カテゴリー

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月

7月31日 カワセミ

カワセミ

2羽で追い掛けっこをして落ち着かないカワセミ

Dsc_5186_20230729132401

追い回すのに夢中になって近くへ来てくれる事もある。

Dsc_5096

ハスが密集しているのでハスの中を飛ばれると姿を見失ってしまう

Dsc_4999

気付くと近くでハンティングしている事もある

Dsc_4947_20230729132401

2羽で追い掛けっこをしている時には鳴き声を上げてくれるが

Dsc_4953

1羽だと声も上げずに近くへ来ている事もある

Dsc_4955_20230729132401

この暑い中、何日間か通ったが、ハスの蕾に止まった所はまだ見ていない。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/500-1/640秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月26日 静岡市

7月30日 カワセミ

カワセミ

ハス池でハスの花を撮っていると遠くでカワセミの声

Dsc_4984_20230728115001

ハッと顔を上げると、こちらに向かって2羽のカワセミが猛烈な勢いで飛んで来る

アッと言う間に通り過ぎて池の外へ飛んで行ってしまった。

Dsc_4894_20230728115001

残念、撮り逃してしまったが、これは撮れない。

Dsc_4810_20230728115001

池の中に留まっていたらまだ撮れる可能性が有ったが、外へ行ってしまった。

Dsc_4812_20230728115001

諦めてハスの花を再び撮り始めてしばらくするとまたカワセミの声

2羽で追い掛けっこをして飛んで来た。

Dsc_4817_20230728115001

その内の1羽が何とか見える所へ止まってくれた。

Dsc_4913

ハスの蕾に止まってくれたら最高だったが、そこまでサービスはしてくれなかった。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/500-1/640秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月26日 静岡市 

7月29日 華

ハストンボ

遊水地第一工区のハス池

Dsc_3514_20230728112501

例年なら今頃沢山のハスの花が咲いているはずなのに、

Dsc_3743_20230728112401

今年は花の大切な時期に大雨で水没などの被害が有って

Dsc_4182

ほとんどの花がダメになってしまい、今は何とか成長できた花だけが咲いています。

Dsc_4319_20230728112401

池は何となく寂しく、訪れる人も大変に少ない。

Dsc_4565

暑い事もあって、長居は出来ないが折角咲いてくれた花を少し撮って来た。

Dsc_4702_20230728112401

チョウトンボがようやく蕾に止まってくれた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/125-1/2500秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月26日 静岡市 

7月28日 尻切れ

コシアキトンボ

コシアキトンボの事を『尻切れトンボ』だと思っていた時期もあった。

Dsc_9010_20230727125301

大人が冗談で行った事を真に受けていたのだろう。

Dsc_9085

今でも時々『腰空き』が出なくて『尻切れ』と言いそうになる事が有る。

Dsc_9227

当のトンボにとってはどちらも気に入らないだろう。

Dsc_9197_20230727125301

植物にはもっとひどい名前も有る

Dsc_9430_20230727125301

「ヘクソカズラ」なんて言うのも有るし、

Dsc_9209

鳥にも「アホウドリ」なんて名前も有る。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-8 1/1250-1/2500秒 ISO400 7月22日 静岡市

7月27日 飛燕

ツバメ

飛んでいるものと言ったらトンボとツバメ類

Dsc_0174_20230725091001

他の鳥を求めて河口まで歩いたが暑いだけ

Dsc_0573

安倍川河口は東側の水の出口が塞がって西側の出口だけになっていた(23日)

Dsc_0915_20230725091001

東側の水溜りがまた大きくなって、対岸の中州迄の距離が遠くなった

Dsc_0983

双眼鏡で鳥を探しても遠過ぎて陽炎ユラユラでほとんど見えない

Dsc_2090_20230725091001

再び草原に戻ってツバメを狙う

Dsc_1689_20230725091001

飛んでるツバメは全てMFで撮る。

Dsc_1748

今の私には、小さな鳥の飛翔はMFでないと撮れない。

フイルムの時には出来なかった連写が惜しげなく出来るからだ。

いわゆる『数撃ちゃ当たる』方式です。

今の私の撮り方では、連写のスピードが速ければ速い程ピントが合った様に見えるカット数も増えると思っています。

実際にはどうなのか、連写スピードが10コマ/秒以上のカメラを使ってみないと分からない事です。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

