い美しさに比べるとやや間延びした感じは否めない(あくまで個人的感想)

ニコンD500 TAMRON SP AF 17-50mm(30-31mm)F2.8 XR Di II  絞りF32 1/4-1/5秒 ISO400

« 7月16日 アオバト | トップページ | 7月18日 カワセミ »

プラモデル」カテゴリの記事

コメント

烈風だ〜♪
このスマートさもこれはこれで良きです♪

オオツキさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
上からの要請を満たすために大きなエンジンを積まざるを得なかったから、やや長大なスタイルになってしまったのは仕方無いですね。私もこのスタイル嫌いでは無いです。

こんにちは!
この飛行機にはあまり魅力を感じませんが、戦争末期にこの機の数が十分に揃っていれば、きっとB29の大空襲くらいは阻止できた?のかも知れませんね。
無条件降伏では無くて、条件付きか講和だったかも・・・なんてね。
歴史にもしもはありませんが、ついつい想像してしまいます。

FUJIKAZEさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
烈風の開発が遅れたのは痛いですね。
FUJIKAZEさんもご存知の様に、当時の日本には生産に必要な材料も無ければ、作る工場も人材も残っていなかったみたいですね。更に当時の世界はもうジェット機の時代に入っていた訳で、烈風が出来たとしても劣勢を挽回する事は出来なかったでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月16日 アオバト | トップページ | 7月18日 カワセミ »

フォト
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

静岡バードウオッチング

kaimono

  • マンガでバードウォッチング 792円は電子版 紙の本は935円を選んで下さい
  • 野鳥撮影をされている人、これから始めようとしている人。全てに読んで欲しい。
  • 『かわせみ』の新レンズ
  • 『かわせみ』愛用のカメラ
  • 大量の画像を整理するのに便利
  • 世界の68種の鷲の写真集 素晴らしい写真と解説 鷹が無いのが残念
  • 野性を撮り続けた久保敬親氏の集大成。麻機でコウノトリ、キジなどを一緒に撮影しました。
  • 見やすくなりました
  • 識別に便利な写真図鑑
  • 鳥に負けない 勉強しよう
無料ブログはココログ