カテゴリー

« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

6月13日 コサギ

コサギ

珍しい鳥 見たいけどそんなに出る訳ないよね

Dsc_5168_20240612153101

今日は何て事無いコサギ

Dsc_5243_20240612153101

Dsc_5238_20240612153101

Dsc_5234_20240612153101

Dsc_4829

コサギだってガンバッテ生きている

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/4000-1/5000秒 ISO400 5月30日 静岡

6月12日 待っていたもの

コアジサシ

毎日行っていると変化が無いように見えるフィールドですが

今日コアジサシを撮っている時、少し違ったコアジサシが飛んで来ました

Dsc_4610_20240611190101

アジサシかと思いましたが、やっぱりコアジサシです

Dsc_4611_20240611190101

待っていたコアジサシの若鳥が飛んで来たようです。

Dsc_4612_20240611190101

上流では雨で流されなかったコロニーもあったのでしょう。

コアジサシ:絞りF6.3 1/4000秒 6月11日

アジサシ

先日のアジサシもまた載せておきます

Dsc_20581

今回のコアジサシとの違いが分かると思います。

Dsc_20575

こうして見ると、アジサシは尾羽も長く、成長冬羽の様に見えます。

気が早いヤツか、衣替えが面倒な無精なヤツか? 分りません。

アジサシ:絞りF8 1/3200秒 6月5日

共通データ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR ISO400  静岡

6月11日 青空を探して

コアジサシ

今月は8日を除いて毎日出掛けている場所

Dsc_3183_20240610165101

毎日のように行っても飽きないで通い続けている

Dsc_3156_20240610165101

今日の写真もどうと言う事も無い写真ですが、私としては好きな写真です。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/3200秒 ISO400 6月10日 静岡

6月10日 波打ち際のアジサシ

アジサシ

今年はアジサシがよく出てくれます

Dsc_2345_20240609140101

何処か近くで繁殖しているカモです

Dsc_2423

この日は潮の引いた後に出来た波打ち際の洲に

Dsc_2420

20~30羽のアジサシと2羽のハジロクロハラアジサシが降りていました

Dsc_2316

此処は海側にレンズを向けるとどうしても逆光になってしまいます

Dsc_2429_20240609140101

曇りの日でしたが鳥はシルエットになりがち

Dsc_2449_20240609140101

どうせなら青空に青い海がいいですね

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/3200秒 ISO400 6月10日 静岡

6月9日 トンボ

8日はSBSの探鳥会だった

期待した山の夏鳥はほぼ全滅

探鳥会のあいだ中ホトトギスが鳴いていたが姿は見えず、キビタキが最後に一声鳴いてくれた。

谷の小さな田んぼにトンボが居たのでそれで時間をつないだりした。

今日の写真は探鳥会以前に撮影した物です。

クロスジギンヤンマ

探鳥会の時に飛んでいましたが止まる事が無く、しっかり見られなかったのは残念でしたがキレイなオスでした。

写真は産卵中のメスなので少し色が違いますが、こちらもキレイです。

Dsc_8776

産卵中にシオカラトンボのオスが来て翅に食らいつかれ慌てていました

Dsc_8777

シオカラトンボにしても自分の子孫が将来大きなヤンマのヤゴに襲われるかもしれないし

Dsc_8778_20240608162001

親としては子供たちの未来の為必死なのでしょう(多分)

Dsc_8779_20240608162001

場所を変えて産卵再開

Dsc_8795

撮影場所は探鳥会と同じ所です。

クロスジギンヤンマ:絞りF5.6 1/2000秒 6月5日

ギンヤンマ

こちらはいつもの河原です。

Dsc_5668

Dsc_5910

Dsc_5835_20240608162001

Dsc_5829_20240608162001

Dsc_5705_20240608162001

Dsc_5674_20240608162001

今回は周囲を少し入れて変化を付けてみました。

ギンヤンマ:絞りF6.3 1/2500 6月1日

いつもの様に飛んでいるトンボはマニアルフォーカスで撮っています。

共通データ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR ISO400  静岡

6月8日(2)草刈り

セッカ

風力発電跡地で繁殖を始めたセッカ

Dsc_2481_20240604175801

あっと言う間に草が刈られてしまい

Dsc_2493_20240604175801

丸坊主になった草原からセッカの声が無くなった

Dsc_2498_20240604175801

もっと広い河原側の草原へ移住出来ればいいが

Dsc_2826_20240604175801

先に刈った高台側の草はもう伸び出しているのでまた此処へ戻って来るカモ

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/1250と1/4000秒 ISO400 5月20日と29日 静岡