7月26日 腰赤

コシアカツバメ

ツバメの中に混ざって時々コシアカツバメが飛んで来る。

Dsc_0656

この場所では『亜種アカハラツバメ』よりも少ない。

Dsc_0611_20230724143101

他のツバメを撮るのに夢中になっていると目の前を横切って行く

Dsc_0844_20230724143101

気付いた時にはもう遅い

Dsc_0690

運がよいと行き過ぎた者が向きを変えてまたこちらへ飛んで来てくれる事も有る。

Dsc_0676_20230724143101

撮影のチャンスはその時

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

7月25日 ただの無精か

ツバメ(亜種アカハラツバメ)

河口へ行くとツバメが飛んでいた。

他に鳥の姿も見当たらない。

どうせ鳥もいないだろうと思い、カメラを三脚に付けずに歩いていたが、

試しにツバメを狙ってみた。

Dsc_0342

狙ってみるとなかなか手ごわくて、ムキになって来る。

Dsc_1149

気付けば肘が固まっている。

Dsc_1150

またやってしまった。

Dsc_1593_20230724140701

今日はお腹に少し赤味の有る『亜種アカハラツバメ』の様な物。

下が普通のツバメ。

Dsc_1008_20230724140701

お腹が赤く見えるのは『風呂に入っていないだけ』と言う人も居るが…

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 7月23日 静岡市

7月24日 ようやく会えた

モズ

モズと言えば遊水地を代表する留鳥ですが、

ここしばらく姿を見ていませんでした。

Dsc_9768_20230722153201

遊水地だけでなく河口でもほぼ同じ期間、姿が見られませんでした。

秋にはあれだけ目立ったのに、繁殖に入った頃から見掛けなくなりました。

Dsc_9826_20230722153201

それが22日に幼鳥1羽を見掛けたら、次々に出会いました。

Dsc_9833

22日に見られたのは幼鳥ばかりで成鳥の姿は見られませんでした。

Dsc_9845

普通に見られている鳥でも年間を通して見ていると、普段と違う事に気が付く事もあります。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/640-1/1250秒 ISO400 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月22日 静岡市

7月23日 サンダーボルト

P-47D サンダーボルト

モデル タミヤ1/72

物量に物言わせた当時のアメリカ軍らしい戦闘機の代表

P47002

最大出力2300馬力 全備重量6610kg
最大出力1130馬力 全備重量2740kg

P47001

最大速度:687km/h 航続距離1700km
最大速度:565km/h 航続距離1900km

P47003

武装:12.7mm機銃×8 爆弾900kg
武装:20mm機関砲×2 7.7mm機銃×2

P47004

総生産数:15683機
総生産数:10430機
赤字はゼロ戦52型乙のデータ 生産数ゼロ戦は各型の総生産数

P47005

まさに大人と子供の違い位ありそう。

P47007

今回、風防はレイザーバックと呼ばれるタイプにしました。

データは「第二次世界大戦の軍用機がよく分かる本(PHP研究所)」参照

ニコンD300S TAMRON SP AF 17-50mm(27-50mm)F2.8 XR Di II  絞りF22 1/5-1/8秒 ISO400

7月22日 今日は三脚

20日は軽いマクロで遊水地に行ったら、トンボも近くへ来てくれない。

2時間程居て、暑い思いをしただけで残る画像も無かった。

で、今日(21日)は三脚使用です。

ヒメアマツバメ

三脚にしたからと言って、鳥が出てくれるわけでも無いし、近くへ来てくれる事も無い。

Dsc_7471_20230721220901

ただ、今までに比べ少しだけ暑さが和らいだかな

Dsc_7473

とは言え、ジッとしていても汗は出て来る。

Dsc_7474

ヒメアマツバメが時々水を飲みに下へ降りてくる。

Dsc_7867_20230721220901

遠い事は遠い。

ツバメ

ツバメは多くは無いが飛んでいる。

Dsc_7884

飛んでいるのはほとんど若い個体 下はある程度大人だ

Dsc_7892_20230721220901

ヒメアマに比べると少しは近くへ来てくれる

Dsc_7946

カメラで狙われているのが分かるのか、正面から来るものは少ない。

Dsc_7953

大体が背後から私の体をかすめる様にすり抜けて前に出て、左右どちらかへ曲がって行く。

思う様には撮らせてもらえない。

左ひじの痛みはだいぶ緩和されました

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月21日 静岡市

7月21日 蝶のように舞い

チョウトンボ

7月19日

図書館から予約した資料が届いたとのお知らせがあったので、ついでに遊水地も回ってみた。

着いたのがお昼少し前頃で猛烈な暑さ!

