人気ブログランキング

カテゴリー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お天気

birds counter

239 クサシギ

あっちも、コッチも

クサシギ

何が有ったのか、突然ハクセキレイがクサシギに突っかかって行きました。

Dsc_2399

クサシギがハクセキレイに何かをした様には見えませんでしたが、

Dsc_2393

一方的な攻撃に、クサシギは自ら水に頭を突っ込んで防戦一方

Dsc_2392

何が何だか???クサシギは逃げるしかありません。

Dsc_2398

ハクセキレイは気が強いのか、セキレイ同士の争いはよく目にするし、自分より大きな鳥さんにも猛然と突っかかって行く姿も時々見ます。

クサシギ:1/1600秒 9月4日
※ハクセキレイは今回友情?出演

コチドリ

チドリさんは仲が良いのか?

Dsc_2046

コチドリ同士は時々ケンカをしています。

Dsc_2047

ほとんどが親子か兄弟同士の揉め事の様に見えます。

Dsc_2048

仲が良い程喧嘩も多いと言いますからね。

コチドリ:1/2000秒 8月28日

共通データ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放  ISO200 豆袋(車内からの撮影) トリミング 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

遠くのシギチ

シギ・チドリ色々

時間が前後します。

9月5日(土) 久々に晴れた休日

シギ・チドリを求めて、稲の実り始めた田園地帯をグルグル回る。

今日のブログでは今季まだ出ていなかったシギチを。

順番は見付けた順番とは違いますが、まずはクサシギです。

今日のは皆かなり遠くて、大胆なトリミングをしています。

Dsc_4868a

どの位かと言いますと、上の写真の原画は下の物です。

Dsc_4868

原画のままでは何処に鳥が居るのか、分からない位遠いです。

Dsc_4874

パッと見でクサシギと判断しましたが、撮影中羽を持ち上げて、自分がクサシギである事を見せてくれました。もう少し近くへ来てくれるとありがたいのですが、今日は何処でもそんなに粘る事はしませんでした。

クサシギ:1/2000-1/3200秒

クサシギと間違え易いタカブシギも別の場所で見付けました。

パッと見で、こちらはクサシギに比べ体上面の白斑が大きくて目立ちます。

Dsc_4580

タカブシギ:1/1600秒

今日最初に見つけたのがこのエリマキシギ。これもクサシギと同じ位遠かったです。

Dsc_4250

エリマキシギも居ましたと言う程度の写真です。

タカブシギの後ろに居る時には大きく見えていたのに、ケリの前に来ると小さいですね。一緒に居たコアオアシシギよりもかなり大きく見えたので、エリマキシギ♂としました。

Dsc_4252

エリマキシギ:1/1250秒

やや水の少ない休耕田にはムナグロが3羽入っていました。

Dsc_4279

クサシギやエリマキシギに比べれば若干近かったですが、それでもムナグロとしては遠いです。

Dsc_4303

ムナグロ:1/1250-1/1600秒

今日紹介したシギチは、以前もっと近くで撮れた物が有りますが、今季の記録として撮影しました。クサシギ、エリマキシギは各1羽でした。その他今日(9/05)見たシギチではアオアシシギ11、コアオアシシギ6、タカブシギ4、ケリ多、コチドリ2、ジシギ類1、不明シギ1(今回は同一の場所で見た最多の数を記録としました。少し離れた場所でそれ以下の数を見ても加算しませんでした)

通データ:ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放  ISO200 トリミング 豆袋(車内から撮影) 9月05日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
『見たよ!』と、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

“つ”の字で撮ろう!?