6月8日 逃がした魚は

コアジサシ

コアジサシを見ていると折角捕まえた魚を落としてしまうのをよく見ます

Dsc_6235

エサだと思って捕まえたら好みじゃなかったのか

Dsc_6236

くわえそこなったのか

Dsc_6237

今回のは明らかにくわえた場所が悪かった

Dsc_6241_20240607174101

水から出て来る時にも不安定な感じだったし

Dsc_6243_20240607174101

空中に上がってもどうした物かあぐねていた

Dsc_6244_20240607174101

結局クチバシから逃してしまった

Dsc_6259_20240607174101

すぐに追い掛けたが

Dsc_6260

高度が低くて逃げた魚には追い付けなかった。

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/4000秒 ISO400 6月2日 静岡

6月7日(2)少し高い方だった

ハジロクロハラアジサシ

今日のアジサシの中に入っていた変わったアジサシ

下の右側、アジサシよりやや小さな個体

Dsc_2303_20240607170801

私はその場で出現確率の高い方で、多分クロハラアジサシと言いましたが

Dsc_2397_20240607170801

家に帰って画像をPCのモニターで拡大し、色んな図鑑で調べたら珍しい方のハジロクロハラアジサシのようです

Dsc_2367

ヘッドホン形の斑が目の下まで伸びていて、下で膨らんだようになっていて、ヘッドホンの形がしっかりしているのでハジロクロハラアジサシの幼鳥または冬羽と思われます。

まだまだ勉強不足でした。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/3200秒 ISO400 6月7日 静岡

6月7日 続・アジサシ

アジサシ

昨日の続きです

Dsc_20092

何羽入って来たのか

Dsc_20096

撮影に夢中で数を数えるなんて余裕は無かった

Dsc_20105

今までの経験から目の前にいる群れは100羽以上に見えた

Dsc_20541

視野外にもそれと同等かそれ以上が居たように思うが

Dsc_9714_20240606202001

興奮していたからよく分からない

Dsc_9729_20240606202001

撮影した画像をPCのモニターで確認していると

Dsc_20564

アジサシの中に顔付の違う個体が交っていた

Dsc_20565

翼の前縁が黒いからアジサシの冬羽か若鳥のようだ

Dsc_20579

冬羽としたら衣替えが早いのか遅いのか?

Dsc_20578

幼鳥なら今年巣立ったものなのか? どこで?

その辺りの事情はよく分からない

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-8 1/3200-1/4000秒 ISO400 6月5日 静岡

6月6日 夢のひと時

アジサシ

午前中は用事があって午後からいつものフィールドに

カメラマンの姿も無いし、鳥の姿も少ない

海の方を見ると陽炎でよく見えないが、それでもスゴイ数の鳥が飛んでいるのが分かる

くやしいが写真では陽炎とピンボケでほとんど写っていない

Dsc_20131

あれの一部で良いからこちらへ入ってくれないかな

叶いそうもない希望を持ってしばらく待ってみた

コアジサシが時々飛んで来てくれるので退屈はしない

海からアジサシも時々1~3羽位が飛んで来てくれる

Dsc_20167

まあ、これだけ来てくれれば御の字だと思っていると

Dsc_20205

数羽が入って来てそれを追う様に猛スピードでアジサシの大群がこちらへ入って来た

Dsc_20242

河原はアジサシで一杯になった

Dsc_20348

私の周りで旋回、乱舞

Dsc_20385

こんな事は今まで経験が無かった

Dsc_20442

一杯のアジサシに囲まれて夢の様

Dsc_20449

近過ぎてその数の多さが撮りきれない

Dsc_20553

アジサシが海に去った後鳥肌が立っていた

Dsc_20475

鳥達に感謝、感謝  まだ続くよ

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3-8 1/2500-1/4000秒 ISO400 6月5日 静岡