鳥なんかその辺に見えないし、探す気にもならない。

池の反対側の遠い所でツバメやアマツバメが飛んでいるが、近くへ来ない。

待つのも大変で、近くを飛び回っているトンボを狙う。

こやつら、こんなに暑いにもかかわらず元気。

Dsc_5774_20230720121001

元気すぎるくらいにせわしなく飛び回っている。

Dsc_5785_20230720121001

1秒とジッとしていない。レンズに入らない。イライラすると更に暑い!!

Dsc_5833

蝶のように舞うチョウトンボは飛び方が不安定で近いと入れるのが大変。

Dsc_5788_20230720121001

今回は手持ちで2時間ほど追い掛けたが、撮り終ってみたら左ひじが固まってしまい、今日(20日)になってもまだ痛い。

Dsc_6110

次は軽いマクロレンズで追う事にしよう。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO400-800 7月19日 静岡市

7月20日 出てはみたが

ツバメ

図書館から予約した資料が届いたと知らせがあり、暑いけれど出掛けてみた。

ついでだから遊水地も少し回ってみた。

ツバメ、コシアカツバメ、アマツバメが飛んでいたが近くへ来ない。

ウグイス、ホトトギスは声ばかり。

Dsc_4839

近くへ来てくれるのはトンボ位。

Dsc_4818_20230719221601

日陰も無いので早々に退散。

Dsc_4460

今日の写真は15日に河口で撮ったツバメ。

Dsc_4259

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO800 7月15日 静岡市

7月19日 暑すぎる

ササゴイ

いつもの様に朝ドラ見てから出掛けようとしたが

Dsc_4023

玄関開けたら熱風にあおられ

Dsc_3900_20230718093501

こんな日に外に出て、倒れたら大変だ。

Dsc_3902_20230718093501

と言い訳して、家に逆戻り。

Dsc_3961_20230718093501

テレビ、ラジオでも不要不急の外出は控えるように訴えている。

Dsc_3946

最近の子供は弱いなんて事は無い。最近の暑さは私が子供の頃の暑さとは全然違う。

私が小学生の頃には30℃を越える日なんてそんなに無かったと思う。

今は40℃に迫る勢いで、体温より高い日なんて普通になりつつある。

Dsc_4007

そんな訳で外には出なかった。在庫からササゴイ。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月15日 静岡市

7月18日 大口比べ

ツバメ

ツバメのヒナが親を待っている間に小競り合い

『俺の方が大きいぞ』『大口たたくな』

Dsc_0056_20230717115801

お互いに大口あけて大きさ比べ

Dsc_0026_20230717115801

負けた方が相手のクチバシを塞ぐようにくわえて『どうだ!』

Dsc_0027_20230717115801

でも、すぐに仲直り。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO800 6月21日 静岡市

7月17日(2)海の日の遊水地

真夏の遊水地

海の日に、よく晴れた遊水地に行って来ました。

猛烈な暑さ💧

日向を歩いているとめまいがして、倒れたらそのまま干からびそう

小さな木陰を見付けてそこでしばらく撮影。

オニバスの蕾も猛烈な暑さに開くのを考えているのか

Dsc_5398

この暑さの中シオカラトンボが元気に飛んでいた。

Dsc_5320_20230717114001

この小さな池には数頭のシオカラトンボがいた。

Dsc_5374

小さな池なのでお互いに縄張りを守るのにせわしなく飛び回っている。

Dsc_5180

木陰で横着な撮り方をしていたので動きについて行けない。

あまり真剣に追い回していると、クラクラして来るので、干乾しになる前に撤退。

白いハスが一輪咲いていた。

Dsc_5405_20230717114001

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/2000秒 ISO400 7月17日 静岡市

7月17日 あおり

ハクセキレイVSムクドリ

何が気に入らなかったのか、飛んで来たムクドリにハクセキレイが鳴きながらいきなり追いかけ始めました。

Dsc_0001_20230716202501

ハクセキレイやセグロセキレイはなかなか気が強い様で、

Dsc_0002_20230716202501

河原でもよく他の鳥を追い回しています。

Dsc_0003_20230716202501

自分よりかなり大きなコアジサシなどにも突っかかって行きます。

Dsc_0004_20230716202501

セキレイ同士でもよくやってますね。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO800 7月15日 静岡市