クサシギ

シギ・チドリの渡りは早い。

そうは言ってもまだ早いと思いながら、下見のつもりで休耕田巡りをしてみました。

何も居ないと思って休耕田を観察していると、クサシギが飛んで来て、その休耕田に舞い降りてくれました。

早速車の中から撮影開始です。

Dsc_6065

しばらく遊んでくれましたが、前触れ無しでいきなり飛び立ちました。

Dsc_6071

車の中からの撮影では窓枠に豆袋などを乗せてその上に機材を置いて撮るのですが、目線より下の物を撮る時には良いのですが、目線より上の物を撮るのは大変です。

Dsc_6072

軽い機材なら手で持ち上げて撮れますが、重い機材はそうは行きません。

Dsc_6076 

身体を“つ”の字か、それ以上に曲げて、息も詰まる思いをしながら撮る訳です。

Dsc_6078

ほとんどファインダーも覗け無く、よくフレームの中に入っていたし、勘だけで回していたピントリングでしたが、その割にはピントもそこそこでした。って言うか、しっかり合わせた積りで撮っていた物よりも良い位で、何だかな~~ ですcoldsweats01

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1600-1/2000秒 ISO200 トリミング 車中より 8月4日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

来るまで待って

イソシギ

遊水地の一画に出来た荒れ地。その荒れ地に水溜りが出来て、そこへ鳥が来る様になった。

車を水溜りの脇に置き、車の中で鳥が来るのを待つ。

Dsc_5432

先ず来てくれたのがイソシギ。

Dsc_5524

イソシギも遊水地ではなかなかそばで撮らせてもらえない鳥です。

Dsc_5630

車の中から狙ったのでかなり近くまで来てくれました。

クサシギ

最初は遠くに居たクサシギも徐々に近くへ来てくれました。

Dsc_6178

Dsc_6246

Dsc_6217

クサシギはイソシギ以上に警戒心があって、これもクルマで待ったので、何とか撮れました。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/320-1/500秒 ISO200-400 豆袋 10月27日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

鳥撮り日和

クサシギ

クサシギがヤゴを捕まえて丸呑み

Dsc_8972

Dsc_8988

Dsc_8991

Dsc_9005

花や女性を撮る時同様、鳥を撮る時もピーカンの晴れの時よりも薄曇り位の時の方が光が柔らかくなり、私としては鳥撮り日和と言えます。

ニコンD300s Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/800秒 ISO200  豆袋 (23はトリミングあり) 10月2日 静岡県

(画像の上でクリックすると写真が大きく表示されます。記事に戻る時には左上の「戻る」または「←」をクリックして下さいwink

『ブログランキング』に挑戦中です
気に入って頂けましたら、下の緑色の四角を“ポチッ”とクリックお願いします

人気ブログランキングへ

得点が上がり、私のやる気upになりますhappy01

お気に入りの場所

クサシギ

車で街道を走っていると、小さな休耕田にいるクサシギを見つけました。

Dsc_2774

Dsc_2798

車も通り、人も歩く道路端の小さな休耕田ですが、クサシギにとっては貴重な湿地なのでしょう。

Dsc_2822

人が近付くと奥の方へ飛んで行きますが、しばらく待つと近くまで来てくれました。

Dsc_2856

Dsc_2865

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1000秒 ISO200 トリミング 9月19日 静岡県

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい
クリックするとこのブログの順位も分かります

人気ブログランキングへ

皆様の応援クリックが次へのエネルギーupとなりますsign01

いつも応援ありがとうございますhappy01

『かわせみフォトクラブ』に会員の新作をアップしました。
ご覧下さいsign03

《予告》

静岡市『梶原山・一本松公園』で10月3日(日)探鳥会を予定しています。

詳しくは明日のブログでご案内します。

一人旅

クサシギ

野球グラウンドの横に小さな水溜りがあります。

その水溜りは雨水が溜まって出来たものです。

雨が数日降らなければ干からびた窪地になるだけの所です。

そこにクサシギが1羽入っていました。

Dsc_3666

水浴びでもするのかと思っていると、何かを捕まえた様子。

Dsc_3412

オタマジャクシです。

こんなにわか作りの水溜りでもオタマジャクシが居るのです。

オタマジャクシを捕えるとお尻をフリフリ素早く水たまりから地面に駆け上がります。

Dsc_3720

捕まえたオタマジャクシを陸の上でゆっくり食べる為の様です。

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4 絞り開放 1/1000秒 ISO200 7月10日 静岡市・麻機(あさはた)遊水地

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の緑色の四角をクリックして下さい
クリックするとこのブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーupとなります。