6月5日 浮上

コアジサシ

今ここで撮れる物と言ったら コアジサシ

Dsc_6703_20240604152901

これから此処も灼熱地獄

Dsc_6708_20240604152901

Dsc_6709_20240604152901

撮れる時に撮っておきましょう

Dsc_6711c

あとで後悔しない様に

Dsc_6740

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/4000秒 ISO400 6月2日 静岡

6月4日 一か月前

写真展のお知らせ

今年で23回目となる「かわせみフォトクラブ会員作品展」が来月開催されます

少し早いですが、問い合わせも増えているのでお知らせします。

Img476

会期:2024年7月4日(木)から7月10日(水)

10:00~17:00 期間中無休 入場無料

(初日13:00から 最終日は16:00まで)

会場:しずぎんギャラリー「四季」

静岡市葵区追手町1-13

※展示会が近付きましたらまたこのブログでお知らせします

 

コアジサシ

コアジサシの写真が沢山たまっているので

Dsc_5841_20240603162701

Dsc_5850_20240603162801

Dsc_5848_20240603162701

Dsc_5845_20240603162701

Dsc_5857_20240603162801

Dsc_5858_20240603162701

少しづつ出して行きます。

大雨の後10数羽にまで減ってしまったコアジサシも3日には50羽以上が確認できました。

さらに上流へ向かって飛んで行く者もいます

どうなって行くのか、再び抱卵が見られると嬉しいのですが。

 

コアジサシ:ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/4000秒 ISO400 5月21日 静岡

6月3日 再繁殖なるか?

シロチドリ

2羽のシロチドリが河原を歩いている

Dsc_7555_20240602182901

2羽の関係は分からないが

Dsc_7570_20240602182901

大雨でダメになってしまった今年の繁殖

Dsc_7603_20240602182901

今からでもまた新たな繁殖に入ってくれたら嬉しい

Dsc_7607_20240602182901

コアジサシも少しづつ河原に戻ってきている

Dsc_7615_20240602182901

今日はこの間の大雨でも冠水しなかった中州に降りる姿も見られた

Dsc_7619

期待しながら遠くから様子を見ている

 

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/800秒 ISO400 6月2日 静岡

6月2日 給餌の順番

ツバメ

ツバメのヒナが3羽、電線に並んで親からの給餌を待っている

Dsc_2228_20240531161701

親が近くへ来ると一斉に口を大きく開いておねだりポーズ

Dsc_2229_20240531161801

『腹減ったー』『俺だ、俺にくれー』『もう死ぬ~』

Dsc_2186_20240531161601

みんな必死に腹ペコアピール

Dsc_2187_20240531161601

親鳥はどうやって皆に平等に餌を与えるのか

Dsc_2183_20240531161601

以前『ヒナの口の中の色を見て赤い色が強いヒナから与えて行く(お腹の中に消化する物が入っていると血液が胃に集まり、口の中の赤色が薄くなる)』と書きました。

Dsc_2266_20240531161601

最近読んだ「ツバメの謎」(北村亘著 成文堂発行)によると、「一番先に口を開けたヒナに与える」と書いてありました。

どちらが正しいとかではなく、どちらも正しい事を言っていると私は思います。

先に書いた『口の中の色説』(本のタイトルも著者の名前も覚えていないのは大変に失礼で申し訳ありません)の方が、出版時期は後だったと思います。

身近なツバメの事でも小さな疑問を調べて行くと、より一層鳥の事を知る事が楽しくなると思います。

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF6.3 1/1600-1/2500秒 ISO400 5月29日 静岡

6月1日 ツバメチドリ飛ぶ

ツバメチドリ

今回はツバメチドリ沢山撮れたので今日は飛翔写真

Dsc_4363_20240531153301

Dsc_3589

あいにくの曇り空だったので

Dsc_3271_20240531153301

青空バックとはいかなかったのは少し残念です

Dsc_3468

それでも何回か旋回してくれたので

Dsc_3774_20240531153301

Dsc_3511_20240531153301

飛んでいる姿も撮影する事が出来ました

Dsc_3780_20240531153301

今回は一羽でしたが夕方近くまで居てくれたようです

Dsc_3790

ニコンD500 AF-S NIKKOR 500mmf/5.6E PF ED VR 絞りF5.6-6.3 1/2000-1/5000秒 ISO400-800 5月29日 静岡

« 2024年5月 | トップページ

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

静岡バードウオッチング

無料ブログはココログ