7月16日 7月13日に撮った物

イソシギ

下流から2羽のイソシギが絡みながら飛んで来ました。

Dsc_3039

じゃれ合う様な行動から、若い兄弟の様な感じです。

Dsc_3040_20230715171601

どことなくあどけなく見えます。

イソシギ:絞りF6.3 1/2000秒

モンキチョウ

2頭のモンキチョウがクルクル絡まる様に飛んでいました。

Dsc_2103_20230715171601

図鑑(「フィールドガイド日本のチョウ 増補改訂版」 日本チョウ類保全協会編 成文堂新光社)によると、

Dsc_2143_20230715171601

白い方がメス。「黄色い方は基本的にオスだが、メスにも黄色いタイプが有る」との事です。

Dsc_2192

チョウやトンボの数え方は「匹(ヒキ)」でも間違いではないと思いますが、「頭(トウ)」と数えるようです。

モンキチョウ:絞りF5.6 1/2000秒

ミヤマアカネ

このブログでつい最近出したコフキトンボのオビトンボタイプに似ていますが、こちらは「体に目立った体斑が無い」

Dsc_3138_20230715171601

「翅に特徴的な帯状斑を持つ種は、本種およびコフキトンボのメスのみ」(「」内は「日本のトンボ」尾園暁、川島逸郎、二橋亮・著 文一総合出版 を参照)

Dsc_3145_20230715171601

翅に帯状斑が有るトンボが本種とコフキトンボのメス(オビトンボ)だけと言うのが意外ですね。

Dsc_3170

子供の頃、トンボの絵を描く時には帯状斑を描いていた様な気がします。

ミヤマアカネ:絞りF6.3 1/1250秒

共通データ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR ISO800 7月13日 静岡市

7月15日 ササゴイ

ササゴイ

ササゴイの動きも鈍いし、何処かへ行く事も無いだろうと見極め、車に行き三脚を持って来る。

Dsc_3212

これで動かないササゴイの動きを待つのは楽になる。

Dsc_3213_20230714102501

と、思いきや、何か動きが活発になった。

Dsc_3245_20230714102501

この時ササゴイは2羽いたが、近くに居たこちらを重点的に追っていたら

Dsc_3248

やや離れた所に居た個体がいつの間にか魚をくわえていた

Dsc_3355

続けて2匹を捕った。

Dsc_3475_20230714102501

近くの個体は狩りをやる様子は無く、『アホー』と言われたような?

Dsc_3319_20230714102501

伸びをしたり、

Dsc_3598

羽繕いしたり、身体をふくらめたりしていた。

Dsc_3637_20230714102501

その様子も面白かったから、まあいいか。

Dsc_3662_20230714102501

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 三脚:INNOREL GT284 レベラー:Neewerプロ69mm三脚レベリングベース  雲台:マンフロット500AH 7月13日 静岡市 

7月14日(2)アユ捕った

ササゴイ(朝の続き)

川の中のブロックの上で獲物をジッと狙う

Dsc_2687_20230714095401

狙い定めて首を伸ばし

Dsc_2690_20230714094901

水中の魚を捕らえる。

Dsc_2763_20230714094901

この一連の動きはほんの一瞬

Dsc_2764_20230714094901

この瞬間を捉えるのは手持ちだと大変。

Dsc_2816_20230714094901

獲物が少ないのか、獲物を捕る間隔が非常に長く感じる。

Dsc_2825_20230714094901

こちらが疲れてカメラを降ろした時にやられてしまう。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 7月13日 静岡市