人気ブログランキングへ

クサシギ

クサシギ

撮影してからだいぶ経ってしまいましたが、クサシギです。

Dsc_6860

カワセミばかりを夢中で撮っていたら、足元に来ていました。

Dsc_6880

川の中から水生生物を捕えていました。

Dsc_6842

ニコンD300 Aiニッコール600mmF4(MFレンズ) 絞り開放 1/2500秒 ISO200 トリミング 2009.01.16 静岡市葵区    

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆様の応援が次へのエネルギーupとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

麻機の野鳥 30

麻機(あさはた)の野鳥 シリーズ30

クサシギ Green Sandpiper

全長:21-24cm  翼開長:57-61cm

06915_00

麻機遊水地では基本的には冬鳥ですが、年間を通して観察例があります。

08218_17

巴川で観察される事が多く、ほとんどの場合単独で居る事が多いです。

2_2

まれに2羽で居る事もありますが、それ以上の群れで居る所を見た記憶がありません。

06915_08

ただ、忘れてしまっただけかもしれません。

06915_01

飛来数は年々少なくなっています。

①2006. 9.15 前林

②2008. 2.18 巴川

③2006. 9.29 前林

④2006. 9.15 前林

⑤2006. 9.15 前林

『みんなのアルバム』3『沼人』さんから初の投稿を頂きました。これから色々な写真を見せて頂けるものと期待しております。

『ブログランキング』に挑戦中です。
下の四角に囲まれた赤い文字の所をクリックして下さい。
このブログが今「何位」かも分かります。
皆さんの応援が次へのエネルギーupとなります。

人気blogランキング挑戦中!応援クリックお願いします

今日のかわせみ

06915_19 午前中は麻機で撮影

今日は仕事がお休み(私だけ)。それで、午前中は麻機(あさはた)第一工区で撮影。ヒバリシギは見当たりませんでしたが、クサシギが2羽、タカブシギが1羽。その他、コチドリ、イカルチドリ、ケリ、タシギ等がいました。とりあえず2羽居るクサシギを撮りました。

2069 なかなか2羽が同じ画面に入りません。お互いに自分の占有範囲があるらしく、それ以上近付くと追い払われてしまうのです。この時は2羽がかなり接近しました。しかしよく見ると、左のはかなり肩を怒らせていますね。この後すぐに右のが左のに飛び掛り、追いかけっこが始まりました。

069 トンボ待て~

トンボを追いかけている様に見えますが、トンボは偶然画面に入って来ただけ。これも写真のいたずらですね。

_5 タカブシギ
タカブシギも最近では貴重な存在です。
クサシギに比べて、たった1羽だったせいか、チョッピリ遠慮がちに草の陰で静かにエサをとっていました。

_01 ケリの飛翔三態

くもり空を飛ぶケリ3羽。
決して画像合成ではありません。偶然3羽がピントの合う範囲にいたということです。飛んでいる鳥をタテ位置で追うのは非常に難しい事で、私にもそんな事は出来ません。これも実はヨコ位置で撮ったものをトリミングしています。空が青空なら・・・と悔やまれますが、白いからオモ白いとか・・・

_3_2 ミサゴ

下に居たサギたちが慌てて飛び立ったので上空を見ると、ミサゴが飛んでいました。ミサゴは魚を狙う猛禽ですが、サギたちがミサゴに反応して飛んだのかは不明です。そろそろ麻機にもモウキンのシーズンが来たようです。

午後はFM-Hiに生出演

と、言っても15分くらいかな。
今日は『鳥の目』について話をする予定でしたが、鳥が夜でも目が見える話から、小鳥は夜渡りをする話になり、渡りの方に話が行ってしまいました。時期的には渡りの事を話した方が良かったかも。
でも、何となくまとまりの無いまま時間になってしまいました。

Photo_59 『鳥の目』の話で出て来た中に、鳥には人間には見えないモノが見えるのか?と言う質問がT.Jさんからありました。チョウゲンボウには紫外線領域の波長の光までが見えるらしいと話しました。チョウゲンボウはネズミを主なエサとしていますが、ネズミは自分の行動範囲に尿でマーキングをします。そのマーキングは人間には見えませんが、紫外線領域が見える目ならそれが見えるそうです。チョウゲンボウにはそれが見えると言うのです。彼らはネズミの行動パターンを読んで、効率よく待ち伏せしているようなのです(「鳥の雑学がよ~くわかる本」柴田佳秀著より )。