7月14日 雨にも負けず

ササゴイ

13日。久々の鳥撮り、出掛けようとしたら雨。

Dsc_2527_20230713221401

南の方は明るいから出るだけ出る。

Dsc_2564_20230713221401

走っている内に雨が上がる。

Dsc_2594_20230713221401

現地に着くとまた雨。

Dsc_2951

空は明るいし、雨もそんなに激しくない。

Dsc_2952_20230713221401

少し濡れる程度ですぐに上がった。

Dsc_2954_20230713221401

今日はササゴイが相手をしてくれた。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 7月13日 静岡市

7月13日 ありがとうございました

写真展終了

ハッキリしないお天気だったり、猛暑になったり

毎年の事ですが、大変な中、ご来場頂きありがとうございました。

ちなみに回収させて頂いたアンケート(人気投票)が237枚でした。

去年の172枚を大きく上回る事が出来ました。

ご協力ありがとうございました。

ここ数年はコロナの影響もありましたが、ご来場者の数もほぼ例年並みに戻った感じでした。

会員は既に来年の写真展に向かって作品作りに励んでおります。

来年の写真展は2024年7月4日から10日、会場は同じ「四季」を予定しております。

来年の写真展もよろしくお願いいたします。

 

チョウゲンボウ

写真は6月後半に撮った物です。

Dsc_5972_20230712084101

明日からは鳥撮りに出られると思います。

Dsc_5980

写真展に来て頂いた方々の話では、何処も鳥が居ないと言う事です。

Dsc_5831

久し振りの鳥撮りを楽しみたいと思います。

Dsc_5865_20230712084101

7月12日・記

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/1600-1/2000秒 ISO400 6月26日 静岡市

7月12日 僕にも出来る 最終日

ツバメ

親からの給餌を待つばかりでは無く

Dsc_0041_20230711200401

自分でも飛んでいる虫を捕まえる力はありました。

かわせみフォトクラブ会員作品展も今日(12日)4時迄です

暑いので大変ですが、会場はヒンヤリ快適です。

まだの方はぜひ足を運んでご覧頂きたいと思います。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000秒 ISO800 6月21日 静岡市

7月11日 親は公平に ブログの事

✨祝・毎日連続更新15年✨

ツバメ

焦り過ぎて親の口をくわえてしまう。これではエサにありつけない。

Dsc_0072_20230710175501

草の上でやり直し。親はちゃんとエサを運んでくれる

Dsc_0055_20230710175501

口をあければ親がエサを入れてくれる

Dsc_0053_20230710175501

親がお腹の空いているヒナから順番にエサを運んでくれる

Dsc_0038_20230710175501

親はヒナの口の中の色でヒナの腹の減り具合が分かる

Dsc_0039_20230710175501

お腹にエサが一杯のヒナは消化に血液を使うので口の中の赤味が薄くなる

Dsc_0035_20230710175501

親はそんな色の変化を見分けて、公平にエサを与えている。

※本の題名は忘れたが(ごめんなさい)ツバメを研究した鳥の本から得た知識。

ブログも2006年2月にスタートし、2008年7月10日から毎日更新を続け15年になりました。

2007年4月にブログランキングにも参戦し、2008年9月から念願の1位になり

2019年それまでずっと上位だったが5位に下がった所で撤退を決める。図らずも8月15日終戦記念日

途中何度も挫折の危機がありましたが、一度途切れたらダメだと思い、何とか連続更新を続ける事が出来ました。

これも見に来て下さる皆様のお陰だと思っています。

これからも珍しい鳥はそんなに出て来ないと思いますが、見に来て頂ければ嬉しく思います。

ツバメ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO800 6月21日から24日 静岡市

7月10日 くれーっ

写真展4日目も盛況

毎年中日の日曜日が一番入場者数が多いのですが、

今年も去年を上回る事が出来ました。

アンケートだけでも今日一日で100枚近く回収させて頂きました。

アンケートに込められた皆様の声援にも感謝いたします。

会場の写真を撮るのを忘れていました💦💦


ツバメ

待ってるツバメのヒナ

Dsc_0009_20230709182901

親鳥がそばに飛んで来ると

Dsc_0013_20230709182901

待ち切れず

Dsc_0014_20230709182901

我先に飛んで行く

Dsc_0046_20230709182901

例え親兄弟であろうと

Dsc_0012_20230709182901

踏み越えて

Dsc_0033_20230709182901

目指すは親の口の中 『クレーッ!』

Dsc_0042_20230709183501

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/1250-1/2500秒 ISO800 6月19日から21日 静岡市

7月9日 写真展とコアジ

写真展3日目(7月8日)の様子

お天気がハッキリせず、蒸し暑い日になりましたが

Dsc02329

毎年来てくれる方、初めての方など大勢の方々に来て頂きました。

Dsc02335

SONY RX100Ⅲ Vario-Sonnar T* 8.8-25.7mmF1.8(24-70mm相当)Pオート 7月8日

コアジサシ

コアジサシの写真は5月に撮影した物です。

Dsc_0124_20230708184601

涼しさを求めて

Dsc_0103_20230708184601

Dsc_0048_20230708184601

Dsc_0070_20230708184601

オスからメスにプレゼント

Dsc_0006_20230708184601

メスが受け取ってくれて ご機嫌なオス

Dsc_0008_20230708184601

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-7.1 1/2500-1/4000秒 ISO400 5月12日から5月27日 静岡市

7月8日 目大

メダイチドリ

写真展二日目も大勢の方にご来場頂きました。

この二日間では去年以上の来場者数となっております。

ありがとうございます。

Dsc_1017

今日の写真は7月5日に撮影したメダイチドリです。

Dsc_1376

何も居ないけれど、他所へ行っても仕方ないのでボーっと待っていると

中州の端っこで水浴びしているチドリに気が付きました。

Dsc_1384_20230707183501

確認すると夏羽のメダイチドリです。

遠いし相手は小さいし、それでも一応撮ってみました。

Dsc_1112

いつもと違うメンバーが来てくれると嬉しいですね。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/1600-1/2500秒 ISO400 7月5日 静岡市

7月7日 写真展初日

写真展初日(7月6日)の様子

22回目になる写真展が始まりました。

初日は毎回午後1時の開場ですが、お昼前から熱心なファンの方が見えてくれます。

Dsc02310

大変にありがたく、嬉しいのですが、開場前の準備に忙しく会員も私も十分なお相手も出来ません。

会場内も散らかっていますので万が一事故でも有ると大変です。

Dsc02296

折角来たのに愛想も無いと気分を悪くされる方もおられますが、こちらも開場時間に間に合わせるため急いでいる事をご理解いただきたいと思います。

Dsc02298

今年の初日もてんやわんやで始まりましたが、多くの人にご来場頂きました。

Dsc02319

昔の職場の仲間も毎年来てくれます。話していると若返る様です。

ありがとうございます。写真展は12日までです。

SONY RX100Ⅲ Vario-Sonnar T* 8.8-25.7mmF1.8(24-70mm相当)Pオート 7月6日

7月7日 待ってる

ツバメ

待ってます

Dsc_0029_20230705162901

ひたすら待ってます

Dsc_0030_20230705162901

ツバメの子供

Dsc_0064_20230705162901

いじらしくてカワイイですね。

Dsc_0047_20230705162901

親が近くへ来れば大騒ぎ

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/640-1/2000秒 ISO400-800 6月19日から6月23日 静岡市

7月6日 スズメ

スズメ

今日から「かわせみフォトクラブ」の写真展です。

写真展開催中は毎日会場に詰めます。

Dsc_10349

鳥撮りはその間お休みです。

Dsc_10357

今日の写真は遊水地のスズメ。

Dsc_10258_20230704212301

ハスの葉の上に止まっていました。

Dsc_10213

次から次へと飛んで来て、何か楽しそう。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/640秒 ISO400 車内から 7月4日 静岡市

7月5日(2) 明日から

お知らせ 明日からです

2023かわせみフォトクラブ会員作品展

Photo_20230620161401

22回目の会員作品展が7月6日から始まります。

会期:2023年7月6日(木)から7月12日(水)

10:00~16:00
初日は午後1時から 最終日は午後4時まで

会場:しずぎんギャラリー「四季」アゴラ静岡7F
〒420-0853 静岡市葵区追手町1-13
TEL:054-250-8777

会員の内から、11名がA3~A3+にプリントした作品40枚を展示します。

今回は全て野鳥の写真です。

 

チョウゲンボウ

今年の写真展はどんな作品が出ているのかな?