その他のカテゴリー

000 麻機の野鳥 | 0002船越公園の野鳥 | 005 キジ | 008 ヒシクイ | 010 マガン | 016 コクガン | 017 コブハクチョウ | 019 オオハクチョウ | 019 コハクチョウ | 021 ツクシガモ | 024 オシドリ | 026 オカヨシガモ | 027 ヨシガモ | 028 ヒドリガモ | 030 マガモ | 032 カルガモ | 034 ハシビロガモ | 035 オナガガモ | 036 シマアジ | 037 トモエガモ | 038 コガモ | 040 オオホシハジロ | 042 ホシハジロ | 046 キンクロハジロ | 047 スズガモ | 051 シノリガモ | 053 ビロードキンクロ | 054 クロガモ | 057 ホオジロガモ | 058 ミコアイサ | 059 カワアイサ | 060 ウミアイサ | 062 カイツブリ | 063 アカエリカイツブリ | 064 カンムリカイツブリ | 066 ハジロカイツブリ | 074 キジバト | 078 アオバト | 082 オオハム | 083 シロエリオオハム | 119コウノトリ | 125 ヒメウ | 127 カワウ | 128 ウミウ | 132 サンカノゴイ | 133 ヨシゴイ | 137 ミゾゴイ | 139 ゴイサギ | 141 ササゴイ | 142 アカガシラサギ | 143 アマサギ | 144 アオサギ | 145 ムラサキサギ | 146 ダイサギ | 146 チュウサギ | 148 コサギ | 149 クロサギ | 154 クロツラヘラサギ | 156 カナダヅル | 160 ナベヅル | 166 クイナ | 168 ヒクイナ | 174 バン | 175 オオバン | 185 ホトトギス | 187 ツツドリ | 188 カッコウ | 189 ヨタカ | 191 ハリオアマツバメ | 192 アマツバメ | 193 ヒメアマツバメ | 194 タゲリ | 195 ケリ | 197 ムナグロ | 199 ダイゼン | 202 イカルチドリ | 203 コチドリ | 204 シロチドリ | 205 メダイチドリ | 206 オオメダイチドリ | 209 ミヤコドリ | 210 セイタカシギ | 212 ヤマシギ | 215 アオシギ | 219 タシギ | 223 オグロシギ | 225 オオソリハシシギ | 227 チュウシャクシギ | 230 ダイシャクシギ | 231 ホウロクシギ | 232 ツルシギ | 233 アカアシシギ | 234 コアオアシシギ | 235 アオアシシギ | 239 クサシギ | 240 タカブシギ | 241 キアシシギ | 243 ソリハシシギ | 244 イソシギ | 246 キョウジョシギ | 247 オバシギ | 248 コオバシギ | 249 ミユビシギ | 251 トウネン | 253 オジロトウネン | 254 ヒバリシギ | 257 アメリカウズラシギ | 259 サルハマシギ | 261 ハマシギ | 263 ヘラシギ | 264 キリアイ | 266 エリマキシギ | 268 アカエリヒレアシシギ | 270 レンカク | 271 タマシギ | 273 ツバメチドリ | 278 ミツユビカモメ | 286 ユリカモメ | 293 ウミネコ | 294 カモメ | 299 セグロカモメ | 305 オオアジサシ | 307 コアジサシ | 314 アジサシ | 316 クロハラアジサシ | 317 ハジロクロハラアジサシ | 324 ハシブトウミガラス | 328 ケイマフリ | 330 ウミスズメ | 339 ミサゴ | 340 ハチクマ | 342 トビ | 345 オオワシ | 349 チュウヒ | 350 ハイイロチュウヒ | 354 ツミ | 355 ハイタカ | 356 オオタカ | 357 サシバ | 358 ノスリ | 360 ケアシノスリ | 364 クマタカ | 372 フクロウ | 374 アオバズク | 376 コミミズク | 377 ヤツガシラ | 