Dsc_7880_20230703144501

『見に来てね』

※上のチョウゲンボウは今回の写真展展示作品ではありません。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500秒 ISO400 6月28日 静岡市

 

7月5日 7月の遊水地

7月になって初めて遊水地を回ってみました。

私の回ったところにたまたま鳥が居なかったのか、1時間半ほどの散策で18種(ドバト含む)の観察にとどまった。

4日の午前中はかなり暑くなって、暑さに負けて早々の退散となった。

トンボが少し撮れたので今日はその時撮れたトンボです。

チョウトンボ

安倍川河口ではあまり見なかったのですが、遊水地では普通に飛んでいました。

Dsc_10441_20230704151601

シオカラトンボ

こちらも普通に見られるトンボです。

Dsc_10413

タイワンウチワヤンマ

以前は少数派でしたが、最近では普通に見られる様になりました。

ウチワヤンマよりもウチワが小さく、ウチワに黄色い斑がありません。

Dsc_10512

コフキトンボ(オビトンボ)

コフキトンボのメスで翅に斑紋のあるタイプ

Dsc_9529

北日本では多いようですが、静岡辺りでは少ない。

Dsc_10089_20230704151601

体が黄色いタイプを見付けると更に嬉しい。

7月4日(9時半から11時位)に私が見られた鳥

カルガモ、カイツブリ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ウグイス(声)、メジロ、ムクドリ、スズメ、ドバト

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/640-1/1250秒 ISO400 7月4日 静岡市

7月4日 安倍川にて

7月3日も安倍川河口へ

昨日とあまり変わりなく、ミサゴとムナグロが見つかった。

ダイサギ

これは足(脛)が黄色いので亜種ダイサギ(オオダイサギ)

Dsc_9333_20230703140701

オオダイサギ、以前は冬鳥だったが、最近は夏でも見られる様になって来た。

ミサゴ

2日には見られなかったが、今日は2羽見られた。

Dsc_9366

とは言っても遠い。500ミリ(750ミリ)ノートリでこんな感じ。

2羽同時には入らず、中央の白く見えるのがミサゴ、右は?カラス

チョウトンボ

最近少なくなっているのか、あまり目にしない。

Dsc_9379

こんな河口を飛んでいた。

ムナグロ

いつの間にか中州に入っていたのに気付かず、飛ばれて気付いた。

Dsc_9432_20230703140701

ムナグロでもいつもと違う鳥が入ってくれると嬉しい。

Dsc_9476_20230703140701

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/5000秒 ISO400 7月3日 静岡市

7月3日 腰赤

コシアカツバメ

7月2日は良いお天気。いつもの河口へ

Dsc_8638

でも、撮影したくなる範囲にこれと言った鳥は見当たらない。

Dsc_8644_20230702170801

ざっと見て25種(ドバト含む)が見付かった。

Dsc_8828

近くへ来て写真のモデルになってくれそうな鳥がいない。

Dsc_8833_20230702170801

結局近くへ飛んで来るツバメ類から、コシアカツバメを狙ってみた。

今日もピント、露出などはマニアルで撮影。

連写のスピードが速くなればそれだけピントが合った様に見えるカットも増えると思う。

〈7月2日(9:30~11:00)に安倍川河口で私が見られた鳥〉

カルガモ、カワアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、シロチドリ、イソシギ、ウミネコ、コアジサシ、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、セッカ、ムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ドバト

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/3200秒 ISO400 7月2日 静岡市

7月2日 空中給餌 2

ツバメ

ツバメの空中での給餌の様子。

Dsc_0704_20230701114501

色々な場所で出会えたので挑戦してみた。

Dsc_0705_20230701114501

最近は機材の進歩が著しく、今まで撮れなかった様な物でも撮れるようになって来た。

Dsc_0706_20230701114501

今の鳥撮りは 如何に速く鳥を見付け

Dsc_0707

如何に速くファインダー内に捉え

Dsc_0708

如何に速くシャッターを切るか

Dsc_0709

に掛かっていると言っても過言ではないと思える。

Dsc_0710

すべてマニアルで撮って来た者にはありがたい様な寂しい様な

Dsc_0711_20230701114601

私は数世代前の廃番カメラでやっていますが、最新の機材だと世界が違うのでしょうか?

ぼやいてばかりでは時代の流れから取り残されてしまう。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2000-1/2500秒 ISO400-800 6月19日から6月24日 静岡市

7月1日 チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

6月29日にもチョウゲンボウは出てくれましたが、

Dsc_7447_20230629224301

私が居た時間はあまり相手をしてくれませんでした。

Dsc_7445

今日の写真は28日に撮影した物です。

Dsc_7527_20230629224301

29日は風向きも悪く、お尻ばかりを撮っていた感じです。

Dsc_8005_20230629224301

Dsc_7980

Dsc_8090_20230629224301

(6月29日・記)

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/2500-1/3200秒 ISO400 6月28日 静岡市

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

静岡バードウオッチング

無料ブログはココログ