378 アカショウビン | 383 カワセミ | 385 ヤマセミ | 388 アリスイ | 390 コゲラ | 393 アカゲラ | 397 アオゲラ | 401 チョウゲンボウ | 403 コチョウゲンボウ | 404 チゴハヤブサ | 407 ハヤブサ | 412 サンショウクイ | 413 コウライウグイス | 418 サンコウチョウ | 420 モズ | 421-1 アカモズ | 421-2 シマアカモズ | 427 カケス | 429 オナガ | 430 カササギ | 433 コクマルガラス | 435 ハシボソガラス | 436 ハシブトガラス | 438 キクイタダキ | 439 ツリスガラ | 441 コガラ | 442 ヤマガラ | 443 ヒガラ | 445 シジュウカラ | 452 ヒバリ | 457 ツバメ | 459 コシアカツバメ | 461 イワツバメ | 463 ヒヨドリ | 464 ウグイス | 465 ヤブサメ | 466 エナガ | 477 メボソムシクイ | 479 エゾムシクイ | 480 センダイムシクイ | 485 メジロ | 492 オオヨシキリ | 493 コヨシキリ | 499 セッカ | 500 キレンジャク | 501 ヒレンジャク | 502 ゴジュウカラ | 504 ミソサザイ | 505 ギンムクドリ | 506 ムクドリ | 508 コムクドリ | 512 カワガラス | 513 マミジロ | 514 トラツグミ | 518 クロツグミ | 520 マミチャジナイ | 521 シロハラ | 522 アカハラ | 525 ツグミ | 530 コマドリ | 533 ノゴマ | 534 コルリ | 536 ルリビタキ | 540 ジョウビタキ | 542 ノビタキ | 549 イソヒヨドリ | 552 エゾビタキ | 554 コサメビタキ | 558 キビタキ | 560 オジロビタキ | 561 オオルリ | 566 カヤクグリ | 568 ニュウナイスズメ | 569 スズメ | 573 キセキレイ | 574 ハクセキレイ | 575 セグロセキレイ | 580 ビンズイ | 584 タヒバリ | 586 アトリ | 587 カワラヒワ | 588 マヒワ | 592 ベニマシコ | 595 オオマシコ | 599 ウソ | 600 シメ | 602 イカル | 609 シラガホオジロ | 610 ホオジロ | 614 ホオアカ | 615 コホオアカ | 617 カシラダカ | 618 ミヤマホオジロ | 623 ノジコ | 624 アオジ | 625 クロジ | 627 コジュリン | 628 オオジュリン | 633 サバンナシトド | 900 雑種 | 901 アヒル | 902 ドバト | 903 コジュケイ | 910 ソウシチョウ | 911 ガビチョウ | お知らせ | かわせみフォトクラブ | アンデスの風 | トリとめの無い話 | 動物 | 動物園 | 夜景・花火 | 探鳥会 《報告》 | 日記・コラム・つぶやき | 植物 | | 虫(チョウ) | 虫(トンボ) |

フォト

ランキング

静岡バードウオッチング

みんなのアルバム 2

  • ルリビタキ
    「みんなのアルバム」2冊目です

みんなのアルバム

  • トラフズク
    「かわせみ」のもとに、ブログ内での使用を許可されて送られてきた、皆さんからのフォトアルバムです。当ブログ内で使用している画像の著作権はすべて作者にあり、作者に無断で使用、複製する事を禁止します。

kaimono

  • 新しくなって、良くなった
  • バードウオッチングのお供
  • タムロンの新ズーム
  • 鳥の事楽しく知ろう
  • カモの観察、識別に
  • ニコンの鳥撮りズーム
  • 「かわせみ」愛用のフィールド図鑑 鳥類リスト第7版準拠リニューアル
  • 野鳥撮影に
  • 探鳥のお供に 水辺の鳥と
  • バードウオッチング入門者に
  • 新しくなりました!写真図鑑1冊ならこれ
  • お買い物はここから
無料ブログはココログ